忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、銀座にて打ち合わせ。
    その口切りにまず腹ごしらえと、魚ご飯を食べにくる。

    kuroson.jpg「黒尊」という店。
    夜は、とれとれの魚を和食、洋食にこだわらず素材の持ち味を最大限に引き出す料理で酒を一献、という上等な店。
    昼はその「とれとれ魚」を丼という形で気軽にたのしめる。

    銀座という街。
    高級な店がひしめく非日常的な街な側面もあるけれど、大衆的で気軽でなのに本物というお店も実は結構、潜んでる。
    特に銀座の北っかわ。
    外堀通りと晴海通り、それから首都高の高架で挟まれた細長三角みたいなエリア。
    横丁が至るところに走ってて、そこに小さな愛らしい店が肩よせあってる、日本な街角。
    銀座の粋を新橋価格+αでたのしめる、ステキなお店がたくさんあって、ここもそう。

    77507cd6.jpeg今週に入ってずっと気持ちは魚で、けれど美味しい魚を扱うお店に当たらなかった。
    今日は銀座で、これ幸いとここにきた。
    魚が主役の丼が、10種類ほど揃います。
    「まかないちらし」をたのんで食べる。
    ご飯の上に、ビッシリ魚。
    鯛にハマチに戻り鰹。
    鯵にキビナゴ、ホタテの柱とどれもピカピカ、鮮度抜群。
    それに合わせて自家製の卵焼きやら、甘辛仕立てのカンピョウやらと、箸が迷うほどの見事な景色。
    仄かな酸味がやさしい酢飯がグイグイ進む、昼のご馳走。

    それにしても海鮮丼という料理。
    ちょっと特別。
    刺身をおかずにご飯を食べる刺身定食と、その内容物はほとんど同じで、でも違う。
    熱々ご飯と魚がふれあい、ちょっと熱が通ったところとまだ生のところの味の変化がたのしめる。
    魚とご飯を一緒に口に運びなさい…、ってメッセージ性も持ってるし。
    けれど魚とご飯を一緒に口に運ぶしかない寿司とは違って、魚とご飯の割合を自分で選べる自由度がある。
    寿司になれぬ大きさ、形や組み合わせを自由自在に試すこともでき、とても寛大。
    食べ手の気持ちとわがままにやさしい食べ物。
    おもしろい。

    a92fa964.jpeg葉っぱ野菜の上に塩昆布をチョコンとのっけた、ここオリジナルのつきだしサラダ。
    ここがランチをはじめてから、ずっとこれを続けてて、ある意味これで話題を奪った看板料理。
    セブンイレブンの定番サラダにもなっちゃって、今となってはここの専売特許ってことではなくなった。
    けれどやっぱりここのはおいしい。
    今日の菜っぱは季節の白菜。
    シャクシャク、とてもみずみずしくてどっきりするほど甘味が強い。
    さっぱりとした味控えめのドレッシングとの相性抜群。
    これで生ビールをプハっとやったらうまいだろうなぁ…って、うっとりしちゃう。
    仕事前にて、がまんがまん。

    60b0543c.jpegご飯の足しにと自家製海苔の佃煮がつく。
    ご飯にのせて食べてもいいし、それを刺身に乗っけて食べても、味が変わってまたおいしい。
    アオサをたっぷり浮かべた味噌汁も風味豊かでキチッとしてる。
    しかも食後のデザートが、本格的なブラマンジェ。
    ゴマの風味が濃厚でクリーミーな本格的で、サラッとやさしいカラメルまでが手作りという、心尽くしのおもてなし。
    かなり満足、堪能す。
    それにしてもここ。
    ひっきりなしにお客様がくる。
    みんなニコニコ、おいしいものを食べさせて…、ってそんな笑顔で気持ちいい。
    腹おちついて、これから頭の仕事なりぃ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    唐揚げなか卯 HOME 安眠ホテルにMUJIの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]