忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    居酒屋の天狗がはじめた、新しい業態。
    テング酒場

    tgsb.jpgもともと安売りでなく、「安く感じてもらう」ことに一生懸命がんばってきた居酒屋チェーンが、今まで以上に「安く感じる」お店を作ろう…、と。
    それでできたのがこの店で、今の時流に乗っかって、かなり評判がいいんだという。
    それで来てみる。

    お酒を飲もう…、ってそういうと、「刺身」か「焼き鳥」。
    そのどっちかが双璧で、しかも「ビールを気軽に」ってなお絞り込むとお刺身よりも焼き鳥の方が、安くてしかもたのしくて良い。
    たとえば新橋ガード下に、似合う料理は生の魚より、煙でモウモウ焼き上げた串焼きの方…、っていうのとおんなじ。
    そこでここ。
    思い切って刺身をはしょって、炭焼き串に注力をした。

    ab323e92.jpeg潔い。
    しんみりよりも、元気いっぱい「ガハハ」と笑う声が似合う店。
    いい感じ。

    串焼き料理がかなりの種類、揃ってて、カウンター越しの厨房の中では煙、モウモウ。
    ものすごい勢いで焼きあがってく。
    この、「ものすごい勢い」っていうのが気軽な居酒屋では大切なところで、どんなにおいしく出来上がっても、たのんで延々、待たされたりしたら気持ちがさめて盛り上がれない。
    屋台スピードで、屋台クオリティー。
    出来上がってくる焼き鳥たちも、決して悪くない焼き上がり。
    タレも、塩も味わい深くて、酒の肴に不足なし。

    一方、魚は?というと、季節のお勧めに何品か。

    4c259712.jpegたとえば鯵のフライなんてのが、今のおすすめ。
    鯵の切り身を小さな同じサイズに切って、パン粉をタップリはたいて揚げる。
    外はカリカリ。
    中はシットリ。
    青い魚独特の、しっかりとした風味があって、けれど決して匂いはしない。
    多分、刺身で食べようとすれば食べられなくはない状態。
    けれど、刺身にしようとしたら大きさ、形を揃えなくてはいけなくなって、それが値段に跳ね返ってくる。
    だから揚げ物。
    身の程しった商品作り…、とでも言えばいいのか。
    好感持てる。

    それから野菜。

    a1c9f95b.jpegキャベツのオーブン焼きというこれには、正直、びっくり。
    六つ割りにしたキャベツをそのまま、土鍋に入れてそこにペペロンチーノソースをかける。
    オリーブオイルに塩、ガーリック。
    それにほんの少々の唐辛子。
    それをオーブンに放り込み、表面に香ばしい焦げ目がついて出来上がり…、っていう、簡単なのだけれどおいしい料理。
    キャベツの甘さ。
    アクセントにしたガーリックチップのカリカリッとした歯ごたえも、とてもたのしく食べ始めると止まらない。

    野菜のペペロンチーノ風って、多分、これからはやる料理のひとつじゃないか…、ってボクはひそかに思ってる。

    それから大きな茶碗蒸し。

    86d61b46.jpegここは玉子料理にも力を入れてて、出汁巻き玉子とか、あるいはもつ煮と一緒に煮込んだ煮玉子。
    男性という生き物。
    玉子が好きにできていて、たとえば洋食屋さんで男性客を喜ばせようと思えば、オムライスやハンバーグの上の玉子をおいしくすればいい…、ってよくいいますもん。
    しかも玉子は、原価のかからぬ食材でもあり、食べ手も喜ぶ、店も喜ぶ、よき食材。

    でもって居酒屋における茶碗蒸し。
    ボクはいいなぁ…、と思いました。
    お酒で冷えた喉にやさしい。
    お酒に疲れたお腹をそっとやわらかく、包んで癒してくれるよう。
    不思議とこれをフルンと食べると、食欲も湧く。
    お酒もますますおいしく感じる、まるでステキなリセット剤。

    本家天狗とここの一番違ったところは、食事メニューが充実しているところでしょうか。
    たとえばお好み焼きや焼きそば、ソース焼きうどん。

    2a0bb5de.jpeg〆というより、それを食べつつ、お酒も飲める。
    つまりすきっ腹にお酒を注ぐと、体に悪くすぐ酔っ払っちゃう、そんなことのないようにおしのぎ的に味の強い炭水化物。
    悪くないなぁ…、って思います。
    しかもここのお好み焼き。
    フンワリとした大阪焼きというよりも、ちょっとシットリ。
    もんじゃ焼きとお好み焼きの中間みたいな食べ心地にて、ソースの味がかなり濃厚。
    だからお酒を呼び込む味わい。

    で、感心したのがお好み焼きの中の玉子。
    普通は生の玉子を目玉焼き状にしてお好み焼きに貼り付ける。
    なのにここのは、崩したゆで卵を生地にあらかじめ混ぜ込んで、それから焼いてる。
    これなら手間は一手間で、しかも玉子の焼け加減を注意しなくても焼きあがる。
    一度に大量の料理を作る…、ための工夫でありながら、茹でた白身のツルツルンとした食感がとても軽快で、しんなりキャベツと相性がよい。
    これはこれでひとつの料理。
    おもしろい。

    それから〆のカレーチャーハン。

    2acd38f3.jpeg他にも中華そばであったり、冷やし中華であったりと、驚くほどに多彩な〆が揃う中、これ選んだのが、常連風のお客さんが、お店に到着。
    座ってビールで乾杯直後にたのんでビールと一緒に食べ始めたのがこのチャーハンだった。
    へぇ、おもしろい…、って思ってそれで食べたくなった。

    食べてみて…。
    なるほど、なるほど。
    胡椒や、パプリカ、カイエンペパーと、カレー風味以外にいろんなスパイスのフレーバーや辛さがかなり強烈で、たしかにコレでお酒も飲める。

    お店に入ったときからほとんど、ずっと満席。
    しかもかなり回転早く、飲みなれた人の気軽なお店。
    そう思います。
    かなりここは、お気に入り。


    さてさてところで、この画像。



    月探査衛星「かぐや」が撮影した、月面20km上空から眺めた月の映像。
    NHKが世界に誇るハイヴィジョン映像で見る月の景色の、なんとクリアで艶っぽいコト。
    40年前、アポロ11号が月面着陸を果たしたときの、あの映像とは雲泥の差。
    技術の進化のすばらしきコト。

    そういえば、最近、月を見上げるコトが少なきことに、ため息をつく。
    上向いて、歌、歌いながら歩きましょうか。
    月がとっても青いから♪

    拍手[0回]

    PR
    たこ焼きの築地銀だこが、サントリーとのコラボレーションでハイボール酒場を作った…、という。

    gindako.jpg場所は新宿、歌舞伎町。
    ハーゲンダッツがあった場所。
    東京の中でも一番、アジア的なる歌舞伎町。
    それはそのまま「浪速指数」がもっとも高い場所だと翻訳することもでき、だからかアイスクリームショップがあるよりたこ焼き酒場の方が、居心地よさげでいい感じ。

    実はハイボール。
    ジワリジワリときているんです…、業界的に。
    炭酸ブーム。
    安く飲めてしかもどんな料理にでも合う。
    ライト感覚で、飲み続けても疲れない…、という今までのどんなアルコール飲料にもなかった今的な特徴がいいんでしょうネ。
    特に立ち飲みっぽく、ササッと飲んで後腐れなく…、っていう楽しみ方にはぴったりくるに違いない。

    ためしてみます。

    da0ff7c4.jpegお店の入り口、目立つ場所にハイボールタワーがたっていて、そこから次々、プシューップシューッと凄い勢いで泡にまみれた液体がジョッキに注ぎ込まれています。
    飲まなくっちゃ…、って喉がなる。
    炭酸分がものすごく強くなってるんでしょう。
    口をつける前からバチバチ、鼻先めがけて炭酸の粒が飛んでくる。
    ゴクンとやると、喉が一瞬、やけどしたんじゃないかというほどの刺激が一気にやってきて、後からウィスキーの風味と香りがやってくる。
    お酒を味わうというよりも、刺激をたのしむという感じ。
    これから暑くなってく夏に、どんどんおいしくなるんだろうなぁ…、って思ったりする。
    これ、はまる。

    03bce4e0.jpegたこ焼きも銀だこの定番モノ以外に、お酒に合わせた企画物が結構そろう。
    四川風だとか、タイ風に辛く仕上げたものだとか、あるいはレタスに包んで食べるメキシコ風とバチバチハイボールに負けず劣らず刺激の強い味になってて、こちらもかなり面白い。

    長居する店ではないでしょう。
    この店一軒で満足しようと思ったら、それはお門違いなそんな単純。
    でもたのしい。
    1000円程度で買える大人のたのしみとして、これ、よくできてる…、ってそう思います。
    おもしろい。


    仕上げに「のだぴん」

    1ab692b7.jpeg新宿アルタ裏にあって、サラリーマンやおじさんたちのサンクチュアリのような居酒屋。
    沖縄料理に魚に家庭料理が数多く、ズラッとそろってしかもひとつひとつが丁寧なでき。
    肉じゃがとると、まるで豚の角煮を薄切りにしたよな肉がタップリ。
    芋は芋。
    たまねぎはたまねぎで丁寧に煮たのをひとつにあわせて焚いたのがくる。
    甘みが強くて汁をゴクゴクのめるほどにすっきりしてて、体がほっこりしてくるような味がおじさんを呼ぶんでしょう。

    ボクらの隣でずっと飲んでたおじさんが、焼酎のかたわらに置いてた料理がちらし寿司。
    それ以外に肴もつまみも置かれておらず、しゃりの上に貼られた寿司ネタを一枚、一枚、つまんでそしてグビッと粋に酒、あおる。
    程よいところでしゃりをつまみ、またグビッ。
    かっこいいぜ…、オヤジ!って声を思わずかけたくなるよな、堂に入ったさまにウットリとした。

    〆にここの名物、ドラゴンロール。

    dragonroll.jpgカニのほぐし身をマヨネーズで和えたのをまずは芯にして、穴子とアボカドをロールに巻いて、甘いタレをタップリと塗る。
    ゴマをパラッと風味付け…、という、口の中にてとろける味わい。
    なぜこの店にくるのか?と問われれば、ドラゴンロールがあるからです…、って迷わず答える。
    お気に入り。

    ちなみにここでドラゴンロールをお願いすると、必ず鉄火巻きがサービスでつく。
    しかもこの鉄火巻き。
    必ず一個か、二個はわさびタップリの大当たりのが紛れてる。
    ちょっとたのしい、おもてなし。

    拍手[0回]

    前のページ HOME
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]