忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    イベントの夜。

    6b72163d.jpeg小笠原伯爵邸にて恒例となったイベント「スペインナイト」。
    今年でもう4回目ほどになるでしょうか?
    ここがレストランとしてスタートした際、一番、勢いがあった料理がスペイン料理。
    エルブリなる世界中から美食家があこがれをもって集まる気鋭のお店がリードして、独創的な料理が次々生まれる勢いのある国。
    その料理をテーマにここならではのスペイン料理を軸にしましょう…。
    と、独自のスタイルを作り出し折角だからその新しい料理を気軽に、一人でも多くの人にたのしんでもらいましょう、とそれで出来たイベント。

    フラメンコあり。
    疑似カジノのコーナーありと、出し物さまざま。
    お酒にピンチョスと、料理もさまざま。
    …、ではあるけれど、ここで一番のご馳走と言えば日本には珍しい本物の洋館建築そのものと、裏庭、中庭、屋上庭園と屋内と屋外が次々、層をなすようにやってくる不思議な空間。

    d6ec7108.jpegよい建物とは、見通しのきく伸びやかな空間のかたまりと、居場所をかえるごとに景色が変わる複雑な構造の組み合わせ。
    100人ほどもが一堂に会せるほどの大空間の、そのすぐ横に恋人たちが愛を語るにふさわしい屋上庭園に続く小さな踊り場がある。
    シガールームの椅子に座ってみる光景と、立ち上がってみえてくる景色がまるで違ってみえる。
    かつて人が本当にココで住んでいた場所だからこその親密でドラマティックな空間にひとときウットリ。
    まるで渡辺篤史の建もの探訪みたいな気分にしばし身を置く(笑)。

    何しろ小笠原伯爵の邸宅…、でありますからして。
    ココを改修工事中、たまに小笠原伯爵「亭」って宛名で荷物が届いた。
    これじゃぁまるで、どっかの落語家みたいだよネってみんなで吹いたりしたけれど、「だれそれさんの邸宅」って名前のお店は他に例を見ないですもん。
    しょうがない。

    パーティーフーズがタップリ揃う。

    2f0718cf.jpegテーマはスペインのピンチョスで、そもそもピンチョス。
    スペインのバルの一般的なおつまみ料理。
    カウンターで立ち飲み感覚。
    お店、お店に自慢のピンチョスが置かれてて、そのほとんどが刺した楊枝でパクッといける。
    あるいは手づかみ。
    ナイフフォークを使わず食べる、その気軽さとわかり易い美味しさにレストランで食事するのがバカらしくなっちゃうくらいに、たのしくおいしい。
    バルそれぞれに自慢のピンチョスがそれぞれ違って、だから自然と、一軒そしてまた一軒。
    はしご酒ならぬ、はしごピンチョスをしているうちにお腹いっぱい、千鳥足。
    …、ってそんなスペイン的なるたのしみ。
    料理をつまみ食べながら、酒を片手に次の料理に立ち向かってく…、っていう立食パーティーの楽しみ方ににてるよなぁ…、って。
    そんなことを思いつつ、ハモンセラーノ、オリーブ、チーズと次々お腹におさめてく。

    f26fca0d.jpeg天気もよい。
    気温もほどよく、庭に出るととても快適。
    イベリコ豚のグリルであったり、ホタテのローストがバーベキュー感覚で焼き上がってく。
    空の下。
    まるで美食のお祭りですな。
    庭に屋台。
    浴衣ならぬドレスをまとった女性がそこに行列作るステキな景色。
    人気のある屋台には驚くほどの行列ができ、けれどみんなお行儀よく笑顔で並ぶ。
    片手にお酒。
    星の下ではみんなのんびり、不思議と待ってる時間がまるで気にならぬ様。

    それにしても熟成させたハモンセラーノっていうのを配ってて、これがなんともおいしかった。
    脂をほとんど無くしてしまって、カラカラっと乾いてる。
    天狗印のビーフジャーキーみたいな色で、ところがまるで肉を感じさせぬサッパリとしたコクある旨味。
    鰹節+カラスミにベーコンの香りを足して乾かした。
    そんな味わい…、ビックリ、舌を巻いちゃった。

    一番人気の料理はパエリア。

    61fd2d33.jpeg大きな鍋で、炊きながら焼く。
    出来てる間中、ずっとおいしい匂いがしててもう最初から早く出来ないかなぁ…、ってウズウズしてた。
    イカに小柱、鶏肉とタップリの具の旨味がお米にしみ込んで、〆でもあるし酒も飲めるという料理。
    炊き込みご飯もいいけれど、大きな鍋でこうして作るダイナミックなご飯もステキ。
    知らずにお腹いっぱいになっていた。

    それにしても日本の女性のパーティー上手には感心します。
    カジュアルにでも華やかに装う姿がとてもステキで、背筋が伸びた後ろ姿にもウットリしちゃう。
    それに比べて男の人たち。
    カチっとフォーマルスーツできめちゃうと、ウェイターさんと見分けがつかない。
    ちょっとカジュアルに着くずすと、レオンなホストにみんななっちゃう。
    パーティー会場で目立つ女性は背中が命。
    一方、男は胸板勝負。
    ボクも最近、少々、胸が寂しい感じ。
    ちょっと反省、がんばろう(笑)。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    肩甲骨の直下辺り
    が引き締まってると本当に羨望!です。

    今日はH&Mのオープニングで
    シャンパンとカップケーキでした。

    男性は身体の厚みですよね。
    男女問わず、身体が資本ですのう(笑)
    たばきちさん / 2009/09/18(Fri) /
    厚みのある人生
    > たばきちさん
    厚み。
    体も人生も厚みが勝負。
    心がけたいものであります。
    カップケーキにシャンパンという組み合わせ。
    なかなか気がきいていておもしろい。
    H&Mも明治通りを一直線に北上ですね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/18(Fri) /
    無題
    パエリア食べたい
    今何も食べる事が出来ないので、写真で我慢しなす
    ぶー110さん / 2009/09/18(Fri) /
    食べる元気
    > ぶ−110さん
    料理の画像をみる元気がある、ということにホッとしました。
    今度、お目にかかるときにはさて、何をたのしもうか、と今からワクワク。
    もう一息です。
    がんばりましょうね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/18(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ミートソースにしめじの穴 HOME カレーチャーハン・大沢食堂
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]