忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ご飯の時間をはずしてしまった。
    打ち合わせ。
    いろんな人にお目にかかりながら、アイディアを次々出していく。
    終えるきっかけがつかめなくって、それで昼をはるかに過ぎた。
    時間は3時もちょっと過ぎ。
    こんな時間にご飯を食べる…、それはイコール、個人のお店ではなくて会社でやってるお店を選ぶ…、ということになる。
    そんな中でもなるべく昔からある専門店に近いところで食事をしたい。
    そう思ったら、てんやにいました。

    えび天丼。

    31a48b97.jpegベルトコンベアー式のてんぷら揚げ機。
    ネタに溶いたてんぷら衣をポテッとつけて、静かに揚げ機の端っこに落としてあげる。
    網がネタをそっとささえて、ユックリ、プログラムされた時間に従い油の中を運んでく。
    長い揚げ機の反対側に、プカッと到着するころには、しっかり揚がってやってくる…、という仕組みの機械を導入し、てんぷらを揚げる技術がなくてもてんぷららしいてんぷらを作ることができるというモノ。
    悪くはないです。
    手作りというわけではないけれど、作り置きでもなく確かに機械がたった今、揚げあげた、つまり「熱々機械揚げ」。
    硬めのご飯。
    ホツホツ、粒がたっていて、てんぷら油をしっかり支える。
    サクッと厚めでちょっと頑丈にできている衣にタップリ、甘辛のタレ。
    しかも好みの味をたのしめるよう、丼のタレを器に入れてテーブルに置く。
    だからタップリ以上に使い放題。
    お行儀のよいてんぷら屋さんでは、できぬ贅沢。
    ボクは好き。

    プラス50円でサラダを売ってる。

    505fb1e5.jpeg和食の中でも昔ながらの専門店。
    たとえば、寿司とか鰻にてんぷら。
    どうしても野菜が不足してしまう。
    遠い昔の日本の食卓。
    毎日、毎日、野菜がメインで、だからたまに外食するときくらいは野菜を食べずに他のモノを食べたい。
    そう思う気持ちが専門店の料理やメニューを作った…、からかもしれないですな。
    けれど今では都会の人の食卓は野菜が圧倒的に不足していて、だからこうした工夫はとってもありがたい。

    キャベツの千切り。
    それに、青紫蘇風味のドレッシングをササッとかけて、刻んだたくあんを一緒に乗っけたサラダ。
    これ、面白い。
    シャキシャキとしたキャベツの食感に、カリカリとしたたくあん大根のハリのある歯ごたえ混じって、かなりたのしい。
    キャベツは油で疲れた口を慰めるため。
    一方、たくあん。
    サラダの一部でもあると同時に、ご飯のおかずにもなってくれるのがありたたくって、おもしろい。

    程よく満腹。
    さて、まだ続きます、打ち合わせ。


    ところで、これ。

    88bb39cc.jpeg陶器でできたバイクのようでありますが、実は便器…、なんだそう。
    前傾姿勢にまたがって、肘で上半身をまずはささえる。
    ひざを便器にかけて使う…、というもので、お尻が便器に接しないから、衛生的によいのだという。
    和式のトイレ。
    あるいは、自然の中にあって人が昔から用を足した、その姿かたちに極めて近い。
    多分、ほんとはこっちの方が優れた便器なのかもしれない。

    まだ製品化前のコンセプト段階ではあるけれど、案外、いいアイディアなのかもしれないですね。
    どうだろう。

    ついでにバイクつながりで、もうひとつのコレ。

    d24fa5b8.jpeg蛇口です。

    バイクのハンドルをイメージした…、というのだけれど、どうみても「蟻の頭」のようにしか見えぬのが、バイカーではない証拠でありましょうか…。
    両側に置かれたハンドル。
    あるいは、頭の両側から生えた触角部分は、水と湯の排出具合をコントロールする役目を持ってる。
    つまり普通の蛇口です。

    これは売ってる。
    だから買えます。
    279ドルという値段が果たして妥当かどうか。
    バイクが好きか、あるいは昆虫フェチか?
    どちらにしても、ボクには関係ない、世界。
    それもまた良し、まるで良し。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    サカキさん、こんにちは。
    てんやのサラダ、おもしろいですね。
    今度ぜひに食べてみたいものです。

    それと。
    最後の蛇口。
    確かにバイクに見えますね(笑)
    それはわたしがバイク乗りだからでしょうかね^^
    京さん / 2009/06/19(Fri) / URL
    バイク乗りさんならでは…?
    > 京さん
    ちょっとしたアイディアで、ただの千切りキャベツがこんなにもたのしいサラダになるんだ…、って感心しました。
    自分でもできそうですよね。

    風を感じながら、道路と一体となる感覚がたまらないんだよ…、って、バイク好きの友人が言っていました。
    バイク。
    残念ながら免許を持たぬボクには乗りたくとも縁のない乗り物です。
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/19(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    餃子に始まり坦々麺で〆る赤坂、金曜の夜 HOME 新橋・立ち蕎麦・ポンヌッフ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]