忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    打ち合わせをかね、昼の会食。
    シズラーにくる。

    sizzler.jpg野菜をたっぷり食べましょう…、と。
    それでメインディッシュはとらずに、サラダバーだけのランチとします。
    健やかに。

    肉をタップリ食べましょう…、というようなとき。
    肉のお供がビールだったら、まず間違いなく焼肉でしょう。
    ワインを飲みたい…って思ったら、ビストロに言ってステックンフリッツを洒落てみる、という選択肢もありはするけど、でも大抵は「ご飯のおかずにお肉を食べよう」っていうことになる。
    シズラーのようなお店のステーキは、残念ながらご飯をモリモリ食べるのには不適なステーキ。
    アメリカ的の限界でしょう。
    だからここではサラダバー。
    サラダを食べにステーキレストランにやってくる…という、なんとも不思議なこの行動。

    ここにくると、不思議なほどに同じお皿を作ってしまう。

    04bbe3db.jpegご飯を真ん中。
    葉っぱ野菜と豆やコーンをどっさりのせて、ノードレッシングにタコミート。
    シュレッドハムで彩りを。
    セロリスティックに歯ごたえかりて、酢漬けのハラペニョでアクセントを付け、メルトチーズをタラッとかける。
    ザクッと混ぜてパックリいくと、メキシコ寄りのタコライス。
    パラパラとしたご飯の食感。
    シャクシャクとした葉っぱと、それからホツホツの豆。
    食感にぎやか。
    みずみずしくて、体が潤うお気に入りの一皿目。
    毎日こうした食事であれば、お医者様にも叱られるまい。
    そうもいかぬのが、どうにもこうにもボクの食欲。
    健康的より、B級ガッツリが性に合うようなそんな気がする。
    なやましい。

    二皿目からはその日の気分で盛りつけるモノが変って、今日は甘いポークカレーにポテトサラダのお子ちゃまプレート。
    それにチャウダー。

    1fa949ae.jpegソーダクラッカーをワシワシっと砕いてのっけて、サクサク食べる。
    ここに限らず、ロイヤルホスト系のレストランのチャウダーはキチンとおいしい。
    粉っぽくなくクリーミーで、しかもスムーズ。
    その上、今日はランチのピーク前にやってきたからでしょう。
    ソースポットの中にはタップリ、アサリやジャガイモのの具材がごろごろ沈んでて、具沢山をたのしめた。
    バフェにおかれたカレーやスープ、あるいはシチュー。
    最後の方には具材抜きのただのソースや汁になっちゃったりしてかなり悲しい思いをします。
    そういいながらも、やっぱり具材をいつも以上にたくさんカップに注ぎいれちゃう、ボクがいました。
    ごめんなちゃい。

    ソフトクリームをデザートにして、アイスティーにて打ち合わせ。

    f0e0dd1b.jpegストレートのアイスティーに氷をわんさか。
    そこにバフェにおいてある、パイナップルをグサッと突き刺し、ロイヤルホストの古きよき時代の伝統的なるトロピカルアイスティーの姿にしてやる。
    ほんのり甘みと酸味が紅茶をおいしくします。
    パイナップルのちょっと苦味を帯びた香りが冷たい紅茶を引き立てる。
    たとえばここにフレッシュのオレンジを皮ごといれると、皮から出てくる油とエグみで紅茶のフレーバーが台無しになる。
    パイナップルならその心配がない、これがとっても理想的。

    それにしてもドリンクバー。
    ブレインストーミング系の打ち合わせにはありがたい。
    お替りを呼びつけるのでなく、立ち上がって自分でとりに行くその行為が、気分転換になるのでしょうか。
    お替りごとに新たなアイディアが湧いてくるのがとてもうれしい。
    おかげでステキな打ち合わせとあいなりました。
    ありがたい。

    お店の中にあふれる香り。
    パンが焼ける甘い匂いや、グリル料理が仕上がる直前のこげた油の香ばしさ。
    ああ、アメリカの匂いがする、ってちょっと気持ちが上がったお昼。
    空は若干、不機嫌顔で、週末に向けちょっと崩れる気配なり。
    さぁ、がんばって、一仕事。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    マカロニグラタンの
    角っこのチーズがカリカリのところがあると、欲張ってしまいます。
    シズラーのサラダバー。
    パルミットが出てると、おトクな気分になります。
    シチューのように高濃度なクラムチャウダーは、外せません。

    サラダドレッシングが選び放題かけ放題だったり。
    ソフトクリームにチョコがけのフルーツとコーンフレークのせてみたり。

    お子さまモード入りますね。
    たばきちさん / 2009/06/05(Fri) /
    ミックスソフトで
    > たばきちさん
    昨日もソフトクリームをねりねり、上手にもりつけることができるかなぁ…、って、かなり真剣になってしまいました。
    グラタンのチーズのこげたところ。
    あそこだけを選んで装って、ご飯にのっける。
    あれ、ひそかなご馳走です。
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/05(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ベーコンチーズのおむすびのコト HOME 梅干とZERO
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]