忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    カキフライの季節になると、思い出す店。
    いくつかあります。
    洋食屋さんやとんかつ屋さん。
    あるいは居酒屋。
    そしてココ。

    wabu.jpg「わぶ」という店。
    西新宿のオフィス街が終わって、渋谷の代々木がはじまる場所。
    甲州街道をちょっと入って、別に路地という訳でもないのに不思議と路地裏感が漂う場所に、ひっそりとある小さなお店。
    夜は季節の一品料理がたのしめる料理屋さんで、昼は定食。
    お店の入り口脇には看板。
    「今日も本気(マジ)でやっています」って気合いの入ったメッセージ付きの木の看板に、こっちもマジでいただきましょう…、って。
    開店早々の満席に、ちょっと並びます。

    そのお店が待つに値するお店かどうかは、そこで待っている人の顔をみてるとわかる。
    みんなニコニコ。
    お店の中を覗き込むでなく、舌なめずりしながら待ってる。
    そんなお店は絶対待って損しない店。

    で、並んで待っても絶対損をしないこれ。
    牡蠣のフライ。

    296b680f.jpegカキフライにはいろんな流儀があるようで、牡蠣を一個ずつ揚げるタイプのつまり普通のカキフライ。
    それと牡蠣をいくつかまとめてパン粉を付けて、それで揚げるまとめ揚げタイプのもののザクっと二種類。
    一個揚げでおいしく揚がるのは大振りの牡蠣。
    外はカリッで、中はフルンとレアな状態に仕上げるためには大きな牡蠣じゃなくちゃ駄目。
    ただ牡蠣の粒を揃えて仕入れるのは、難しいしコストが上がる。
    しかも大きな牡蠣は生で食べるにはおいしいけれど、熱を入れるとエグミや渋味が出てしまう。
    それで小さな牡蠣をまとめて一緒に揚げる。
    小振りの牡蠣は甘味も強く、なにより熱を通すと旨味を増しておいしくってしょうがない。
    外はカリッ。
    そしてサクっ。
    ところが中からおどろくほどの牡蠣のジュースがほとばしり出る。
    口、唇を焼かずに食べるのがまず不可能な、牡蠣のフライをハフハフ、ホフホフ。
    冬のはじまり、はじまった。

    7960fb48.jpegここの定食はおかずをふたつ選ぶスタイル。
    鯖の味噌煮をお供に選ぶ。
    うちで鯖の煮付けといえば、醤油煮込みがまず普通。
    味噌を使って煮込むという習慣がまるでないので、だからこうした味噌で煮込んだ魚というのはお店の料理。
    コッテリとしたコクのある味。
    焦がさぬように、でもシッカリと熱を通して味噌独特の豆の臭さがまるでない。
    香ばしい味噌の香りと鯖の風味が手に手を取って、口の中で行進をする。
    ズンズンズシズシ。
    ご飯もおいしい。
    味噌の煮汁で一杯ご飯が食べられそうな、そんなおいしさ。
    白味噌仕立てのお味噌汁の味もボク好み。
    お腹にすんなりおさまった。

    63b91c8a.jpegそれにしてもここのお店の女将さん。
    とてもニコヤカ。
    雨の日にワザワザどうもありがとうネ…、っていいながら、雨の日サービス券を配って歩く。
    初めてやってきたらしいおじさんたちが、一人もカキフライをたのまなかったら、とても寂しそうな顔をして「一人でもいいからカキフライを食べてくださらないかしら!」って。
    うちの父さんの作る料理はどれもおいしくお薦めだけど、でも今の季節は牡蠣そのもののおいしさにはかなわないから…って。
    その情熱に負けたおじさん。
    牡蠣のフライと鯖の塩焼きのセットをとって、一口食べて飛び上がってた。
    これ、本当に旨いぞぉ…、って他のおじさんと分け合ってみんなでかなり盛り上がってた。

    そうそう、ここのイカフライ。
    細切りにしたイカの切り身をよじれるようにカラっと揚げて、とてもおいしそうに出来上がってた。
    牡蠣の季節じゃないときはあれを食べにきましょうか…、と。
    ミルクを飲みつつそう思う。

    ラッキデーの一つ手前で足踏みをする、雨の午後。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    カキ
    何故か、無性に食べたくなり・
    昨晩は、牡蠣鍋にしました!!
    旨い・・旨い・・
    最後は、雑炊・・・・
    満足  満足 
    この時期は、何でかんでも
    旨い季節、神様に感謝

    元気ですか!!
    私は元気です!!     
    問題児(岩手)さん / 2009/11/17(Tue) /
    昨日
    > 問題児(岩手)さん
    昨日、ボクがエビドリアを食べている横で、放浪者さんがひたすら牡蠣ドリアを食べてました。
    そのとき、よし、明日はカキフライだと決心したのでありました(笑)。

    元気ですよ。
    この元気を早く仕事に向けたいなぁ、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2009/11/17(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    魚続きで、すずな食堂 HOME 最後の一個のルノアール
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]