忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日の勉強会の主題がコレ。

    kakuhai.jpg角ハイボール。
    安く気軽にたのしめる、今の時流にピッタリ…、ということで話題になっている時代の飲み物。
    とは言え、ただハイボールをメニューに載せれば売れるのか?というと決してそうじゃなく、基準に従った正しい作り方…、であったり、そのおいしさを引き立てる料理の導入…、であったり、お客様に楽しんでいただくための様々な工夫をしないと駄目なんだよ。
    というようなコトをみんなで勉強。

    完璧に作られたハイボールをテストキッチンで作って飲むと…。

    本当においしい。
    バチバチ、はじける細かな泡。
    ウィスキーの芳醇な香りはそのまま、けれどアルコール臭さは最小限で、搾ったレモンがお酒がもってる甘みをスキっと引き立てる。
    串カツであったり、アジフライだったりこのバチバチにぴったりの肴をつまみつつ、気づけば4杯。
    次々、ジョッキを空けていた。
    プリン体を持たぬ飲み物。
    そればかりか、樽で熟成している最中、お酒に溶け出すポリフェノールが体にやさしい役割をする…、かもしれないですっていわれて調子に乗ってジョッキを重ねる。
    ほろ酔い気分で、〆ますか。

    東京駅の大丸の中。
    近為というお店があって、そこでサラっとご飯にす。

    kintame.jpg京都でおつけものを作っている店。
    その漬け物と魚の粕漬けや味噌漬けを、炊きたてご飯と一緒にどうぞ…、という趣向。
    お店の入り口には漬け物を売る売店があり、脇には囲炉裏を囲む待ち合い席。
    そこだけちょっと、京都は風情。

    時間は夜の9時ちょっと前。
    レストランフロアの他のお店はガランとしてて、ここだけ満席。
    メニューを見ながらちょっと待つ。

    お店の中には2つの大きなテーブルがあり、テーブルの真ん中には茶釜がひとつ。

    9ca4f1ed.jpeg中にはチンチン、お湯が沸いてて竹の柄杓が立てかけられてる。
    二人に一個。
    朱塗りのお重。
    三種類の季節の漬け物が盛りつけられてて、それを食べつつお料理を待つ。

    ゆず大根にキャベツにキュウリ、壬生菜に茄子。
    パリパリがあり、シャキシャキがあり、ポリポリ、シットリ、いろんな食感。
    賑々しくて、我を忘れる。
    京都な気分。
    豆腐であったり、漬け物であったり、お腹いっぱいにならぬご馳走を考えさせたら京都の人は天下一品。
    おいしいモノに戯れる、心の余裕や遊び心が京の食文化の神髄なのでありましょう。

    そしてこれ。

    264ed5d9.jpeg鮭の味噌漬けを焼いたもの…、それがメインのお茶漬け御膳。
    お茶碗タップリ2膳分のご飯が入ったおひつに漬け物。
    全部で7種がそれぞれほんの一口づつ。
    こんがり焼けた鮭の切り身もタップリで、切り干し大根、梅の混じったちりめんじゃこで、一揃え。

    どれもがひとつひとつ、しっかりおいしい。
    販売までしている漬け物がどれもおいしいのは当たり前。
    けれど、小鉢の切り干し大根。
    キチッと味が大根の芯まで入った強めの味付け。
    鮭のしっかりとした味付けも、どれもそれだけ食べると塩気がちょっと強いかなぁ…、と思うけれどもそれがご飯のおかずにピッタリとくる。
    しかもご飯の美味しいこと。
    つるっとしてて、お米の粒のひとつひとつの形を口が感じる程にカチっと炊けてる。
    甘み、旨味、香りも見事。

    その上等なご飯を使って、お茶漬け作る。

    516887e8.jpegご飯の上に、梅味のジャコ。
    刻んだ柴漬け、鮭のほぐし身をパパっとちらし、そしてお茶を準備する。
    お膳の上には小さな急須。
    中に緑茶の葉っぱが入ってて、テーブル真ん中の茶釜の湯を借りてお茶を出す。
    ご飯に注いでサラサラ食べると、ああ、おいしい。
    ご飯をそのまま食べるより、ご飯の味と風味を感じる。
    お腹にやさしい滋養がスルっと流れ込んでくるのがうれしい。
    口からお腹、気持ちもやさしくなる感じ。

    食事の最後にわらび餅。

    0b13f09e.jpegとてもなめらか。
    きな粉の素朴でコクのある香りと甘み。
    ボクが小さな頃、夏のご馳走の一つがこんなわらび餅。
    緑色したうす紙に、餅をタップリいれてくれ、きな粉をかけて黒蜜たらし、それをツルンと口に含むとトゥルンととろけて、喉なでまわしつつお腹に消える。
    その感触がたのしくて、屋台がくるたびおねだりしてた。
    アイスクリームもホームランバーやメロンカップくらいしかなかった時代。
    甘さも香りも、自然でほのかなやさしい時代。

    なんだかちょっと懐かしくなり、日本人だなぁ…、って思ったりした。
    おごちそう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    気づいたら…。
    そうなんですよね。スイスイ飲めちゃって気づくとお酒の神様降臨ですよ(笑)僕は安いから飲むのでは無くバチバチでスッキリ飲めるので大好きです。力強いバッチバチの高い値段のハイボールどうでしょう?
    変わり者ミダさん / 2009/07/28(Tue) /
    ついつい。
    こんばんわ。

    有楽町に「ニュー加賀屋」がオープンしまして、
    半額セールってのもあり、
    ハイボールをいただいたのですが、
    ウイスキーと炭酸がほぼ同じ割合の強烈なやつでした。
    おかげで、頭が痛いです。(笑)

    先日の、Photo Share。
    検索ができないようでした。
    失礼しました。
    他に写真をアップする方法がなくて、
    ちょっと困ってます。
    チンゲン斎。さん / 2009/07/29(Wed) /
    ジュース感覚?
    > 変わり者ミダさん
    お酒というよりも、喉が洗われるような感覚がたのしいジュースみたいな感じで飲めますもんね。
    バチバチしてて、甘み控え目。
    ハイボールの酒抜きなんてのがあったら、すんごくうれしいかもしれない(笑)。
    東京では山崎のような高いウィスキーで作るお値段高めのバチバチハイボールを売るお店もあるようです。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/29(Wed) /
    有楽町のニュー加賀屋
    > チンゲン斎。さん
    有楽町のニュー加賀屋は当社でも話題になってました。
    これであの界隈は、三州屋とニュー加賀屋のはしごまでできるいいエリアになるねぇ…、なんて。

    画像の件ですが、Googleが提供している画像共有サービス、Picasaの活用をちょっと勉強しています。
    公開範囲を制限できる機能もあるようなので、ボクもちょっと利用してみようかなぁ、と思っているのです。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/29(Wed) /
    角ハイと云えば
    角のハイボールと云えば、「サンボア」の
    氷を使わないレシピがお気に入りです。
    夏の蒸した夜にキュッと一杯。
    堪りませんね…
    タカハシケムヂさん / 2009/07/29(Wed) /
    無題
    ハイボール、大好きです。ウィスキーを飲むには辛いかな?って時に、ウィスキーの香りを楽しみながら軽く飲めるのがいいです。ただ、高いウィスキーをハイボールにする勇気がないところがチキンな僕です。
    チキンさん / 2009/07/29(Wed) /
    夏とハイボール
    基本ウィスキーはトワイスアップで飲むことが多いのですが
    食事時はハイボールです。

    そういえば、夏場になると
    コロナ・モヒート・ハイボールが飲みたくなります。
    シュワシュワすっきりが恋しくなるんでしょうね。

    でも、本当においしいハイボールって作るの存外難しいです。

    先日サントリーのキャンペーンで角のハイボールセットが当たったので作ってみたのですが
    お店のようには行きませんでした(;;)

    角もいいけど、アーリータイムズなんかもハイボールに合いますよ。
    setsunaさん / 2009/07/29(Wed) /
    氷を溶かさず冷やすコト
    > タカハシケムヂさん
    サンボワのハイボール。
    不勉強ながらまだ未体験。
    昨日の勉強会では、いかに氷を溶かさぬようにキンキンに冷えた状態を作り出すかがおいしいハイボール造りには大切なんですよ、と角ハイボールのレシピを決めた人が言っていました。
    だから氷が入らぬハイボールは理にかなっているな、と思います。
    今度、飲みにいってみます。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/29(Wed) /
    ハイボール向きのお酒って
    > チキンさん
    実は安くてあまり個性のないお酒の方がハイボールにはあうんだ、っていうことでもありました。
    山崎のような高級酒を使ったハイボールもそれはそれでおいしいのですが、何杯も気軽に飲めるのがハイボールの一番のおいしさ。
    だから、気軽な値段のハイボールが一番よいハイボールなんだろう、と思います。
    ボクはウィスキーの匂いがあまり得意ではないんですが、ハイボールだけは別儀でしたね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/29(Wed) /
    おいしいハイボール
    > setsunaさん
    昨日はテストキッチンで、程よくおいしいハイボールとスゴくおいしいハイボールの飲み比べをしましたが、ちょっとした手順とコツで本当においしいハイボールができるようです。

    ・氷はよく洗って霜を取っておくこと。
    ・グラスにギッシリ、サントリーのハイボール用のジョッキであれば7個から8個氷をいれること。
    ・レモンを搾って先にいれること。
    ・お酒とソーダは1:4の割合を守るコト。
    ・ソーダはなるべく氷を当てぬように注ぎ、ステアはしあい。

    これがおいしいハイボールの作り方の基本のようです。
    試してみるとやはりおいしく作れます。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/29(Wed) /
    洗う?!
    詳しいレシピありがとうございます!!

    それにしても氷を洗うとは。。。
    おもしろいです(^^)
    霜が早めに溶けて味が変わるのを防ぐためでしょうかね。

    近くの酒屋でお気に入りの炭酸(ウィルキンソン)を買って
    やってみますね~♪
    setsunaさん / 2009/07/29(Wed) /
    お酒が飲める人って
    良いですね~。お仕事とはいえ、楽しそう!?普段からほぼ飲まない(と言うよりも飲みたいと思わない)私に言わせれば、「こんな楽しみが沢山あるのに経験しないのはもったいない」と思われたりしているのかな…と勘ぐってしまいます(汗)ハイボール、聞いた事はありますね。よく行く顔なじみの食事処のメニューにあります…。
    りりこりあさん / 2009/07/30(Thu) / URL
    泡をこわさぬように
    > setsunaさん
    氷の霜が泡にとりつき、せっかくのバチバチを台無しにしてしまうのだそうです。
    製氷機で出来たばかりの新鮮な氷はそのまま使っていいのだそうですが、コンビニなんかで売ってるロックアイスは洗った方がおいしくなるようです。
    おもしろいですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/30(Thu) /
    飲む楽しさ、飲まぬ楽しさ
    > りりこりあさん
    ボクも日常的には飲む方ではないのですが、この日は度を過ぎる一歩手前までたのしい勉強をさせていただきました(笑)。
    一緒に勉強会を開催した会社の同僚に飲めぬ人がいて、ずっとウーロン茶。
    飲んでどんどんにぎやかになっていく人を冷静に観察できるのが一番のご馳走…、なんて言ってました。
    飲まぬ楽しさというのもあるのかもしれませんね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/30(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    KFCにスープな朝 HOME ORIGAMI
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]