忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿西口の「自然洞」。
    ランチバイキングにやってくる。
    もともとは創作韓国料理と沖縄料理をメインにした野菜がおいしいがテーマのレストラン。
    なんだけれども、夜はまったく来たことがない。
    面白いもので、ディナー専用レストランとか、ランチ専用レストランとかお店によって使い勝手をカテゴライズしてしまっていることが結構ある。
    昼も夜も、どちらも変わらず愛せるお店…、ってそんなにないなぁ…って。
    そんなことを思ったりする。
    そもそもココ。
    韓国料理を食べにこようと思ってきているのか?っていうと、そうじゃない。
    気軽に野菜をハライッパイ。
    しかもいろんな食べ方で食べたいなぁ…、ってときに限ってここにいる。

    e01147b1.jpeg今日もまずはお店に入って、目についたのが生野菜。
    サニーレタスと千切りキャベツを山盛りにして、バジルドレッシングをたっぷりかける。
    生の野菜をカットしてただそれだけと言う単純きわまりない料理。
    だからお店でこうして食べなきゃいけない義理はまったくないのだけれど、なぜだか手が出る。
    あまつさえ、おかわりまでしてしまう。
    不思議きわまりないこの衝動。
    肉が食べたい…、の対極にある何かがボクを突き動かしてる。
    おもしろい。

    とはいえここの生野菜には他にはトマトや水菜がある。
    けど、どちらも苦手。
    特に水菜はあの独特の苦味と、みずみずしさを遥かに過ぎた水っぽさがやるせなく、熱を通せばなんとかなるけど生では触手がまるで伸びない。
    だからスルー。

    ここではいつも同じテーブルをおねだりしちゃう。
    チヂミが焼け上がるのを間近に眺めるテーブル席で、そろそろ焼けてお皿に乗るなぁ…、と思ってならんでそれ出来立て、もらって食べる。

    07eeff5b.jpegバフェのカウンターに立つとなぜだか「キレイに盛ろう」って闘志が湧く。
    特にチヂミのような食べ物。
    ガサッと積めばただのでき損ないのお好み焼きのようになる。
    キレイにズラッと整列させて、タレをチョチョッとほどこすと厨房の中で丁寧に盛り付けられた一品料理のように思える。
    まず目においしい。
    キレイに盛ってキレイに食べると、不思議とキレイな味がする。

    ところでチヂミ。
    バリバリ系とフックラ系の二種類があり、どちらもそれぞれおいしい食べ物。
    海鮮類をタップリいれてカリっと焼いた歯触り軽いチヂミもいいけど、今日のこれは野菜タップリ。
    青菜や根菜、ネギや韮らを粉でまとめた野菜パンケーキみたいなこれもまたたのし。
    野菜のコツコツした食感が引き立って、野菜を食べてる実感が湧く。

    料理をいくつか。

    591f9e45.jpeg創作料理を名乗るこの店。
    だったらボクも料理と料理を組み合わせ、勝手に創作料理にするのもいいか?って、一工夫に二工夫。

    チヂミの上に海老とチンゲン菜の炒め物。
    もともとフックラとした今日のチヂミが一層、シットリ。
    スープの旨味をたっぷりたたえたあんかけソースがまとわりついて、新感触。
    キムチ風味の焼きうどんには茄子の甘辛味噌煮をあわせて、ジャジャン麺風に仕立てて食べる。
    ブルダックにはバジルソースをちょっとかけ、激辛風味をやわらげる。
    バフェカウンターは料理が並ぶ場所である。
    けれどもそれと同時に自分が食べたい料理を作る素材とヒントがある場所だ…、ってそう思ったらとてもたのしい。
    回りの人がどんな食べ方してるだろう…、って観察するのが楽しくなっちゃう。
    例えば今日のボクの隣の凛々しい女性。
    山盛りキャベツにバジルソースをタップリかけて、そこにビビンパ用の温泉卵。
    ポトッと落としてコチュジャン加えてワシワシ混ぜて、まるで韓流シーザーサラダのようにしながら食べていた。
    まぁ、面白い。

    〆に作ったブルダック丼。

    6900cb01.jpegジャコの炊き込みご飯があって、オコゲの部分を選んでよそう。
    そこにナムルにキムチに味噌にそれからブルダック。
    甘辛味噌でこんがり焼かれた鶏の切り身をのっけてガサッとかきまぜて、ビビンパのようにしながらガスガス頬張る。
    なかなか旨い。
    焼き鳥丼だけが鶏の丼じゃない…、みたいな感じ。
    結構いける、お気に入り。

    一緒に食べたチゲスープ。

    前からずっとここのチゲには韓国的じゃないなにか不思議なフレーバーがある…って、思っていながら不思議の原因がわからなかった。
    そして今日。
    やっとわかった。
    トムヤムクンのフレーバー。
    レモングラスに海老の旨味がスッキリ、爽やか。
    辛味を引き立て、同時に甘ったるさを引き締める。
    チゲとは違った後口だけど、これはこれでうまくてたのしい。
    なにより他の料理と違った派手で華やかなフレーバーや味わいに、口がほっと休止符をうつ。
    いい工夫って思ったりする。

    食後に蜜柑。

    fadae046.jpeg小さなサイズで皮は明るい緑色。
    けれど完熟。
    みずみずしくて十分甘く、なにより香りがとてもさわやか。
    口がさっぱり、スッキリとする。

    それにしてもこのお店。
    ほぼ満席のお客様の、その8割方が女性客。
    みんなお皿にビックリするほどの野菜を山盛りにして、何度も何度もおかわりをする。
    野菜だから安心ネ…、っていつもは出来ぬ大食いの免罪符付きのバフェなんだろうなぁ…、って思ったりする。
    ハライッパイ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    母、来たる。 HOME イリタマサンドにつばさの終わり
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]