忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日はちょっと朝寝坊。
    目が覚ましたのが9時半前でその時間に朝ご飯を食べてしまうと、昼がおいしくたのしめない。
    ほんとは11時前くらいまで寝ていよう、と思っていたけど最近、寝ることに対しては貧乏性になっちゃったよう。
    お腹はぐうぐう。
    ひさしぶりに空腹たのしむ、日曜の朝。

    そして昼。
    銀座に餃子を食べに行く。

    銀座天龍。

    tenryu.jpg広東料理のほんとは普通の中国料理のレストランで、メニューを開けばいろんな料理が揃ってる。
    けれどほとんどの人が迷わず餃子をたのむ。
    それも一品料理や麺のサイドに…、ってたのみかたじゃなくまずは最初に餃子をたのみ、それに合わせて何にしようか?って。
    そんなたのみ方。

    昼は食券を買ってからテーブルにつく。
    今時、かなり珍しくなった分厚い紙に商品名を書いたもの。
    真ん中にミシン目がはいってて、テーブルにつきそれをわたすと、半分もいでポケットに入れ残りの半券をテーブルの上に置いていく。
    かつての食堂。
    例えばデパート食堂なんかじゃ、昔はこれが当たり前。
    香港のオフィス街によくある大衆的な食堂風な店の造りも、気軽で楽しい。
    大きな餃子が8貫ついて一人前を、1.5人前にしてもらって二人で分ける。
    それにご飯に焼きそばつけて、朝の空腹、退治する。

    8f11e7dd.jpeg小さな台湾バナナ1本分は優にある、大きな餃子。
    皮の焼け目はパリパリっとして香ばしく、それ以外のとこはシットリ、ムチムチ。
    焼けてる間に肉汁タップリ吸い込んだんでしょう。
    皮がそもそもとてもおいしい。

    カプっと齧ると中から肉汁、ジュワッと出てくる。
    一口ではまるで口に収まりきらぬ、だから残りの半分をご飯にのっけて、その肉汁をお米に吸わせる。
    醤油にお酢。
    つんっと鼻に来る練り芥子。
    肉の旨味に焦げた小麦の甘みが全部、一緒になって口に広がる。

    最近、餃子の世界では博多の鉄鍋餃子に代表される小振りの餃子が注目されてる。
    確かに酒を飲んだり、ラーメン、チャーハンと一緒に食べるついでの餃子には小さい方がおいしく感じる。
    便利でもある。
    けれどこうしたご飯のおかずで食べる餃子は、たっぷり大きく、皮、分厚めでご飯に負けぬおいしさ、食感、あるものがいい。
    何より大きな餃子は家で気軽に焼けぬもの。
    だからこうしてワザワザお店にやってきて、焼いてもらって食べるモノ。

    上海式のやきそばを、ご飯のおかずにして仕上げ。

    7ee50751.jpeg上海「風」でなくて上海「式」であるのが誇り高きとこ。
    「風」は何かを見よう見まねで作るもの。
    けれど「式」だと、手順も技術も食材もしっかり本場そのままに作ってるんだなぁ…、って思いますよね。
    オイスターソースの香りもゆたか。
    トロミ。
    ツヤ。
    白菜、ニンジン、野菜はシャキシャキ、歯ごたえ活き活き新鮮で、肉はふんわか。
    エビはカリッと表面焼いて、中はミディアム、プニュンとしてる。
    太くて縮れた玉子麺。
    札幌ラーメンなんかでよく見るツルンと頑丈な麺を、茹でてそのまま鍋に入れタップリ油で揚げるように焼き上げた麺。
    サクサク、ときおりクニュクニュ…、って感じの食感が麺すらご飯のおかずにさせる。

    普通の料理が一番おいしい。
    そんな感じで腹一杯。
    サービスもまたしっかり確実。
    決して愛想よくはないけど、お客様の手元をしっかり観察しながらこちらが別にお願いせずとも、お冷やの交換や小皿の補充をキチンとこなす。
    ほんわかいい店。
    ごちそうさま。

    食後に銀座の散歩をし、なんと銀座6丁目の交差点にアバクロンビー&フィッチのお店の開店準備を発見す。

    e14d7b33.jpegアメリカで一世を風靡したカジュアルウェアーのブランドで、やっと日本に上陸をする。
    会社が出来たのは100年以上も前のコト。
    男性用のアウトドア用品を作っていたマッチョっぽい会社が買収されて、それを気にクールでセクシーなカジュアルウェアを作るようになり、どうだろう、2000年を中心に前後5年程の10年間が流行のピーク。
    その頃はボクもはまって、ハワイに行くたびアラモアナショッピングセンターのお店で大人買いをしたりしていた。
    かれど今ではかげりがみえてる。
    だってアメリカ中に100を超えるお店があって、通信販売で気軽に買える。
    希少性はほぼ薄れ、正式出店していない日本でもお洒落な街を歩くと必ず、着ている誰かにすれ違う。
    そんなタイミングでのやっとの出店。
    しかも銀座の中央通りという一等地。
    H&MやZARAが店を構えてるそんなところにお店を出す。

    どうなのかなぁ…。
    知る人ぞ知るがブランド価値のこうしたお店が、知らぬ人まで来てしまうこんな場所で商売をする。
    スゴく昔のラルフローレン。
    ちょっと昔のJクルーや、数年前のバナナリパブリック。
    不思議な程にアメリカンブランドのブランド価値の劣化は速い。
    さてさて、アバクロ。
    どうなるんでしょう…、正式開業は12月の15日。
    あと4ヶ月でやってくる。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    アバクロ、ブームのピークからちょっと下がったくらいの頃にも日本進出の噂ありましたね。
    そのころならまだイケたかも知れないけど、かなり「今更感」漂う出店となってしまったような。
    旬の時期を見極めるって大事ですね。
    キザキさん / 2009/08/09(Sun) /
    イギリス優先
    > キザキさん
    海外進出に当たって、英国の店舗開業準備を優先したってことがあったみたいです。
    勿体ない。
    イギリス人の購買力と、日本人のこうしたものに対する瞬間最大風速を考えれば日本優先の方が正解だったろう…、と思うのですけれど。
    白人による、白人の為の、白人ブランドの典型的な事例っても言われてますから、そこんとこもちょこっと影響しているのかもしれませんね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/09(Sun) /
    アバクロが!?
    前回ハワイに行った時(2005年)は恥ずかしながらアバクロの存在を知らず、
    今回初めてアラモアナセンターのお店に行ってみたのですが、
    店内薄暗くて、渡航直前にお葬式があったりでなんとか飛行機に乗った状態で
    買い物テンションが低かった私には全然ぴんとこず、
    しゅるーっと出てきてしまったのでした・・・
    ワイキキのバナナリパブリックも閉店していて、その隣のナイキタウンも閉店するそうで、
    新しいものも出来てるけど勢いがいいか、という訳でもない様子でした。
    あーたさん / 2009/08/09(Sun) /
    ワイキキも不景気?
    > あーたさん
    アラモアナのアバクロは多分、5年程前が最盛期だったのじゃないでしょうか?
    若い子を中心に何かのお祭り騒ぎの様に人が一杯ごったがえしていました。
    その後、随分、寂しくなり始めたようでブームの去るのも速いなぁ…、って思っていました。
    何かに取って代わられるのでなく、ただただ時代遅れになっていくというこの寂しさ。
    なやましいですね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/09(Sun) /
    ついでに
    FOREVER21も入ってみたのですが、さすがに、ここの服は着られない・・・と思いました(笑)。
    私のアタマも数年前に比べると随分変わったのでしょうが、
    多分日本人向けに作られたクロムハーツは一人もお客さんがおらず、
    ふらっと入ってみたティファニーでは店員さんがずっと後ろをついて歩いてくれる状態で、
    不景気なのかなぁと感じました。
    日本に比べてすっごい安い!とも感じなかったし、
    あと日本ってほんとに大抵のものは手に入る国なんだなぁと
    しみじみしました。
    あーたさん / 2009/08/09(Sun) /
    なにより通販で
    > あーたさん
    モノを買うだけであれば、通信販売でほとんどなんでも手に入れることができる時代ですものね。
    接客をたのしみながら、そのブランド独自の雰囲気まで一緒に買おう、と思えば日本人には日本のお店が一番、快適。
    そうでなければやっぱり本店?
    どちらにしてもハワイのようなリゾート地で高価なモノを買わなきゃいけない理由はどこにもないような気がします。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/09(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    いちごみぞれ HOME デブの日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]