忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夏休みあけの最初の昼を、どこでとろうか?
    思案しながらテクテク散歩。
    気づけばほとんど巣鴨という場所。
    地下鉄一駅ほどを歩いて、それでみつけた中華料理店。

    「龍家菜」なる中華レストラン。

    ryu.jpg古色蒼然としたオフィスビル。
    二階の突き出た軒下に、真っ赤な中華ランタンと旗がたなびく。
    そこだけみればまるで台湾の大飯店の前にいるよな、そんな迫力ある外観に誘われてくる。
    気の遠くなるような螺旋階段をグルグル回って、ようよう二階にたどり着く。
    多分、昔はビアホールかカフェバーっぽいお店だったんじゃないのかなぁ…、コンクリート打ちっぱなしのクールなしつらえ。
    けれどそこには中国なまりの元気なスタッフが「イラッシャイマスェ」って待っている。
    螺旋階段を半分上がったところから、おいしい匂いが漂ってきて「こりゃ、当たりかな?」ってワクワクします。
    ランチは全部で6種類ほど。
    メインの料理にご飯にスープ、そして漬け物。
    100円足すとスープを小さな麺に替えることができるっていうモノ。
    4人で行って一人一人が別々の料理をたのんでしばらく待ちます。

    まずやってきたのが、春雨と野菜の炒め物ってこれ。

    a1b21098.jpegスンゴイ分量にまずは目をむく。
    ちょっと上品な中国料理レストランなら、宴会用の小盆くらいはありそうなサイズの皿にタップリ、山盛り、てんこもり。
    しかも熱々。
    カメラを向けるとレンズが湯気で曇るほど。
    耳をすませば厨房の中でシャカシャカ、中華レンジを中華鍋の底をこするような音がしている。
    一皿、一皿、鍋で煽られできる料理。
    一人前づつちょっとづつの時間差で、料理が出てくる。

    かつて飲食店から外食産業に脱皮しようと、日本のレストランの人たちが一生懸命勉強したとき。
    1テーブル分の料理は一度に、スパッとそろえて出さなくちゃ、お客様の迷惑になる。
    だから調理をシステム化しなくちゃいけないんだよ…、ってそう思い込み、結果、冷凍食品や作り置きの料理を平気で使うようになる。
    ファミリーレストランって仕組みがそんな中で完成をして、結果「低品質」という迷惑をお客様にかけたりしちゃった。
    「同時同卓」ってよばれる呪縛。
    そんな仕組みにここは無縁で、だから時間差。
    でもそれで、出来立てのものを楽しむコトができるのならば、少々の不都合、我慢しましょう。
    これも一つの助け合い。

    ボクの定食。

    06da6056.jpeg肉と野菜の芥子炒めに、担々麺がついたもの。
    これまたすんごいボリュームで、ミニ担々麺とメニューにありはしたのだけれど、普通に一人前の丼にスープ、なみなみ。
    麺はたしかに少なめだけど、ご飯と合わせて食べればそれでもかなりの分量。
    格闘す。

    それにしてもここの担々麺。
    スープがちょっと変わってて北京風の「火鍋」のスープのようにサラサラ。
    甘みが少なく辛味スッキリ。
    花山椒のビリっと痺れる風味がきいてて、かなりエキゾチックな味わい。
    麺と一緒にたべると、若干のコッテリ感がほしいかなぁ…、と思う上品。
    ただ、スープとして食べるとこれがなかなかのモノ。
    おもしろい。

    四人の料理が出そろうと、もらったテーブルがちょっと狭く感じて、それで定食をのっけたお盆を外してお皿を寄せあった。

    50906977.jpegまるで宴会。
    どのお料理もボリュームタップリで、味のメリハリもしっかりついてる。
    鶏のカシューナッツ炒めのコツコツとしたナッツの食感。
    薄切り牛肉とジャガイモの炒め物…、って料理があって、これがなんとも味わい深い。
    牛肉から出た肉の旨味を薄切りジャガイモが吸い込んで、中華風の肉じゃがみたいな味わいとなる。

    お店の人に、台湾からきたのですか?それとも中国?って、聞いてみる。
    すると中国。
    海の方?
    それとも山の方から来たの?ってまた聞くと、海の方からってニッコリ答える。
    巣鴨も結構国際的で、いい店発見。
    体の中が香辛料で活性化して、陽気以上の汗をかきかき、事務所に戻る。
    ちょっとご機嫌、また来ます。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    Bees Coffee HOME 新宿西口、ラリーのモーニン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]