忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿、卯作。

    u.jpg新宿にしかないとんかつ専門店。
    老舗派。
    高級派。
    大衆派と大きく3つに分けて分類すれば、大衆派に分類される。
    場所も新宿アルタの裏側を歌舞伎町に向かって歩いた場所にある、雑居ビルの3階というとこ。
    エレベーターは無い。
    階段でトボトボ上がっていかなきゃ行けない。
    しかも途中の二階には男性専用のきわどい下着を売ってるお店。
    新宿らしいと言えば、これほど新宿らしい場所は無い?…、かもしれない立地で、救いは古いビルのため、1階分の高さが低い。
    だから何段もあがらなくても3階までストンといけるとこくらい。

    決して大きくはないお店。
    昼はランチがそこそこ安くてだから混雑するようだけど、日曜の夜はちと静か。
    ロースカツをもらいます。

    21d754e7.jpegカラっと揚がった明るめの細かなパン粉。
    油の香りはほのかです。
    ラードを使ってバリっとさせる専門店が多い中、ココは植物油を使って揚げる。
    お肉も薄め。
    脂の少ないところを使ったちょっとご家庭風のとんかつのよう。
    プロが作った家庭料理のようなやさしい揚げ上がり。

    いい感じです。
    最近、とんかつ店では脂をタップリ残した肉を、分厚く切って時間をかけてユックリ揚げる…、というのがブームだったりします。
    一般家庭の調理器具ではなかなかそうしたカツを揚げることができなくて、プロっぽい。
    しかもそれだけ単価をもらえるということもあり、厚切りとんかつを売りにしたお店がかなり増えはした。
    けれどカツって、おいしく感じるほど良き厚さがある…、と思う。
    豚の脂はたしかに旨いと思いはするけど、やっぱり肉の旨味を素直に味わいたいし、こうした「身の程知った」程よき旨さがいいよなぁ…、って思ったりする。
    オキニイリ。

    ミックスフライ。

    bc5b443c.jpegヒレカツ、エビに白身魚のフライがつきます。
    これまた程よき厚さに切ったヒレ芯を、サックリ仕上げた歯ごたえたのしいやわらかなカツ。
    プリンとしたエビ。
    ふんわりとした魚の切り身も衣カリカリ。
    タルタルソースやポテトサラダも手作りで、手をかけている訳ではないけど手を惜しむことなく作られたモノ。
    キャベツは手切り。
    味と食感を損なわぬよう、あまり薄くは刻まずにサッと洗って水切りしただけ。
    シャキシャキ感を出すために、冷たい水にキャベツを放って置いておく、けれどキャベツの旨味と風味をみんなお水に流しだしちゃう、変な工夫をせぬ潔さ。
    しかも量が山盛り、お代わり自由。
    ご飯タップリ。
    汁のお出汁もシッカリしてて、たのしくお腹一杯になる。

    食後にコーヒーのサービスがある。

    1346ae96.jpeg煎れたてって訳じゃないけれど、熱々。
    デミタスカップとレギュラーカップのちょうど中間くらいの大きさのカップに並々。
    一緒に出てくるシュガーポットにちょっとウットリ。
    ビベンダムの体みたいな凸凹のガラスのポットに、ステンレスの口がついてる。
    斜めにするとサラサラって一定量の砂糖を吐き出し、一旦、ピタっと出が止まる。
    ストッパーが出る分量を制御している、原理的にはとても簡単なこのポット。
    昔、コーヒーショップレストランの砂糖入れって、みんなこのスタイルだった。
    いつの間にか砂糖は袋詰めされるようになっちゃって、こんなステキな器を見る機会が少なくなってた。
    意外な場所でお目もじします…、おもしろい。

    お箸の入った袋に一言。

    1edaedf6.jpeg小さいお店の大きな満足。
    いい言葉。
    お店の大きさ。
    会社の立派さ。
    値段の高さやあるいは逆に安さといったさまざまなコト。
    それがイコール、満足をそのまま保証するものじゃない。
    飲食店って、一店一店。
    一食一食の地道な努力の積み重ねで、満足度合いが決まるモノ。
    よい勉強をいたします。


    ところで、ところで。


    マイケルジャクソン。
    偉大なる伝説と同時に、数多くの謎を残したままやっと先日、埋葬されました。
    場所はグレンデール。
    ロサンゼルスのユニバーサルスタジオの近所。
    映画関係者が多く集まる、だからちょっと尖った先端的な小売りや外食を見るのにとても良い場所ってことで何度も出かけて勉強した場所。
    ショッピングモールの集積地だったりもするのであります、なつかしい。

    彼の名曲をアカペラで唄った画像を貼っておきます。



    見事です。
    こうしてみると、マイケルジャクソンの唄って、誰がどのように唄ってもマイケルジャクソンの歌に聞こえる独特がある。
    ポップスでもあり、ロックでもあり、アレンジのしようによってはメタルにでもトランスにでもなっていく「21世紀のスタンダードナンバー」のような不思議な魅力をもっている。
    本物だったんだなぁ…、って思う。
    偲ぶ夜。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    ぐるりネット亡きあと、もう読めない(泣)と思っていたら、再びお会いできて嬉しいです♪

    またブックマークさせていただきました!
    めるばさん / 2009/09/06(Sun) /
    ご心配おかけしました
    > めるばさん
    ぐるりネットのサーバがハッキングされて完璧ダウン。
    お知らせする手段も持たず、申し訳ありませんでした。
    これからもよろしくお願いいたしますね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/06(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    DDで朝、CDでテルミン HOME 南山冷麺
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]