忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、新宿まで移動して「肉の万世」でランチをとります。

    8d3ee1ea.jpg実は今日。
    午後一番の打ち合わせで、ハンバーグレストランのメニューの話しをずっとしていた。
    地方のレストラン。
    新しいコトを試し過ぎると、地元のお客様を置いてきぼりにしてしまう。
    だからちょっと昔のメニューがいいんですよね…、と、それでその人達が作ったメニューをみると「ちょっと」じゃなくて「かなり」昔風のメニューでまるで昭和の高度経済成長期的。
    「まるで万世のメニューみたいだ」って、みんなでみながら笑ったのです。

    今更そんな時代の商売を新しくはじめるコトは時代遅れで、成功をする確率は少ない。
    けれど本家本元は、変わらずずっと昔を守り続けることが大切なコト。
    打ち合わせのため新宿に移動をしたあと、なんだかそんな昔ながらが恋しくなって、それでそうだ。
    近所に万世があるとココにやってきた。

    デミグラスソースが自慢の合いびき肉のハンバーグ。
    ステーキ、それからエビフライ。
    どれも焼かれた鉄板の上でジュウジュウ音を立ててやってくる昔ながらでいろんな肉の料理があるなか、ボクが一番好きなのが「和牛切り落とし肉の鉄板焼き」。
    野菜炒めの上に切り落とし肉を炒めたモノがのってやってくる、ボリューム満点…、しかも箸で気軽に食べれて、ご飯がすすむオカズ的なる肉料理。
    使い込まれた鉄板が容赦ないほど油にまみれて、その鉄板をのせてる板も飛び散る油でツヤツヤテカテカ光っているのが見て取れて、けれどそれは見ずにおきます(笑)。

    5b59290a.jpg見てしまうとだって「油まみれな料理を食べてる」って気持ちがちょっと下がるから…。
    この料理。
    見る角度でまるで違った料理に見える。
    肉の側からみると見事に肉のお料理。
    すき焼き肉のようにチリチリ、脂がフリルをなすように焼きあがった肉がタップリ。
    ところが反対側から見ると、これは野菜炒めのよう。
    野菜炒めにしては上等。
    肉の料理にしては手軽な値段に感じる、それがちょっとオモシロイ。

    肉がおいしいのは当然のコト。
    肉の脂をまとってやけた、玉ねぎ、キャベツにニンジン、もやし。
    野菜がとてもおいしくて、特に玉ねぎがキュッキュと歯ごたえたのしくて、シャキシャキクニュクニュ、奥歯で甘みを吐き出していく。
    塩をちょっとふりかけて、そのまま食べると野菜の甘味と油の風味がとってもよくて、しばらくすると焼けた鉄板が野菜の端を焦がしてく…、風味豊かでご飯がすすむ。

    けれどそのうち、脂や油でちょっと舌が疲れてくる。
    脂はおいしい…、けれど過ぎると気持ち悪くなってくるのは、もう歳のせい?
    そこでタレを用意する。

    5124326d.jpg今はタレが二種類あって、ひとつは焼肉風のタレ。
    ニンニクとしょうがの風味が強烈で、そのタレだけでもご飯がおいしく食べられそうな濃厚ダレ。
    それも旨いけどボクは昔からココにある「芥子醤油」の方が好き。
    旨みをもったコッテリ醤油に練った和芥子を溶かしたモノで、とても単純。
    旨みよりも風味がシッカリしたタレで、そこに野菜や肉をトップリくぐらせる。
    当然、醤油の風味や味わいに、芥子のツンっとする風味。
    余分な脂がタレに移って、サッパリしてくるのもありがたい。

    トップリ、タレに浸したお肉。
    それをご飯にそっとのっける。
    するとご飯にタレがにじんで、白いお米がタレ色になる。
    しばらくそのままのっけておくと、肉の脂とご飯がなじんでハフっと食べると風味豊かでお米がスベっとおいしくなってる。

    これに豚汁がついてセットがひとそろえ。
    ココの豚汁は実はおいしい。
    濃い目の茶色の合わせ味噌にシッカリとった出汁もおいしく、炒めた豚の脂がポツポツ…、透明な水玉模様に浮いている。
    具材は豚肉、大根、ニンジン、それから豆腐。
    豆腐は切らずに大きなまんま入れて炒めていく工程で、自然と崩れて凸凹してて、そこにタップリ味が入っているのが旨い。
    ご飯はおかわり自由なんだけど今日はおかわり控えて帰る…、ちょっと体を気遣います。



    関連ランキング:ハンバーグ | 新宿西口駅新宿駅西武新宿駅


    ところで…、万世といえばずっと気になってしょうがないのがオリジナルのオルゴールがあるってコト。
    万世にはオリジナルキャラクターの「モーちゃん」の形で作った陶器製…、お誕生日の歌にあわせてグルグル回る、そのさま、かなりかわいらしいコレ。



    まぁ、グルグル回るだけのものなのでありますけれどくれるものならもらいたい(笑)。
    ただ非売品…、それに貰えるものではないようで、「mansei club family」っていう会員組織があって、それに入会している人が、お誕生日に秋葉原にある万世本店にくるとこの子がやってきて、くるくる回りながらお祝いしてくれるというのであります。
    従業員が集まって、歌を唄うなんていう恥ずかしいコトをされるより、そっちの方が気がきいていてウレシイなぁって思ったりする、オモシロイ。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    うわぁ!
    こういうのが一番好きです。気軽に食べられるし、おなかもふくれるし。夕食前にはキツイ画像です(笑)
    あっくんさん / 2012/02/06(Mon) /
    無題
    この前、初めて万世に行き、ハンバーグにするか切り落としの鉄板焼きにするか迷い、結局ハンバーグにしました。
    次に行った時には、切り落としの鉄板焼きを食べてみようと思いますw
    もーちゃん可愛いですね!非売品なのが残念です。
    lovekuma69さん / 2012/02/06(Mon) /
    気軽なゴチソウ
    > あっくんさん
    お箸で食べられるモノってウレシイですよね。
    気軽なゴチソウ。
    ボクもこれを書きながらまたお腹がすいちゃいました。
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/06(Mon) /
    昔は
    > lovekuma69さん
    昔はこの切り落としとハンバーグの盛り合わせっていうのがあったんです。
    今はなくなっちゃってちょっと残念。
    このモーちゃん人形。
    マリオくんに作ってもらいましょうか…(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/06(Mon) /
    雨の夜 HOME 朝マック
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]