忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼をせんごく。

    sg.jpg会社のある地名としての千石ではなく、肉料理のおいしいレストランの「せんごく」。
    場所は春日。
    会社から地下鉄にのり、2駅南に移動しての昼。
    ランチレストラン不毛地帯の会社の近所をウロウロするより、いっそ電車でスパッと移動をした方が、おいしいご飯にありつける。
    …、と勢い込んでやってきました。
    昔はよく通った店です。
    というか、昔からずっと通い続けている馴染みのお店。
    だからときおり、お店の中に知った顔が働いているのを見かけたりする。
    今日は厨房の中に料理長さんの姿を発見。
    気遣わせぬように…、とそっとテーブルに付き注文をした。

    ステーキハンバーグ。
    愛してやまないここのオリジナルで、注文をして20分ほども待ちましたか。
    注文を受けてからパテをペチペチ形成し、ジックリと焼く。
    ステーキやハンバーグなんて鉄板の上に乗っけて焼けばそれで出来上がりでしょ…、なんて無責任なことはいいっこなしよ…、って丁寧な料理を待って、そしてこれ。

    06af27dd.jpegビックリしました。
    たのんだのは、300gの普通のステーキハンバーグ。
    けれど上に、厚切りベーコン。
    そのまた上に目玉焼き。
    うわぁ、サービスしてもらっちゃったって一緒に行った相棒の同じ注文の同じ料理を目で確かめる。
    おんなじようにベーコン、それから目玉焼きで、でもボクのはよく焼き。
    しかも裏返さずに黄身をキレイにカッチリ固めて、固めすぎない理想的なるサニーサイドミディアムエッグ。
    スパッを切ると、黄身は芯のオレンジ色から外に向かうに従って明るい黄色になっていく、なんともおいしいグラデーション。
    一方、テーブルの向こうの目玉焼きは黄身、トロトロの見事な半熟。
    すんごくウレシイ。
    ただおざなりなサービスじゃなく、ボクらの好みを十分知って、食べたいものをこうしてサービスしてくれる。
    すっかり、やられちゃいました。

    04901b34.jpegタップリのモヤシ。
    ハンバーグからの肉汁をタップリ受け取り、ジュウジュウ焼けてる。
    熱々に焼けた鉄板の上にあって、焼けたもやしが吐き出す水気がすぐにそのまま蒸気になってハンバーグのパテを包み込む。
    ここのステーキハンバーグ。
    オールビーフであります故、焼けすぎ、乾燥が大敵でだからこうした提供方法。
    理にかなっててしかもモヤシが肉の旨味を水気の代わりに受け取って、おいしくなることはなはだしくてご飯が進む。
    アンチョビ風味を加えたバター。
    そして塩。
    余分な味は必要の無い、肉の旨味で味わうここのオリジナル。
    フォークで潰すと、ぼろっと崩れる。
    混ぜ物を一切使わず形成しているからの儚さ。
    けれど口に放り込み、噛むとゴツンゴツンと奥歯を叩く逞しさ。
    肉を食べてる…、って感じになります。
    オゴチソウ。

    腹を満たしてお店を出、調理長さんに挨拶をして、ココロも満たして電車にのった。
    今日はなんだかいい気持ち。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    コック
    蘇る・蘇る
    俺は、コック
    嬉しい 生きていることが
    嬉しい 料理を作ること
    嬉しい 美味しいと言ってくれる
    嬉しい 調理場にいる事が

    本当に調理場に何年ぶりに入り調理できた事は楽しく嬉しいです
    こんなチャンスを与えてくれて有難う  皆さんにお礼
    問題児(岩手)さん / 2009/11/04(Wed) /
    いい仕事ができたようで
    > 問題児(岩手)さん
    同じような気持ちで一生懸命、厨房の中で格闘している人がたくさんいるんだろう…、と思います。
    そうした人たちのちょっとでも為になることを…、って思いますよね。
    一緒にまだまだがんばりましょう。
    サカキシンイチロウさん / 2009/11/05(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    銀座で2軒の韓国料理 HOME ドトールドッグ・ジャーマンドッグ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]