忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    蒸し暑い。
    昨日の食べ過ぎも手伝って、食欲、滲みだすようなモノを食べたくなった。

    タイ料理。
    新宿御苑の近くに「クルンテープ」というお店があって、そこで昼にしましょうか…、と。

    e2722bf0.jpeg雑居ビルの2階にある小さなお店。
    ボクもタイ料理好きの友人に教えてもらうまでここにこんなお店がある…、なんてまるで気づかなかったほどの場所で、なのに驚く程に混んでいた。
    お店に入ったのが午後2時近く。
    昼ご飯どきをちょっと外したつもりがなんとほぼ満員。
    週末、休日もお得なランチセットをやっている。
    しかも基本的に昼と夜の間の休みをとらぬ店。
    だから利用し易くもあるんでしょう。

    蓮のお花を模した茶碗に冷たいお茶。
    氷タップリ。
    ユッタリ、料理の仕上がりを待つ、待つ、昼下がり。

    グリーンカレーがやってきます。

    ae8e204d.jpegスッキリとしたあまり甘みをもたないカレー。
    一口食べると、フホっと舌がビックリするほど、力強くて鮮やかな尖った辛味が、ああ、南国の味。
    油や脂を含まぬサラっとした食べ心地も、今日のように蒸し暑い日にはとてもうれしい。
    ありがたい。
    パラパラとしたジャスミンライスも軽やかで、粘り気などを一切持たぬ、だからスルっとおなかに収まる。
    こりゃ、美味です。
    食べてるうちにどんどん、頭のてっぺん辺りから汗が噴き出し、なのに気持ちが爽快で、食べれば食べる程、お腹がスキっと空いてくる。

    これに小さなトムヤンクン麺。
    ツナのサラダにデザート代わりのスイカがついてランチのセットをなしている。
    麺のスープもサラダの味も甘さ控え目、酸味鮮やか。
    これほど素直で、大人味のしかもおいしいタイの料理を、この東京でボクは他に思いつかぬほどおいしくて、ああ、いい店…って再認識。

    一緒にいった友人の、たのんだコレ。

    26f16930.jpegエビチャーハン。

    エビの味噌と玉子をタップリつかって、だからご飯そのものが茹でたエビの赤みを帯びた、目に鮮やかな独特なモノ。
    エビの甘みとおいしい香り。
    ご飯粒ひとつひとつが、もうそれだけでエビの味わい。
    これもおいしい。

    豚のオイスターソース味で炒めたものと、目玉焼き。
    よく焼いて…、ってたのまずとも、ここの目玉焼きはちょっとよく焼き。
    黄身が流れ出さぬ程度に固まるように、強めに焼かれてだから白身もサクサクで、実はこれこそが目玉焼きの世界標準なんだよなぁ…、って、ちょっとニッコリ。
    黄身の甘みで舌のほてりをおさめつつ、パクパク食べます。
    はまる味。

    せっかくだから、二人で一つ、汁そばとって分けましょう…、とそれで一品。

    0c4fde0e.jpegチェンマイ風のカレーヌードルというモノで、これにはやられた。
    ちょっととろみのついたスープ。
    辛味控え目で、スープのコクと旨味の強いタイの醤油の風味がドッシリ、舌にのっかり広がる。
    おもしろいのが、スープの下には縮れて細い玉子麺を茹でたモノが沈んでる。
    つまりそれだけみれば、普通のラーメン。
    けれどスープの上に、その麺をサクサク揚げた揚げ麺がのる。
    クニュクニュとしたゆで麺と、パリパリはぜる揚げ麺が、同時に口にはいってくるのがとてもたのしく、またおいしくて、食べ始めると止まらない。
    しばらくスープに触れた揚げ麺。
    カレーを飲み込みちょっと柔らかになった麺もこれまた美味で、味わい深い。

    体が元気になるような、たのしい料理。
    おごちそう。
    お店をでると、新宿御苑の方から風が吹いてきて、スキっと頭が涼しくなった。
    新宿御苑がバンコクの、ルンピニ公園みたいに感じる。
    いい気持ち。

    ちょっとあるいてタリーズでお茶。

    2a239970.jpegアイススラッシュ。
    カップの底に出したばかりのエスプレッソ。
    上から細かなクラッシュアイスでギッシリみたして、そこにシロップ。
    コーヒー味の氷が口でみるみる溶けて、ついさっきまでの熱々をきれいさっぱりリセットさせる。
    夏においしい、ちょっと大人なかき氷。

    それにしても新宿三丁目から新宿御苑のこの地域。
    よいお店が次々できてくるような、そんな気配に満ちあふれている。
    繁華街にほど近く、でものどかな自然の気配に包まれている。
    家賃もまだまだ高くはなくて、だから無理矢理「家賃を食べさされるような」理不尽もない。
    ニューヨーク的にいうならば、チェルシーみたいなオフな街。
    いいかもしれない…、って思ったりした日曜日。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    弁天庵でうどん喰う朝 HOME 間もなく夏の朝のコト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]