忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼はユックリ、部屋で飯でも…、と思っていたけど友人からのお誘い受けて新宿にでる。
    何をどこで?と思案して、心置きなく満腹気分にしたりたいと。
    それで丸井の上のプレミアムバフェを選んできます。

    0da37e18.jpegとはいえボクは先日の人間ドックのちとショッキングな結果を受けて、野菜中心の品揃えとす。
    リゾット少々。
    周りに野菜をタップリ添えて、豆の煮込みをコロンと添える。
    ちょうどカルボナーラのパスタがカウンターにやってきて、カリカリベーコンにトロトロソースがとても艶っぽくあでやかで、それでそのソースとベーコンだけをリゾットにかけ、カルボナーラリゾットにして食べてみる。

    ホツホツご飯。
    キッチリ芯を残したアルデンテの状態で、しかもパスタに比べて良い状態が長続きする。
    ここはオープンしたときからパスタとピザが売り物で今日もかなりのスペースをその両方が占めていた。
    けれどどちらもおいしい状態である時間がとても短く、時間が経つと手を出されずに残ってしまう。
    そもそもパスタやピザがもう珍しいモノじゃなくなって、だからかかつてのようには人気がない。
    いっそ、ご飯やリゾットにいろんなソースをかけてどうぞ…。
    なんて提案のあるプレゼンテーションをすればいいのに。

    そう思いながらこんな一皿。

    1a07dcb0.jpeg白ご飯。
    京つけものやおひたしならべて、和風バフェ飯をしつらえてみる。
    結構、これがおいしそう。

    15分おきほどに炊きたてご飯がやってくる。
    数種類の味噌汁と、日本全国のお漬け物。
    焼いた魚。
    卵焼き。
    新鮮野菜のおひたしや、キンピラ、煮物がズラっと揃う。
    なんならボクは苦手だけれど、いろんな風味の玉子を生でそろえてあげて究極玉子かけご飯を心行くまで食べてもらう。
    一日中、朝ご飯を食べる気分のバフェなんて、かなりいい線いくんじゃないか、と思うんだけど。
    ところてんや、わらび餅やらかき氷。
    日本風の甘味もバフェに加えてやれば、年齢問わずいろんな人を呼び込めるんじゃないのかなぁ…、って。

    かき揚げうどん。

    70523c52.jpeg天ぷらコーナーに置いてあったかき揚げとぶっかけうどんを合体させて作った今日のオリジナル。
    不思議なほどに今のうどんは茹でてしばらく放置してても、伸びたり風味が損なわれたりしないように出来ている。
    粉の磨き方、配合方法。
    いろんな工夫がなされてて、でもほったらかしても伸びぬというコト。
    それはそのまま、お腹の中でも消化されずにずっとそのままそこにある…、ということでもある。
    なやましい。

    実は前回来たときも天ぷらコーナーはにぎわっていて、けれどそのときはエビや白身魚の天ぷらが次々揚がってやってきていた。
    けれど今日はこのかき揚げだけ。
    ちらし寿司の具材も穴子と蓮と椎茸ばかりで、この前あったエビ、タコ、イカがなくなっている。
    野菜の種類も減ったみたいだし。
    コストダウン&プライスダウンという生き残るための必死の政策。
    ちょっとさみしい。
    なによりそもそもこうしたバフェという業態が人気、不人気の分水嶺に置かれているよなそんな気がしてかなりさみしい。

    そういえば今日のバフェ。
    ドリンクバーがインクルードじゃなく、追加でたのむようになってた。

    c9a92c5e.jpegちょっとだけでも安くしよう…、っていじらしいほどの努力の後。
    とはいえたった199円のコトでもあって、結果、見ればほとんどの人がドリンクバーをたのんでる。
    なんだか切なくなっちゃった。

    グラスに氷をタップリいれて、メロンソーダをジュワッと注ぐ。
    ソーダ中心のドリンクバーの前に立つと、不思議とこれを注いで飲んじゃう。
    チープな味わい。
    でもなぜかしら懐かしく、なにより緑の色が目に鮮やかで元気がでてくる。
    4杯お替わりしてしまう。

    日曜の午後。
    街に人は溢れかえって、なのにここは待つ人もなくお店の中はほぼ半分ほどの埋まり方。
    マルイの一階のアイスクリームショップには目眩するほどの行列があり、みんなニコニコ笑顔でジェラート、舐めている。
    もっと賢く。
    もっとたのしく。
    飲食店の未来にはなにが待っているのか…、もっと勉強しなくっちゃ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    南昌飯店で飯喰らう夜 HOME スモークサーモンクリームチーズ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]