忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    四谷三丁目の「山星」。

    3sei.jpg先日、はじめてやってきてかなりハートわしづかみにされた店。
    焼肉の店。
    決して便利な場所にあるでなし。
    しかも雑居ビルの地下という目立たぬ場所にある。
    …、にもかかわらずいつも満席。
    今日もグループ客が4組にファミリー一組。
    一組帰ると間髪入れずに次のお客様がやってくる…、てな感じでにぎやか。
    カウンター限定ということで、やっと予約をとってもらってやってきました。
    ビールにキムチ。
    サラダをたのんで今日のお薦めのおつまみをとる。

    カリカリキュウリ。

    deb487c8.jpegキュウリ一本丸ごとに辛子味噌をつけて食べるという、韓国版のもろきゅうみたいなまっこと簡単でシンプルな一品ながら、キレイに筋をつけたうつくしい様。
    ウットリします。
    この切り方。
    昔の洋食レストランのコンビネーションサラダに入れるキュウリはみんなこの切り方。
    なつかしい。
    ただのキュウリがこれで立派な料理になった。
    そんな気がしてうれしくなっちゃう。
    切り目のところに前歯を当てて、パキっとやるとポキっと折れる。
    歯に真っ先にみずみずしさが伝わってくるのがとってもたのしい。
    おもしろい。

    塩カルビ三種盛り。

    62b62971.jpeg牛に豚、それに鶏のカルビの部分。
    クチャっと歯茎にまとわりついてくる牛肉の、肉汁ほとばしり出る赤身のおいしさ。
    ムッチリ、とろんと脂がおいしい豚バラ肉に、サクっと軽い食感の鶏の引き締まった身の味わい。
    サラっと軽い塩ダレが肉の旨味をひきたてる。
    肉が吐き出す脂が炭に当たってジュワッと蒸発。
    焦げた香りがお肉に貼り付く。
    香ばしい。

    とはいえココ。
    タレも旨いし、特に辛子味噌がまぁ、旨い。
    辛味、甘味にニンニクの風味のバランス絶妙で、塩焼きをした肉にチョコっと置くようにしてパックリいくと、味が変わって飽きず肉を食べられる。

    ホルモン焼きます。

    6da6cc8e.jpeg脂ののったきれいな内臓。
    これを食べると自分の中身もこんな具合に脂を抱いちゃう…、ってわかっていてもそのおいしさには抗しがたい。
    もともとほんとは内臓肉は好きじゃない。
    けれどここの、このホルモン。
    どっきりするほどおいしくて、この前はじめて食べたときから虜になった。
    今日、ココに来たのもこのホルモンを食べにきた…、ようなものであります。
    口に含むと脂が滲む。
    ムニュンとなんとも艶っぽい、舌に貼り付く脂の濃厚。
    舌が一瞬、ひんやりとして、それと引き換えに体の温度がジンワリ、徐々に上がってく。
    百獣の王、ライオンが食べるところであります。
    王者の味わい。
    元気を出した。

    ミノやハラミを焼き上げて、〆にお粥。

    b68511fd.jpegテールスープを使って炊いたお粥を石釜でグツグツ仕上げた、熱々の。
    コレもビックリするほどに濃厚な味。
    肉のコクある濃厚な味。
    テール肉ならではの、ゼラチン質を含んだスープがご飯を包みスベスベにする。
    熱々以上に熱々で、ハフハフしながら舌がご飯をお手玉するように食らいつく。
    なのに旨味を舌が感じる。
    まるでミルクで炊いたみたいなコッテリとした見事な味わい。
    カクテキ、ポリポリ齧りつつ、一気呵成に食べ上げた。

    料理は旨い。
    けれど、おいしさ以上に網の交換をお願いすると、間髪入れずに飛んできて、ササッと変えるスピーディーで確実なとこ。
    席に座ってすぐに熱々のおしぼりが出て、肉焼き終わり〆に入る寸前に、また一本。
    最後に全部を食べ終わったら、冷たいおしぼりがやってくる。
    元気で笑顔のサービスが、このお店の一番魅力的なところじゃないかなぁ…。
    久々見つけた正真正銘、オキニイリ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    こんにちは

    焼肉が続いてますね お体には気をつけて・・・

    ホルモンが焼かれる画像
    やられました・・・
    明日あたり、ワタクシも焼肉しましょうか・・・
    放浪者さん / 2009/09/12(Sat) / URL
    奇跡の一枚
    > 放浪者さん
    体がちいと疲れているのかもしれません。
    なんだか自然と肉を体がほしがっているような気がします。
    ホルモンを焼いてる画像でビールが一杯飲めそうでしょう(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/12(Sat) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    あんかけ焼きそば、雨の朝 HOME 薮蔦
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]