忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、有楽町にて変わりチャーハン、ランチにす。

    keiraku.jpg創業昭和25年。
    純廣東料理・慶楽なる店。
    「Authentic Cantonese Cuisine」とでも訳せばいいのでありましょうか。
    世界中の中華街に踊るフレーズ。
    香港界隈で昔から食べられている伝統的な広東料理を手軽にどうぞ…、というお店。
    控え目な看板、間口の狭い小さなお店。
    なかに入っても大仰なところのまるでない、普通の食堂。
    パイプの足のテーブルに椅子。
    香港ならばアイドルタイムに、お店の人がここに座ってワイワイしながらワンタンくるんでいるでしょう…、って感じのお店の奥のホールの壁際。
    妙に落ち着くテーブルもらってほっと一息。
    メニューを開く。
    作業の合間もずっとおしゃべりしているサービスのおばさんたちやおねぇさんたちの、笑顔と元気がまたおいしそう。

    13817e7b.jpegメニューは死ぬほどたくさんあって、でもほとんどの人がまずはこれから始めるここの名物。
    スープチャーハン。
    油で炒めてパラッとさせたチャーハンに、スッキリ澄んだ上等スープをかけて食べるというこのご馳走。

    10年ほどまえのコトでしたか…。
    夏蒸し暑く食欲落ちる香港の高級レストランで一時期ブームになった。
    火付け役はハイアットリージェンシーホテルにあった、ホイユッヒンってお店だったように記憶する。
    コース料理の〆ではなくて、スープ料理としてやって来る。
    発酵させた漬け物と金華ハムを刻んで具としたチャーハンをほんの少々。
    そこにスープたっぷりという、つまり炒めたご飯を具にしたスープという趣向。
    かなり感動したものでした。

    69bc09f4.jpegそんな料理のなぞりの基の、大衆的なごちそう料理がここのコレ。
    大きく深いスープボールになみなみタップリ。
    そこに氷山の一角のごと、頭をポッカリ覗かせる
    レンゲで掬い上げればエビに野菜に角切りチャーシューと具だくさん。
    熱々スープについさっきまで浸かってた。
    だからハフハフ、やけどするほどの熱々でまずは最初に香りが鼻から抜けていく。
    中華街のエキゾチックなスパイス臭。
    しっかりとした塩味と、スッキリしてるのに不思議なほどにコクのあるスープの味わい。
    食べるほど、すすり上げるほどにどんどん、おいしさ募る上等な味。

    この独特の名物料理の中でもいくつかの不思議の魅力。
    まずは、油で炒めたご飯を入れても、スープに油が浮かない不思議。
    しかも時間が経ってもご飯がふやけてしまうことなく、ずっとサラサラしてること。
    スルッとお腹にすんなり収まりスープ一滴残らない、ラーメンだったらここまでキレイになくならないはず。
    ほんとに不思議。
    実力満点の名物料理。

    それからもひとつ、焼きそば食べる。

    41b20009.jpegもやしと豚肉の炒め焼きそば。
    やってきた瞬間の第一印象はまるでモヤシ炒めのような、ドッサリもやし。
    細い蒸し麺がすっかり隠れてしまうほど。
    塩味あんでトロンとしてて、細切り豚肉がたくさんそこに混じってる。
    モヤシのシャキシャキした食感が、なんとも格別。
    ゴワゴワとしてボソッと乾いた細い広東風の麺が一層、モヤシのシャキシャキ引き立てて、前歯が喜ぶ歯のご馳走。

    実はコレ。
    池波正太郎さんのお気に入りだった料理だそうで、コレをつまみにビールを飲むのが好きだった…、っていう逸品。
    確かに麺っていうより野菜の料理と呼んだ方がシックリきます。
    酒だけじゃなくご飯のお供にもよさそうで、そういや今日はスープのようなご飯料理や野菜炒めのような麺の料理を選んだ不思議な日。

    d35d6a24.jpegもひとつここの名物がこれ。
    とはいえ料理という訳じゃない。
    テーブルの上にどっかと置かれた薬味のポット。
    中に刻んだ唐辛子。
    種ごとギッシリ詰め込まれてる、実は酢漬けの辛味調味料。
    これがかなりの曲者でビリビリ辛い。
    種が含んだカプサイシンを移した先がお酢という、だから余計な甘味や旨味が辛味を邪魔せぬ純粋な味。
    お酢だけでなく身も種も、全部まとめてドサッと乗せると口ばかりでなく目もこの辛さを堪能できる。
    スッキリとした辛味に汗がブシュっと噴き出す。
    今日はちょっと蒸し暑い。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    中野の酒場に立ち食いの蕎麦 HOME 出直しサンドとアズキのペプシ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]