忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    最近、にわかにお気に入りの中国料理屋。

    71cd0347.jpeg新宿三丁目のちいさきご機嫌…、花彫酒家で昼にする。

    坦々麺がおいしいから、と知り合いに教えてもらってやってきて、でもそれ以外の料理もなんのなんの、なかなかおいしく、たちまちお気に入りレストランにランクイン。
    特にランチのコストパフォーマンスは抜群で、800円前後でしっかりおなかいっぱいにしてくれる。
     
    中でも今、一番のお気に入りがコレ。

    五目やきそば。
    6fd2213a.jpeg中華鍋で蒸した太目の中華麺を、半ば揚げるようにして焼き上げた麺にたっぷりのアン。
    焼いたところのプルプルと、揚がったところのパリパリの二つの麺が味わえるのがまずお得。
    しかも、アンの味が濃くっておいしいコト。
    あんかけ料理はそれでご飯が食べられる、そのくらい味が強いのがボクは好き。
    パリパリサクサクの乾いたように揚がった細麺の長崎皿うどんみたいな揚げそばも、はかなくおいしい。
    シットリ炒めた上海風の焼きそばも好き。
    けれど、ご飯のおかずにもなる大衆的で、だから元気がもらえる麺はこんな焼きそば。
    今、東京で一番好きなあんかけ焼きそば。
    それは文句なくここの焼きそば…、ってそう思います。
    太鼓判。

    パラッパラに炒められた五目チャーハン。 
    ada4713b.jpeg今日はひときわ忙しくって、注文とってサービスをするマダムも必死。
    その注文を一人でこなす調理人も必死のさまで、ガシャガシャ中華鍋がレンジの口に叩きつけられる音にも血気迫るものがある。
    ジャジャッ、ジャジャッと油で米が炒められる音がし合間に、クワンクワンと鍋をおたまが叩く音がする。
    宙を舞う米。
    そこにまとわりつく油。
    中国料理の中で一番、多分、腕っ節と勢いを必要とする真っ正直な料理がこれ。
    キリッと食べます。
    ほがらかになる。

    そしてやっぱり坦々麺。
    b0bd6922.jpegトロッとしててポッテリでもあり、ソースとスープのちょうど中間。
    濃厚ポタージュのようなスープに使った麺。
    コシの強いかなり細めの縮れ麺。
    見事に硬めに仕上がっていて、だからスープのコッテリポッテリがいっそう際立つ。
    くるみの渋みと、ナッツの甘み。
    まるでミートソースじゃないかしら…、って思ってしまうほどの甘辛ひき肉の存在感と、ときおり奥歯を叩いて崩れる星えびの味。
    ああ、上等です。
    スキっと最後に残る酸味も一流で、クラクラします。
    ご馳走です。
     
    ちなみにこの店。
    自家製ラー油が自慢のようで、一人に一鉢。
    小さなボールにタップリ入れて持ってきてくれるのですね。
    確かに旨い。
    スキッと辛くて、しかも辛いだけじゃなくって旨みがあって、かなりたくさん使ってもヒイヒイ言わない。
    むしろ素材やタレの旨みをビビッと引き立てて、体の奥から汗と元気が滲み出してくる。
    こうした特長。
    こうした名物の作り方もあっていいんじゃないかしら…、って思ったりした。
    おもしろい。
    ところでこの店。
    やっぱり伊勢丹メンズ館の男性職員の社員食堂的レストランでありますね。
    今日もテーブルの半分ほどがそれとおぼしき、細身のスーツにピンストライプの派手なワイシャツ。
    ダークカラーの細いネクタイをキリッとしめた、ちょっとBRIOなあんちゃん達に占拠されてた。
    大変だなぁ…、と思ったのが、彼ら、麺をズルズルすすっちゃいけないんですね。
    服、汚すから。
    だからモグモグ、口の中に麺を折りたたみながら押し込むような、不思議な食べ方…、してました。
    その横にてボク。
    ズルズルムチュンと大きな音たて、麺すする。
    よくぞ男にうまれけり(笑)。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    Fit'sにMINTIA HOME ブレックファストミーティング
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]