忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    日本橋にてビジネスランチ。

    coredo.jpg丸の内という街に比べて日本橋という街。
    商いの街としてずっと日本橋の方が格上で、にぎわっていた。
    江戸時代から続く老舗が今でも軒をならべていはするけれど、今、この瞬間にどちらの街に勢いがあるかといえば、それは疑いもなく丸の内。
    モノが船にのって行き交ったかつては橋のある日本橋。
    人が電車にのって行き交う今は駅のある丸の内。
    人やモノが集まる場所が栄える習いは今も昔も変わっておらず、その方法や手段、目的が変わっていくから街が変わっていくのでしょうネ。

    とはいえ日本橋も一生懸命。
    今年は新造ビルの開業ラッシュで、人を集める努力を必死にやっている。
    中でも「室町COREDO」というビル。
    日本橋のかつてのにぎわいを代表している三越本館の向かい側にできた複合施設が今は、一番人気。
    視察をかねて、やってくる。

    カフェ・エメ・ヴィベールというビストロにきて、ランチとします。

    eme.jpg麹町にある星持ちレストランがプロデュースした気軽なフレンチ。
    日本橋のメインの通りに面した新築のビル。
    1F部分はオフィスビルって感じじゃなくてまるでショッピングモールの入り口みたいな雰囲気。
    小売り店やらアンテナショップの入り口が直接、通りに向かって口を開けてるちょっと商店街のような雰囲気もしていてたのしい。
    中でも有名かつお節屋さんのショールームから、出汁の香りがしてきてなんだかお腹が空いちゃう。
    その一角に入り口がある。
    中に入ると鰻の寝床。
    それほど広くはない間口の店で、厨房挟んで奥へ奥へと店が続いていくのだけれどそのほとんどが通路のようなスペースにカフェテーブルが置かれてる。
    春先なんかには窓を全開してテラスのようになるのでしょうけど、全部窓がしまってしまうとちょっと息が詰まっちゃう。

    4f9b117e.jpeg店の雰囲気はいわゆるビストロ、あるいはブラッセリーという感じ。
    落ち着いた色合いの木貼りの壁に、モザイクタイルの床にしっくい壁の天井と、パリな感じで悪くはない。
    ランチメニューも、キッシュやサラダや、クロックムッシュ。
    今日の魚や肉の料理。
    そしてお馴染み、ステックンフリッツが用意されてる。
    ココは一つ、やっぱりステーキと、ステックンフリッツをたのんで食べる。

    見事に分厚く、しかも大きなリブロース。
    ビストロででるステックンフリッツの中ではまずは最高クラス。
    サクッと切れる肉質も良し。
    脂控え目、赤身がおいしく噛むとジュワッと肉汁が来る。
    その肉汁のうま味豊かで、しかも最後に酸味がサクッと残って消える、味わい見事で焼き加減も最高に良い。
    見た目、ソースがもっと主張するかと思いきやほんのり塩味を与える程度で肉の風味を邪魔しない。
    なかなかレベルが高くて感心。
    ただ残念なのが、サイドに添えたフリッツが揚がり具合が浅くって、ヘナッとしていてやわらかいとこ。
    厨房の中に突っ返し、二度揚げしてよ…、ってたのみたくなる、我慢する。

    3b3004cc.jpegセットに付いたスープも旨い。
    肉の旨み。
    野菜の甘みが溶け込んだ、サラッとキレイに仕上がってるのにとても複雑。
    舌の上を転がしながら、いろんな味を味わうたのしみがあるスープ。
    ジェノベゼソースで風味づけをして、しかも熱々。
    これを持ってきてくれた人が、本当に熱そうな表情をして器を持ってた。
    ためしに触ると本当に熱く、なんだかとても申し訳なくなるほどで、下皿つけてあげればいいのに…、って思ったりした。

    今日のお肉が豚肉ロースト。
    これも表面サクッとやけてて、タマネギ炒めて甘味を出したまるでオニオングラタンスープのような味わいのソースがおいしくいい料理。
    調理の腕はかなり高いとお見受けします。
    ただどうだろう。
    パンがおいしくなかったり、サービススタッフがちょっとボンヤリしているところが勿体ない。
    サービス自体も若干荒っぽさを感じてしまう…、まだできたばかりで予想以上の賑わいのためいろんなコトが雑になってしまっているのかもしれません。
    厨房の中には魂と熱い情熱があるのだろうけど、それが表に出てこない。
    もっと笑顔でにこやかで、お客様にたのしんでもらおうって言うサービス精神が出てきたら多分、いい店になるんだろうに…。
    ちょっと残念、今度は夜に来てみよう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    美味しそうなお肉達。
    食べたい…。
    ランチは平日だけなんですね。
    残念…。
    lovekuma69さん / 2010/11/15(Mon) /
    ランチ以外も
    > lovekuma69さん
    ランチ以外もかなりお値頃。
    むしろメニューの縛りのないランチ以外の時間帯の方が、オモシロイのじゃないかと思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/11/15(Mon) /
    三越の斜向かい・・・
    ライオンさんの横に立って「おお、あれが朝の番組でやっていた・・・」と眺めていたのを思い出します。
    いつか行ってみたいです~。
    アメリカにいると、日本が恋しくて行きたいところだらけ。
    実際に行くと、結構行けないものなんですけどね。
    やっぱり次回は都内ステイかなあ・・・と思っています。
    スープが美味しそうに見える、そんな季節にサクラメントもなりました。
    ねえねえさん / 2010/11/16(Tue) /
    日本橋
    > ねえねえさん
    日本橋のこの界隈は、丸の内にはないちょっと不思議な空気があります。
    ロサンゼルス的でない、ちょっとサンフランシスコに似た雰囲気とでもいいますか。
    東京のホテルも随分、手頃な値段になりはじめています。
    東京ステイを次回は満喫されるといいですね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/11/16(Tue) /
    ラミティエ
    この記事でステーキフリッツを見てからどうにも頭を離れなくて
    高田馬場のラミティエってフレンチレストランに行った時に思わず頼んでしまいました。
    山盛りポテトとハラミステーキ美味しゅうございました満足。
    れきさん / 2010/11/18(Thu) /
    オトコブリの良いビストロ
    > れきさん
    ラミティエもなかなかに男ぶりの良いビストロですよね。
    ちまちま、見た目ばかりを気にするのでなく、ガッツりとおいしいモノをタップリ食べさせてくれるお店が最近、いいなぁ…、と思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/11/18(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    千疋屋のちデパ地下ディナー HOME ふわトロ玉子のドトールモーニン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]