忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、すんごく遅くなるかもしれない…、と思っていたのが、程よく遅い時間に食事にありつくことができそうで、それで赤坂。
    ソルロンタンを食べにくる。

    一龍別館。

    ichiryu.jpg24時間営業。
    しかもソルロンタンほぼ単品しかない専門店で、もう20年近くもずっとこうしてやっている。
    東京の中にあるリトゥルソウルの中でも赤坂。
    韓国大手企業の本社が近所に集まっているということもあり、こうしたコアなお店を必要とする人がいる…、ということなんでしょう。
    ボクはこの店。
    元気と食欲のでない朝にひょこっとくるか、あるいは夜中にお腹にもたれぬご飯を食べにくるときか、そのどっちかで使ってる。
    今日は後者のひさしぶり。

    それにしても赤坂という街。
    もしかしたら東京で一番「非日本人」が目立つ街かもしれないなぁ…。
    ワンブロックごとにあるんじゃないか…、って思う程あるアイリッシュパブには、通りに溢れんがばかりの数の西洋人。
    中国系の人しかいない、でも満タンの中華料理店や韓国人で溢れるお店。
    それぞれの国の人たちが無理せずそれぞれの流儀でこうして集まっている、なんだか不思議におもしろい街。
    ワクワクします。

    565b469c.jpegおかず、あれこれ。
    キムチ、カクテキ。
    いろんな野菜のナムルにジャコを甘辛く炒め煮したモノ。
    卵焼きや甘いカボチャのサラダがあったりと、家庭的にして韓国的。
    特にキムチやカクテキの、スキッと酸味のさわやかなコト。
    シャキシャキとした白菜や、カリコリ固い大根の食感とてもたくましく、まさに食べ頃。
    いい感じ。
    お客様。
    お店の人とも韓国系の人がほとんど。
    ハングルマルが飛び交う中を、しばらく待って、ソルロンタン。

    d6523342.jpeg牛骨を丁寧に丁寧に、踊らせることなくそーっと煮込んで仕立てたスープ。
    「雪濃湯」って漢字を当てる、まさしく雪のように真っ白で、しかも濃厚な味わいスープ。
    肉の旨味。
    骨の髄から溶け出してきたゼラチン質が、食べてるうちに口の中をスベスベにする。
    あらかじめついている味はほんの少しの塩味だけで、塩や胡椒、あるいはキムチやカクテキで、自分好みに味ととのえてスルスル食べる…、という料理。
    韓国にしばらくいるとお腹が一度、疲れ果てて動かなくなるタイミングがある。
    毎日、辛いもの続き。
    濃い焼酎をグイグイ煽る宴会続きの毎日に、ある日突然、お腹が重たくなってくる。
    そんなとき。
    このソルロンタンをススっと食べると、不思議とお腹が動き出す。
    それほどやさしく、しかもエネルギーに満ちあふれていて、今日も暑さ疲れがとれるよう。

    スープの中にはよく煮込まれた肉に春雨、野菜あれこれ。
    ご飯のおかずにそのまま食べたり、中にご飯を入れてクッパのようにしたりとあれこれ、食べ方ためしてお腹が芯からあったまる。


    ところで最近、気になって仕方ないのが、コレ。

    tubasa.jpgNHKの朝の連続テレビ小説「つばさ」のあれこれ。
    この枠。
    つまり朝の8時15分から30分の時間帯。
    かつてはフジテレビのトクダネにチャンネルをあわせるのがずっと長らくの習慣…、だったのだけれど今ではすっかり、NHKの朝のニュースからずっとチャンネルを変えずにドラマに突入してる。
    最初はあまりのめくるめく話の展開に目がまんまる。
    何しろ朝から、破産、借金取り立て、そして家の売却とまるでさわやかじゃないエピソード。
    その重苦しさを妄想シーンやミュージカル仕立ての演出なんかでやわらげながら、飽かせず魅せるかなりの力量、力技。
    「つばさ」という主人公の女の子が一人の人間として成長していくという「物語の背骨の部分」がしっかりしてて、しかもその話の方向性がなんだかボクが好きな方にグングン、向かう。
    どっち側へ?…、っていうとそれが「エースをねらえ!」の世界の方へ。

    パッとしない引っ込み思案な女の子が、ある世界で唐突なチャンスを与えられ、めきめき、頭角を現していく。
    同世代の男の子との淡い恋心があるかと思えば、大人の指導者に気持ちがドンドン引きつけられて、あらあら、これからどうなってくの?…、って。
    ネ?
    エースをねらえの、岡ひろみ&(藤堂先輩 vs. 宗方仁)みたいな図式。
    もう目が離せません。
    ドキドキです。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    土用の丑の朝と昼 HOME ヴィロン、それから絶妙のそれ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]