忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    自宅の近所の越後料理屋「匠」という店。

    takumi.jpgオフィスビルの地下にひっそり店を構えてる、だから先週までこの場所にあるってことを知らなかった。
    小さな階段。
    小さな看板。
    商売っけがあるのかないのかわからないほどさりげなく、ホームページを検索したらなんと毎日、明け方4時まで営業してる。
    引っ越しがまだ終わった訳ではないけど、一応、ひとつの段階クリアして、それで蕎麦でもたぐろうか…、って。
    それで階段、タンタン降りる。

    時間は夜の10時半ほど。
    なんとビックリ。
    お店の中にはギッシリ、ほとんど開いたテーブルすらもない状態のお客様。
    へーっ、こんなところにこんな繁盛店があったなんて。
    ビックリしながらカウンターにつく。

    越後料理の代表のこれ。

    fbad7fc7.jpegのっぺ。
    椎茸、レンコン、ごぼうにニンジン、里芋、こんにゃく。
    どれも同じく一口大に小さく切って、なめこに銀杏。
    出汁で煮込んで塩で味を整えて、キンキンにさまして食べる。
    塩味の冷たい筑前煮みたいな食べ物で、新潟の宴会には欠かせぬ料理。
    日本酒飲んで、ポワンとあったまったお腹にこれがひんやりおいしく、汁をすくってのっぺを体に入れるたび、酔いがリセットされるがごとしで、お酒がついつい進んじゃう。

    クニュクニュっとした椎茸が、前歯をくすぐる。
    シャキシャキ、ごぼうの繊維の歯ごたえ。
    コツコツ、レンコンが奥歯をたたき、お酒をおいしくおねだりをする。

    五色納豆。

    0ec9ee36.jpeg納豆、タクアン、マグロにネギ、キュウリ。
    茶色に黄色に赤、白、緑。
    海苔の黒まで混じって九星気学のような色合い。
    よく練って、食べるとコツコツ、カリカリ、トロトロ、いろんな食感が一度に口に入ってきて、たのしいことったらありゃしない。
    ご飯のおかずというよりも、酒の肴にピッタリなこれ。
    マグロのムッチリ、ネットリとした感触が見事に引き立つ。
    不思議なほどに納豆の臭みが消える。
    多分、タクアンの匂いと出会って発酵系の匂いがおだやかになるんでしょうな…、食べ易い。

    栃尾の厚揚げにのっけて食べる。

    0851d471.jpeg越後料理のこれまた代表的なる素材の分厚い厚揚げ。
    軽くあぶって、中に刻んだネギを突っ込む。
    醤油をかけてハフっと食べると、揚げた豆腐の表面のサクっと軽い食感と、プルンとやさしくなめらかな豆腐の旨味が両方一度にたのしめる。
    お店によってはここに納豆を挟んだり、味噌をぬって味わいを足す。
    けれどさっきの五色納豆。
    タップリのっけて豆腐を食べると、カツカツシャキシャキネットリに、ふんわりサクサクまでもがあわさり無敵な味わい。
    いい感じ。

    もち豚グリル。

    929a8822.jpeg風味香ばしい何かを焼いた料理が欲しい。
    そう思ってメニューをみたら、銀ダラ西京焼きであったり、鶏の塩竈焼きなどがある。
    けれど中でも「もち豚」ってそのフレーズに惹かれてこれをとってみて、ああ、良かったと思わず納得。
    分厚い肉をちょっと大きめにそぎ切ったもの。
    こんがり焼かれて、噛むと前歯でさくっと歯切れる。
    これがもうちょっとでも小さければ、噛まずにそのままパクッと食べた。
    このサクっと感を味わうことをしそこなったら、この味わいの半分程を知らずに食べることとなる。
    程よいサイズに感心し、おろしポン酢に赤唐辛子のゆず胡椒をタップリ混ぜた辛辛ダレにもまた感心す。

    ここの料理はどれを食べても本当においしい。
    しかもテキパキ、待たせず料理が次々出てくる。
    それほど大きなお店でないのに、調理人が3人ピタっと厨房の中に貼り付いて、次から次へと料理を作る。
    どんなに料理がおいしくっても、提供するのに時間がかかってしまうと台無し。
    この店、結構、めっけ物。

    〆の蕎麦。

    3d923729.jpeg越後のへぎそば。
    ふのりをつなぎに、だからネットリ、気持ちよいぬめりをもった頑丈な麺。
    つやつや、水をタップリ含んで、けれど決してみずっぽくない。
    タレをタップリ。
    ザブザブつけて、そのタレを麺と一緒に吸い込むようにしてズルズルたぐる。
    江戸の蕎麦だと無粋といわれる、タレを飲むよに味わうスタイル。
    飲んだお腹にこれがまたまたひんやりと良い。

    夜、更けていく。
    なのにお店には次々、新客やってきて賑わい途切れず、なんだかワクワク、たのしい夜とあいなりました。
    また明日。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ホットドックパワーで!
    引っ越し頑張ってください!
    新しい場所にも美味しい出会いがたくさんあるといいですね。
    チンプイさん / 2009/08/01(Sat) /
    まだまだがんばり中
    > チンプイさん
    まだまだキチンとは片付かず、まだまだがんばらなきゃいけない状況。
    でもチョッとづつオフィスらしくなってくるのが嬉しかったりします。
    がんばりますね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/01(Sat) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ホットドッグを焼く土曜 HOME 新三陽
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]