忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新橋の「ととや」。

    totoya.jpg活魚料理で有名な店で、ランチがお値打ち。
    新橋駅前から近くはあるけど、周りはほとんどオフィスビル。
    飲食店がありそうにはまるで思えぬビルの中。
    表通りに背中を向けて、昼なお暗い路地に面したエレベーターで4階にガガっとあがるともう目の前には入り口という、味も素っ気もないロケーション。
    ところがここだけワンワンうなるような混雑。
    1時を過ぎた時間というのにほぼ満席で、つい今しがた食べ終わった後の片付け待つお客様が2組待ってた。
    ランチタイムで一番のおごちそうは、こうした混雑。
    昼はお客様でにぎわうお店でたのしみたいもの。

    扉を開けてカウンター。
    座って料理を注文すると、たちまちズラっとランチの全商品につくお料理がやってくる。

    a01a878e.jpeg茶碗蒸し。
    普通の茶碗蒸しの半分くらいの小さなサイズのお茶碗に、具がギッシリ。
    しいたけ、ギンナン、蒲鉾、三つ葉とスプーンでどこをすくっても、必ず具材がタップリそこに乗ってくる。
    出汁の旨さが際立つ味わい。
    フルフル、舌の上で揺れてはクチュっと崩れてホロホロなくなる。
    ああ、このお店は丁寧な店。
    そんな風にニッコリとなる。
    鶏のつくね団子と一緒に野菜を煮込んだ焚きあわせ。
    佃煮、それから漬け物がくる。
    それらをつまんでお茶をズルっとすすりあげつつ、料理が出来るのを待つ趣向。
    ひとつひとつ丁寧に、キチンと作っているからでしょう。
    若干、時間がかかります。
    20人ほどが座れる大きな鉤の手曲がりのカウンター。
    カウンターの上には冷蔵ネタケースがドシンと置かれ、中に魚が見え隠れ。
    厨房の中に板前さんが4人いて、つけ場、焼き場に煮方それから追廻と、いわゆる日本料理の最小限の調理場システムがちゃんと機能しているステキ。

    メインができて、今日の料理が勢揃い。

    04aa603e.jpeg今日の刺身にブリの照り焼き、ご飯に味噌汁。
    刺身はなんと4点盛りです。
    マグロ、スズキ、ヒラメに鯛と、どれも分厚く切り身にされて食感、ムッチリ。
    西の刺身はゴリゴリ、ブルブル。
    東の刺身はムッチリ、ネットリ。
    好みの食感がいささか違って、今日の刺身は東の刺身。
    少々寝かせて身のタンパク質が旨味に変わってそれからひいた、だから冷やっと舌が触った途端に旨さをズシッと感じる。

    分厚いブリを甘辛ダレでコンガリ焼いた、まさに照り焼きの王様のよな見事さに、思わず拝んで箸、当てる。
    するとぼろっと身が外れ落ち、口に入れると脂がジュワリ。
    ほのかな酸味をやさしく感じるコクたっぷりの濃厚な味。
    待ってよかった…、って思わせる味。

    ところでここのこの佃煮。

    cf744510.jpegおそらく出汁をとったあとの鰹節。
    それを味醂と醤油を煮詰めて吸わせて、煎りつけたシットリしている不思議な食感。
    めちゃくちゃおいしい。
    甘辛味。
    噛むとジュワッと出汁の旨味がほとばしり出る、ご飯がドンドン進む味。
    これをご飯にちょっとまぶして口に入れると、とっても豪華で上等なネコマンマ風になるのがたのしい。
    始末な料理。
    これに限らず、どれも手作り。
    だからこんなにおいしい料理をこんな値段で食べられるんだなぁ…、って。
    かなりうれしい。
    ありがたい。

    ご飯を終えてお店を出、エレベーターを呼んだらばお客様をギッシリ乗っけたカゴが到着。
    まだまだ混雑、続くよう…。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ペヤングトジャル HOME 名代後楽、焼きそばで朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]