忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    遅めの昼を浅草でとる。
    尾張屋という店。

    9cd8a2aa.jpeg雷門の前の通りに実は2軒の尾張屋があり、一つは本店、一つが支店。
    雷門の近くの目立つ場所にある、老舗然としたお店が実は支店であって、ちょっと離れた稲荷町の近くにある店。
    こぎれいでこざっぱりしたちいさなお店が本店だという、まるで引っ掛け問題みたいな不思議な大店。
    初めて尾張屋を経験したのは支店の方。
    テレビでよく紹介されるのもとの支店の方で、でもどっちが好き?って聞かれたら、断然、本店。
    落ち着いていて、店そのものには特別感があまりない街の普通のそば屋さんっていう、自然な風情が大好きで、だからそちらに行こうと思った。
    けれど、今日、金曜日は定休日。
    支店ならばやってます…、ってそれで支店にやってくる。

    もともとはそば屋なのだけど、ここに着たらばまずは天ぷら。
    天ぷら蕎麦をもらいます。

    cd3466e9.jpeg車エビを使った丼の端から体半分以上はみだす、上天そばもあるのだけれど、普通の天そば。
    それで十分、尾っぽがはみ出す豪華な姿。
    身がギュギュっとしまってて、味ではこっちがおいしいような気もしてしまう。
    強めの出汁と濃いめのかえしで、風味豊かで味しっかりで、そばをズルズル、天ぷらパックン。
    熱々の汁にあっためられて、揚がったばかりの温度を芯に蓄えたまま。
    ハフハフ、したたか、舌やいた。

    不思議なモノで、もし天ぷら屋でこれだけのエビの天ぷらを食べたなら、ただそれだけで1000円くらいは覚悟しなくちゃいけないでしょう。
    なのにそば屋じゃ、その天ぷらにご飯がついたり汁がついたり、あるいは蕎麦がついたりしながら1000円ちょっとの値段で売られる。
    そば屋の値ごろと、天ぷら店の値ごろが違う…、ということなんでしょう。
    おもしろくって、ちと不思議。

    一緒に丼。
    つい先日から、はじまったばかりの季節の「松茸丼」。

    fb9e03e4.jpeg親子丼の上具に裂いた松茸くわえた、ここの創作。
    蓋をあけると出汁の匂いにあの松茸の香りが混じって、鼻を直撃。
    ああ、秋的香り。
    ちょっと堅めに仕上げてもらいはしたけれど、フンワリとろりと玉子はなめらか。
    そこにシャキッと、歯切れたのしい松茸が爽快なほどの歯ごたえくれる。
    秋の食感。
    オゴチソウ。

    小ぶりの松茸半本ほどが、ドサっと豪勢に丼飾る。
    なんたる贅沢。
    さすがに味はほのかにかすかで、永谷園の松茸の味お吸い物風。
    つまり、松茸の味をたのしむ料理じゃなくて、姿と香りを味わう料理。
    調子に乗って松茸全部食べてしまうと、あとは普通の親子丼になってしまうのがちょっと切なく、でもめでたいことに変わりない。
    なにしろ今シーズン初のリアルな松茸に、こんなところで出会えるなんて、なんだかステキ。
    ありがたい。

    舌が熱くてそれでスタバに駆け込んで、マンゴーフラペチーノで口、冷やす。

    4110c9c2.jpegほんとはレモングリーティーを飲みたかったのだけどもなんと、ソールドアウト。
    本格的に秋の準備をスタバもしてる。

    そういえば…。
    明日から浅草サンバカーニバル
    今年でなんと29年目になるお祭りなんですね。
    ボクが東京にやってきた頃、浅草の街がへんてこりんなコトになってる…、って冷やかしがてら来たことがある。
    恥ずかしかったなぁ…。
    水着ひとつのおねぇさんが腰をくねらせ通りを歩く、なんだか見ちゃいけないものを見せつけられてるみたいな景色。
    それが今では東京の夏の終わりを代表する祭りの一つにこうしてなった。
    継続ってやっぱりスゴい。

    尾張屋さんで会計しながら、明日は忙しくなるんでしょうね?って聞いてみた。
    いえいえ、表の通りはてんやわんやの大賑わい。
    だけどお店はのんびりしたものなんですよ…、って。
    たしかに踊りに夢中で、ご飯を食べる暇もなしな一日なのでありましょう。
    ディオニソス的、ラテン的。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    残暑ですね、今日は。
    そば屋の松茸丼ですか。いやあ、たまりませんね。場所が浅草っていうのも、粋ですね。

    さてさて、「おいしい店とのつきあい方」、角川文庫から出版されましたね。ブログでご紹介させて頂いても、よろしいですか?お店とのつきあい方だけでなく、食べることの楽しさを教えてくれる、最高のバイブルを!
    とんぼさん / 2009/08/28(Fri) / URL
    実はこのあとの日記で
    > とんぼさん
    「おいしいお店」。
    実はこのあとの日記でご報告させていただこうか、と思っていたところなのです。
    ブログでのご紹介。
    ありがたいかぎりです。
    よろしくお願いいたします。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/28(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    肴の夜に、ご報告 HOME 茶巾ではじまる週末の朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]