忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    うどんを食べます。
    昨日、こようと勇んでやってきて振替定休だったことを知り、腰が抜けそうなほどガッカリした店。
    うどんの元喜。

    gnk.jpg同じように待ちかねていた人たちがたくさんいたのでしょうか…。
    お店の前には待ちの行列。
    時間は1時前というのにかなりの繁盛。
    しばらく待ちます。
    ぽつりぽつりと雨が落ちてきて、夕方からは雨になるかもって天気予報も前倒し。
    傘をさしつつしばらく待って、それでやっと着席をする。
    カウンターの前。
    中には厨房。
    左手奥には大きな釜にうどんを茹でるためのお湯がグラグラ沸いていて、天ぷら揚げ場と盛りつけ台がそれにつながる。
    手慣れた身振りのベテランさんと、多分、まだ数日くらいの経験しかない新人さんが並んで働く。
    新人さんの緊張した顔、仕草に作業。
    忙しく作業しながらびしっ、びしっと厳しい指示を出すベテランさんの声も凛々しい。
    これもひとつのチームの醍醐味。

    元喜セットをたのみます。

    999fddbc.jpeg四種類のうどんの中からひとつを選び、炊き込みご飯と今日の料理が一品つく。
    うどんはわかめうどんを選んだ。
    ひゃっこいうどんのつややかも捨てがたくはある。
    けれど少々肌寒くもあり、あったかうどんを選んで食べる。
    ヌメヌメとしたここ独特のうどんの食感。
    モッチリとした噛み応え感は冷たくさまして食べるより、むしろあっため出汁と一緒に口に運んだ方がキッチリ伝わってくる。
    昆布と鰹節のスッキリとして塩味おいしい讃岐風の出汁。
    シャッキリとしたワカメの歯ごたえ、風味に味わい。
    しっかりしてて、気持ちいい。

    なによりココの炊き込みご飯。
    そっとやさしく、空気をタップリ含ませるよに茶碗にキレイによそわれる。
    決して表面押さえたりせず、おかあさんがやさしく子供によそおうようにしてくれるのがとてもいい。
    醤油の風味がしっかりとした味もなかなか。
    うどんの出汁と一緒に口に含んでそこで即席雑炊のようにする。
    サラっとお腹が流れ込んでく、やさしい味わい…、オゴチソウ。

    一緒にかき揚げ、たのんで食べる。

    ebbf9b6d.jpegタマネギと桜えびの大きなかき揚げ。
    ここの名物料理の一つ。
    タマネギ一個分をスライスしたのに、それに負けぬ程たっぷりの海老。
    ポッテリとした粉でつないで、サクっと揚げて素揚げの獅子唐をポツンと添える。
    油の香りがなんとも甘い。
    ザクっと崩してそのまま食べると、よく火の通ったタマネギの甘味がドッシリ、舌に乗っかる。
    崩したそれをうどんに放つ。
    出汁を吸い込み、代わりに油を吐き出して衣はフルンとなめらかに。
    汁はコッテリ、旨味とコクを手に入れる。
    揚がった海老の香ばしくって、まるでかっぱエビせんみたいなたのしい匂いが汁と一緒に口に広がる。
    うどんと天ぷら、なんて相性いいんだろう…、って。
    ウットリしながら獅子唐食べる…、となんと一個が大当たり。
    舌をつねるような辛味が走る。
    これも味わい、サプライズ。

    昼のランチ散歩につきあってくれた人がたのんだ「肉味噌うどん」。

    76007ad3.jpegあったかな麺に田楽味噌の味わい豊かな肉味噌と、温泉玉子。
    それにタップリ白髪ネギという、ジャジャ麺のようで、釜玉うどんのようでもある不思議な料理。
    一口もらう。
    ワシワシ混ぜて、全部を渾然一体とさせズルンと一気にたぐり上げると、ムチムチとした釜揚げ麺が口に貼り付く。
    茹で上げて水でしめずにそのまま食べる。
    シコっとした歯ごたえは諦めなくちゃいけないけれど、かわりにムッチリ、小麦の香りと風味がたのしい肉感的な麺になる。
    その麺になお肉感的な温泉玉子のネットリ感が混じりあい、ユッタリ、ヌッタリ、口の隅々なで回し、ユックリお腹に落ちていく。
    これまたご馳走。
    昨日の敵を今日ここでとる。
    今日はご機嫌、また来ます。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ヤサイヲタベルカレー「CAMP」 HOME ビスク・おむすび・コーヒー工場
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]