忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夕方、浅草で仕事の打ち合わせをした人に、「今晩もお肉ですか?」って聞かれる。
    たしかに最近、週末ごとにお肉を食べてる。
    今日こそは、肉じゃなくって魚と思い、それで居酒屋。
    「魚や一丁」に来ることにする。

    iccho.jpg週末の夜。
    ほぼ満席。
    しかもサラリーマンばかりじゃなくて、ファミリー風の人たちや女性同士のお客様とか、いろんな人たち。
    しかもお酒も飲まずに、刺身でご飯。
    カニをせせって寿司をつまんで…、とまるでシーフードレストランのノリでお腹いっぱいをたのしんでいる。
    ファミリーレストランじゃ満足できぬ、ちょっと贅沢がここにある…、っていうことでしょう。
    おもしろい。

    お通しに甘エビ茹でたの。
    塩味きいてて、味噌がプチュッと飛び出してくる。
    料理がくるまで、黙々と殻剥きながらプチュプチュ食べる。

    するめいかの天ぷらが来る。

    457c3acf.jpegこれほど単純。
    これほど簡単で、これほどおいしいおつまみってそうそうない。
    するめいかに天ぷら衣をつけてパリっと揚げただけ。
    熱々。
    衣の表面、パリパリ、サクサク。
    中はふんわか。
    けれどそのふんわか衣を前歯がサクっと突き破ったら、中からムチムチ。
    するめいか。
    油の香りが鼻から抜けて、噛めば噛むほど海の旨味が口一杯に滲みだしてくる。
    酒をウマくするたのしい肴。

    粒貝のガーリック焼きっていうのがこれ。

    839a6e92.jpegおもしろい。
    エスカルゴ用のパレット容器にぶつ切りにした貝を入れ、パン粉。
    それからエスカルゴバター。
    そのままオーブンの中で焼いただけ。
    カサカサとしたガーリック味のパン粉と一緒にクニュクニュの貝をクニュっと食べる。
    気がきいていてしかもおいしい。
    たのしい料理。

    北海道風の鶏の唐揚げ「ザンギ」を食べたり、サラダを食べたり、結局、魚らしい魚は食べずにひとたび撤収。
    魚じゃなくって肴を食べた。
    おあとがよろしいようであります。
    移動して〆。

    アカシアで、ロールキャベツと豚のオイル焼き。

    806d2bcb.jpegここの名物ロールキャベツはさておき、このオイル焼きは絶品、好物。
    生姜焼きじゃない。
    フレーバー付きの塩で焼いた豚ロース肉に、醤油風味の油をジャジャッとかけたもの。
    焦げた香りが香ばしい、甘い油が千切りキャベツにタップリかかってしみ込んで、ご飯のおかずにピタっとくるのがお気に入り。
    普通はランチをたのしむこの店。
    夜は初めて。
    BGMがトランシーなダンスチューンで、まるでクラブみたいな感じがなんだかちょっとおもしろい。

    ところで拙書「おいしい店とのつきあい方」がこのたび文庫本となりました。

    oisiimise.jpgもう何年も前に出した本。
    時代の変化に褪せぬ内容の本にしよう、と気を配って書いた本。
    けれど食を取り囲む環境の変化は目をみはるほどで、それでいろいろ、時にそぐわぬ部分が出てきた。
    だから若干、加筆、修正。
    ちょっと新しいエピソード。
    中のデータやおいしいお店のデータ部分も、最新のものに更新しました。
    そろそろ書店に並ぶころ。
    お力添えをいただいた、皆様方には改めまして感謝いたします。
    どうもありがとうございます。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    こんばんは
    文庫本、昨日Amazonから届きました。
    加筆があればうれしいなって注文しました。
    まだしっかり読んでないのですが・・・自炊老人さんのあとがきが僕がサカキさんに抱いているイメージを裏付けしてくれた気がします。
    どんなに疲れてても毎日ブログを拝見させて頂いてます。
    弁天庵が大阪に無い事をうらみながら・・・
    ハラミ一筋さん / 2009/08/28(Fri) /
    大きな加筆はありませんが
    > ハラミ一筋さん
    細かなところの変更と、ちょっとしたエピソードをくわえさせていただいた次第。
    わざわざのご注文、ありがとうございました。
    できるだけ早い機会に新たな連載をどこかで始めたいなぁ、と思いつつ、今、準備をしているところ。
    あまりお待たせせぬよう、がんばります。
    どうもありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/29(Sat) /
    ついに文庫本になったのですね!
    「おいしい店とのつきあい方」と「実践編」の2冊、私も持っていますよ〜。それが、文庫本化ですか。しかも若干の加筆や修正があるんですか…。買おうかどうしようか、悩みどころですね(汗)私も、サカキさんの新しい連載、早く読みたいです。楽しみにしていますね。
    りりこりあさん / 2009/08/29(Sat) / URL
    うふふ
    先週、神田の三省堂で購入させていただきました!

    私は変な体質(?)で、文庫だと何度でも何度でも
    読み返すんですけれど、
    単行本はほとんど、1回読んだらそれっきりになって
    しまうのです。

    なので、好きな本の文庫化は歓迎歓迎大歓迎!なのです。
    表紙のイラストも素敵ですね。

    新しい連載も楽しみにしています。
    tonamiさん / 2009/08/29(Sat) /
    より気軽な感じで
    > りりこりあさん
    単行本は作品として。
    文庫本は実用品として。
    そんな感じになるかもしれません。
    まずは書店で手に取って雰囲気を確かめていただければ、と。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/29(Sat) /
    ありがとうございます。
    > tonamiさん
    ボクも好きな作品の文庫本は、なんどもなんども読み込みます。
    鞄の中にそっと忍ばせ、何度も何度も。
    この本も、かわいがってやってくださいね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/29(Sat) /
    無題
    サカキさんとの出会い(って、オーバーですが(汗))がこのほんの元になった連載で、こうやってご縁がつづいている事が本当にうれしいです。
    美味しいもの大好きの僕にとって連載やこのブログが大事な活力剤ですから。
    仕事の帰りに書店に寄ってみます。楽しみにしています!
    あっくんさん / 2009/08/29(Sat) /
    これからも長いおつきあいを
    > あっくんさん
    人と人とをつないでくれる、ステキな連載をさせていただいたんだなぁ、と感謝しています。
    ステキな人とのつきあい方を、またこうして教えていただいているような。
    これからもよろしくお願いいたします。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/29(Sat) /
    無題
    文庫化おめでとうございます。
    外食産業に従事する方に読んで頂ければ、なにやら善き仕事に向かう、お客様と働く人お互い立場が直ぐに入れ替わる、お客様のときは働く人の、またその逆の見方、感じ方。飲食店がホスピタリティを世に広める基地になるために、貴兄の著作が役立つなあ、そういう意味で多くの読者に、と祈念しています。
    ジッサさん / 2009/08/29(Sat) /
    すべての立場の人たちに
    > ジッサさん
    ありがとうございます。
    サービスする人。
    サービスされる人。
    立場を超えてすべての人たちが助け合うことでしかすばらしい外食産業を手にすることは出来ないのだ…、ということ。
    まだまだがんばらねばならぬことが沢山ある、と感じます。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/29(Sat) /
    読みました!
    久しぶりに、電車の中で読みました。何度読んでも。ステキな本です、ホントに。

    食べることって、楽しいこと。
    だから、みんなみんな、この本を読んで、楽しんで欲しいですね、食事を。

    外食産業だけでなく、どの世界でも、同じだと思いました。お互いを元気にする、笑顔にする「ひと声」ができるカッコイイ大人になりたいですね。

    友人へのちょっとした手土産に、この本、使わせていただきたいと思います。ブログでも、ご紹介させていただきました。
    ひとりでも多くの方に読んで頂きたいです! それでは。
    とんぼさん / 2009/08/29(Sat) / URL
    さっそく!
    > とんぼさん
    早速ありがとうございます。
    お褒めいただき、なんだかとてもうれしくなりました。
    お店のつきあい方だけでなく、人とのつきあい方もこう心がけたいなぁ、…って思いますね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/29(Sat) /
    ポチっとな
    こんにちは。
    Amazonでポチッと注文しちゃいました。実践編も一緒に^^
    また連載やラジオなどでお目に(お耳に)かかれるの楽しみにしています。
    kotaroさん / 2009/08/30(Sun) /
    ありがとうございます!
    > kotaroさん
    お買い上げ、ありがとうございます。
    長い間、あたらしい活動を控えてもおり、そろそろ次の一手を、と思っています。
    またどこかで…。
    よろしくお願いいたします。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/30(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ペリカンサンド HOME 浅草・尾張屋・松茸丼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]