忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    うどんで朝。

    61ca312d.jpeg生うどんを茹でてザブザブ水で洗ってしめたのに、具材をタップリのっけたぶっかけ。
    辛味大根。
    細かく刻んだナルトとキュウリ。
    それに昨晩。
    買い置きしてた春菊のかき揚げをオーブンの中でパリっと焼いたものをザクっと崩したの。
    出汁と醤油をぶっかけまわし、それらをワシワシかき混ぜる。

    実は春菊。
    ずっと苦手であまり好んで食べなかったモノ。
    すき焼きなんかでも、春菊にふれたところが蚊取り線香臭くなるのが嫌でだからずっと買ったことさえなかったくらい。
    ところが先日。
    知らずに食べた塩でグリルした春菊が意外なほどにおいしくて、それでかき揚げ買ってみた。
    野菜と思って食べるとクセがやっぱり強い。
    けれどハーブと思えばそのクセこそがおいしくて、特に天ぷら。
    香り控え目、甘味がズシッと押し出されうどんにもあう…、おもしろい。
    歳とって、こうして味覚の幅がなおも広がる、幸せなコト。

    昼を新宿のへんてこりんなお店でします。

    nekozen.jpg花園神社の裏参道の出口の近く。
    小さなお店。
    2年ほど前でここにはラーメン屋さんの「ちりめん亭」があった場所。
    それを居抜きで使って作った居酒屋にもなる定食屋。
    お店の名前が「飲食笑商何屋ねこ膳」っていう、看板にでかでか書かれたこの文字と、猫のイラスト。
    しかもお店に近づけば、壁一面に商品名や食材なんかの説明が手書きでかかれた、ちょっとアルチザンなメッセージ性バリバリの熱さがドドンと伝わってくる。
    苦手かなぁ…、と思ってずっと敬遠してた。
    けれど実はここ「結構まともでよく勉強しているお店なんだよ」って友人が言う。
    それでやってきて、みて、食べる。

    今日のお薦めは秋刀魚ですよ…、ってそう勧められまずはそれ。

    aacbfebd.jpeg刺身で食べることができるほどに新鮮なモノ。
    戻り秋刀魚で、脂もキッチリのっていて、何より身がガッシリしてて旨味が強い。
    普通のグリラーに入り切らぬ程の大きさで、それを大きな業務用のグリルに入れてこんがりと焼く。
    何しろうちの夜の売り物に、マグロのカマの塩焼きがありそれを格納できるくらいの大きなグリルがありますからねぇ…、って。
    家では絶対作れぬ料理。
    塩を強めに皮にほどこし、バリっと焼いてまるでそこだけ脂で揚げたようになってる。
    お腹もぷっくり。
    中にタップリ、キレイに形が残ったワタが入っててそこまでおいしい。
    ほろ苦くって、口に含むと旨味と香りが口一杯に広がってくる。
    他にお薦めがあるとしたらば、鮭のハラスね。
    今は脂の乗った魚がおいしい。
    もうちょっとしたら今度は鯖を食べに来て…、って、ニッコリ笑う。
    ここのお店の人たちは、みんな料理が好きな人。
    …、ってそんな気持ちが伝わってくる。

    b964190b.jpegいろんなフライの盛り合わせ。
    ウィンナさんにパン粉を付けてカリッと揚げたウィンナフライ。
    カサッと香ばしい衣の食感と、ブチュンとハリのあるソーセージのアンバランスなバランスがとてもたのしい。
    面白い味。
    それからホタテのフライとコロッケ。
    なめらかに潰したジャガイモのホクホクとした食感がこれまたおいしい。
    手作りの味。
    味がシッカリ入った唐揚げ。
    どれもご飯のおかずにピッタリ。
    しかも揚げ物たのんで食べると、業務用の大きなサイズのマヨネーズが一本もれなくついてくる。
    好きなだけ、使って食べて!って、メッセージ。
    うれしい気遣い、豪快で良い。

    38a09f05.jpeg目玉焼きを追加で作ってもらおうと、お願いしたら一言、こういう。
    今日の玉子は青森産の健康玉子。
    生で食べても、カリカリになるまで焼いてもおいしく食べられるから…、って。
    ご飯は新潟産のコシヒカリ。
    しかもそれを固めにツヤっと炊き上げて、これが旨いったらありゃしない。
    大盛り無料。
    なにしろお腹いっぱいになってもらいたいですからね、ご飯はおいしくなくちゃいけない…、って、基本的なところがシッカリしていて感心。
    健康玉子に千切りキャベツが山盛りで100円ぽっきり。
    他にも酒のつまみになりそうな、キンピラだったり揚げ物だったり、いろんな料理が50円から150円で40種類ほど揃ってもいる。
    焼酎、泡盛もふんだんで、明け方4時までやってます…って。

    食べず嫌いでほったらかしておいた自分を恥じるような店。
    情熱的で健全で、誠意に満ちた良いお店。
    新宿にだってこうしたお店が探せばある…、ってそんな事実にうれしくなっちゃう。
    土曜日の昼、あったかい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    鍋ハロウィーン HOME 夜のホルモン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]