忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    仕事を終えて、友人たちと一緒にランチ。



    納会かねてのゴキゲンランチで、どこかでたのしく飲めるところを探そうよ、と。
    場所は新宿。ちょっと悩んだ。
    新宿という街は、手っ取り早くお腹を満たせるランチレストランには事欠かず、けれど昼からちょっとおしゃれにひっかけようと思うとちょっと難儀する。
    駅前のビルの中にあるオイスターバーならなんとかなるか…、とガンボアンドオイスター。



    生牡蠣を食べ、牡蠣を三種類のソースでローストした盛り合わせ。シャンパン抜いておしゃべりしながら飲んでたら、あっという間に一本平らげ、キリッと冷えたシャブリを抜いた。
    「牡蠣の豪快蒸し」っていう、おしゃれなお店には不似合いな、けれどなんともおいしげな名前の料理があってたのんだ。
    大きなココット鍋の中に白菜敷いて、その上に牡蠣を並べて蒸し上げたモノ。これが旨くてビックリします。素材自体に力があるモノ。変に工夫をしないでこうして素直に料理するのが一番。



    牡蠣のアヒージョもそういう料理。オリーブオイルと鷹の爪、ハーブを少々。そこで牡蠣を軽く煮込んだだけのもの。
    それで充分、おいしくなってくれるというのがうれしい料理。パンをココット皿の中に突っ込んで牡蠣の旨味が滲んだ油をとっぷりつけて食べるとこれが、ワインをねだるたのしいゴチソウ。
    気づけばいわゆるランチタイムはすっかり終わり、おやつどきになったというのに次々、お客様がやってくる。これが新宿という街の底力なんだろうなと思って、びっくりします。



    牡蠣以外の料理もあれこれ。
    野菜を軽くスティームし、それを冷やしたバーニャカウダソースであえて味わう冷菜。長らくこういうお店のサラダといえばシーザーサラダが定番だった。シーザーサラダの前はサウザンアイランドドレッシング。サラダの味にもブームがあって、今ではバーニャカウダが一番オシャレなのかもネ。
    帆立を使ったクロスティーニに、カニの冷菜と結局どれもワインをおいしく飲める料理で、気づけばそろそろ夕食時のちょっと前。
    名残惜しくもお開きとなる。


    関連ランキング:洋食・欧風料理(その他) | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅



    結構飲んで、ちょっと気持ちをシャキッとさせたい。それでセガフレード・ザネッティでクイッと一杯。



    エスプレッソマキアートをダブルでもらってゴクリと飲んだ。
    ワインで疲れた舌にビターなエスプレッソがなんとも旨い。喉からお腹がポカッとやさしくあたたまるのもありがたく、明日の朝の買い物をして、帰りましょうと伊勢丹へ。お外は暗くなりました。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    牡蠣
    サカキサン
    こんばんは~

    翼はお酒は飲めないのですが
    牡蠣はとっても大好きで
    どれも美味しそうですね

    イイなぁ~
    つんつんさん / 2014/12/27(Sat) /
    泡と白
    > つんつんさん
    スパークリングワインと白ワイン。
    どちらも牡蠣のために生まれてきたんじゃないかと思えるほどに相性がいいんですよ。
    大人になって、早く経験してみてください。
    サカキシンイチロウさん / 2014/12/27(Sat) /
    ハシゴ的なる夜の丸信 HOME BUNの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]