忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、家ご飯をしつらえます。

    b294b8a1.jpegちょっとづつ夜が寒さに向かってくような、そんな毎日。
    それで「鍋」を食べたいなぁ…、って。
    しゃぶしゃぶ用の豚バラ肉の薄切りを買い、それに野菜。
    レタスに豆苗、つるむらさきとあまり鍋には使わぬ野菜をたくさん揃える。
    シャキシャキとしたたのしい歯ごたえをレタスにもらう。
    香りの豆苗。
    噛めば噛むほどトロミがでてきて、口のすみずみがトロトロになるつるむらさきと、それぞれ異なる役目の野菜。
    それに豆腐。
    それからタマネギを混ぜて作ったさつま揚げ。
    お湯で戻した春雨と、えのきと具材さまざまに。
    昆布を沈めたお湯でしゃぶしゃぶ。
    ポン酢のタレと、ゴマだれの二種類つかって二つの味でたのしむご馳走。
    柚子を発酵させて作った和風タバスコをプチュッと注いで、辛味とほんの少しのほろ苦さを足す。
    体ポカポカ、あったまる。

    f0415027.jpeg今年の冬の食トレンドは「家鍋」なんだ…、ってそう言う人がいる。
    たしかに鍋は下ごしらえさえしてしまえば、作り手、食べ手の役割分担がとても自由なみんなを仲良くさせるお料理。
    野菜を沢山食べられるし、いろんなスープや調味料でバリエーションもかなりある。
    中でも今年は「トマト鍋」が来るんじゃないか…、って言いますし。
    鍋が一個でメインを食べて、しかも〆までそこで作れる。
    片付けだって簡単なりの、ますますこうして飲食店の手強いライバル、できてくる。

    それにしてもさつま揚げ。
    グツグツ煮るとフカフカになる。
    シットリ、なめらか。
    ハフハフ食べると口の中に出汁まじりの甘いスープがほとばしりでる。
    煮出したスープもおいしくなって一石二鳥。
    オキニイリの鍋の具材のひとつであります、かなり好き。

    2fb15b22.jpeg北寄貝が大安売りで、それをバタ焼きにしてつまみにす。
    殻付きで売られててそのまま買って変えれば鮮度そのまま、っていうのはわかっていはしたが、家に帰って殻を外す自信がなくて、それでお願いして殻から外してもらって買った。
    薄いヘラを貝殻に滑り込ませてガリガリっとしたらばパクンと殻開くという、あの手際。
    さすがにプロよね…、ってかなり感心。
    そう言えば、この時期、パリの牡蠣を扱うブラッセリなんかにいったらば店頭近くに腕っ節の強そうなお兄さんたちがズラリ並んで、次から次へと牡蠣殻グリンとこじ開ける、景色にウットリさせられる。
    貝の中身をキレイにあらって、塩と胡椒をそっとふる。
    小麦粉をはたいて水気をしっかりとって、バターを溶かしたフライパンで表面カリッとこんがり焼きます。
    貝の旨味がギュギュッと凝縮されてて、旨い、旨い。

    5c1425fc.jpeg〆に雑炊。
    豚の旨味。
    野菜の甘味と、さつま揚げからでたおいしいジュースが残った汁をおいしくさせる。
    塩で下味整えて、麺つゆ少々、注いで風味を足してそこにご飯。
    鍋の内側、壁の部分にこびりついたおこげをこそげる。
    ココにいろんな旨味が混じって、しかも焦げた香りまでする。
    クツクツ煮込んで、鍋のお汁が半分くらいになるまで詰める。
    ご飯もフックラしてきはじめて、そこに玉子。
    火をグワっと強火にしてからネギを投入。
    フツフツ、鍋の底から玉子が螺旋をえがきつつ、入道雲のように湧き立ち固まってゆく。
    それを合図に火を止めて、ハフハフ、ズルズル、すすって食べる。
    鍋の全部を食べ終える。

    そして食後にハロウィーン的。

    holloweencake.jpgデパ地下行ったら、さりげなくはあるけれどケーキ売り場はどこもハロウィーンの飾り付け。
    どこのお店にも一つや二つのカボチャスイーツが用意されてて、そのひとつ。
    クローバーで「パンプキンシュークリーム」を買ってたのしむ。
    本当はちょっと仮装して街に飛び出し大騒ぎでも…、と思ってた。
    けれど準備がほとんど出来ず、その企みは来年、持ち越し。
    今日はおうちでのんびりしみじみ、間もなく過ぎる今年のコトを思い出しつつ過ごすことにした。
    ジャックオーランタンも用意なし。
    だからせめて、カボチャを食べてハロウィーン気分にひたってみようと、最初はカボチャの煮込みでもとも思ってた。
    それじゃぁ、あんまり所帯染みててそれでケーキ。

    カボチャの甘い香りと風味。
    ちょっとザラッと粉っぽい力強くて素朴な味わい。
    大地の味がする感じ。
    明日からなんと11月で、今年ももうあとたった2ヶ月。
    やり残したこと、やり残さぬよう全速力にて片付けましょう、ニッコリと。

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    携わっているお店ではハロウインで盛り上がっていたのですが、自分自身では楽しみ損ねちゃいました(笑)メンバー様が喜んでくださったとの報告だけで十分とガマンします(笑)。
    スタバでクリスマスブレンドのサンプルをいただきました。
    今年もほんと、もう少しですね。
    あっくんさん / 2009/11/01(Sun) /
    仮装
    うちのダンナは青いサテンの布地を買ってきて、パソコンで
    それふうの紋章を胸に貼り付けて「三銃士だ!」と仮装パーティーに行きました。(指示棒とオタマで作った剣も持って)
    日本人は皆「ドラクエ?」と言ったらしいですが(笑)アメリカの人に「マスケッティアーズ?」「?」「ダルタニアン?」
    「!おーイエスイエス♪」
    わかってもらえたよーと喜んで
    帰ってきました。
    サカキさんが仮装するとしたら
    どんなのでした?
    99さん / 2009/11/01(Sun) /
    次のホリデー
    > あっくんさん
    次のホリデーにむけて、今年ももうあとちょっと。
    がんばらないと、たのしい来年はやってこないかもしれませんね。
    がんばりましょう!
    サカキシンイチロウさん / 2009/11/01(Sun) /
    アラミス
    > 99さん
    ボクは、マイケルジャクソンにリスペクトして、包帯男になってみるか、そうでなければNHKの人形劇トリビュートで、三銃士のアラミスに扮してみようか、って思ってました。
    なんだかちょっと、ご主人とかぶっちゃっていましたね。
    アメリカではやっぱりスリラー風が多かったようであります。
    おもしろいですね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/11/01(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ディス、イズ、イット HOME うどんの朝にねこ膳の昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]