忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を新宿の中村屋。

    nky.jpgカレーバイキングのフロアーがあって、そこでカレーまみれになることにする。
    数種類のカレーにサラダ。
    ご飯にナンに一品料理がいくつかあって、それにドリンクバーまでつく。
    ってコトで、かなり人気があるんだよ…、ってそう言われてて前からきたくてしょうがなかった。
    いつもかなり混んでいるから、とそれでずっと躊躇していた。
    どうかなぁ…、とたまたまのぞいて、そしたらすんなり案内される。
    制限時間90分というシステムのおかげで、ちょうど入れ替わりの時間だったのかもしれません。
    なんだかラッキー。
    お店の中に目立つお客様はファミリーグループ。
    6人、8人と三世代やら二世帯やらと、都心のお店には珍しいほどに子供を連れた大人数のグループ客がたのしそうに食事をしてる。
    年齢性別問わずみんなに愛される、カレーマジックでありましょう。

    7b9a0a01.jpeg今日のカレーは、チキンカレーにシーフード。
    何種類かの豆を使ったキーマカレーにホワイトカレー。
    それに、豚肉とマッシュルームがドッサリ入ったハヤシライスというラインアップ。
    白いご飯とターメリックライスがあって、お皿にそれらを好きなように盛りつける。
    …、のだけれど、サラサラ系のカレーのコト。
    複数種類を一つのお皿に盛ろうとすると、どう工夫してもカレーとカレーが混じり合ってそれぞれの味に集中することが難しくなる。
    うーん、これがバイキングカレーの切なく不便なところかなぁ…、って思いながらも、そぉーっとカレーを混じらせぬよう食べていた。
    ら…。
    隣の人のお皿の様子を眺めてビックリ。
    ご飯を使って仕切りを作り、仕切りの中にカレーを閉じこめ混じらせぬように盛りつけている…、ではございませんか。
    なるほど、なるほど。
    創意工夫が食事を楽しくしてくれると言う好例。
    早速、それを真似してお代わりプレート作ってジックリ食べる。
    海辺の砂でお城を作るがごとき作業も、工作気分でまたたのし。

    「カレーの中村屋」と、他称自称するだけのコトはあるそれぞれ味わい深いカレー。
    欧風ではなく、と言って漢方薬っぽい印度風である訳でない、程よくスパイシーで程よく辛い素直に「オイシイ!」って笑顔になれる食べやすさ。
    カレーフェチには物足りないに違いない。
    けれどどれも見事に具沢山で、例えばチキンカレーなんて「鶏とジャガイモのカレー煮込み」みたいな感じの具材ゴロゴロ加減にウットリ。
    料理の補充も頻繁で「食べ放題」というより「たのしみ放題」みたいな感じがいい感じ。

    9a3b0420.jpegサラダバーも充実してて、全部で15種類ほどですか。
    葉っぱに根っこ、スイートコーンやポテトサラダと、サラダと聞かれて思い浮かべるモノがたいてい揃ってる。

    それにしてもカレーとジャガイモ。
    それもポテトサラダのようにマッシュされてるなめらかポテトはとてもよく合う。
    甘味を帯びた味わいと、そのなめらかな舌触り。
    辛味につかれた舌を休める役目を果たす。
    調子にのってかなり食べます。
    気付くと汗が頭の上からダバダバ、まるで滝のように流れて落ちる。
    小さなタオルでなんども拭くも、全然、止まる気配の無い汗。
    おどろいた。
    しかも頭がボンヤリし始め、脳味噌の中のどこか大切な部分がマヒして涅槃がちょっと近づくような…、そんな不思議な気持ちになった。
    同じ辛さも韓国的なる辛さは体を温める。
    けれどカレースパイスの辛さは頭を温めるのか…、ってそんなコトを思ったりする。
    おもしろい。

    冷たい空気が恋しくなって50分ほどで表に出、熱冷ましのためアイスクリーム。

    chocoice.jpgグロムでジェラート、フフッと食べる。
    バレンタインデーというコトでもありまして…。
    チョコレート味のアイスクリームを自分におごってやろうと、それで。

    このお店。
    チョコフレーバーのアイスクリームが全部で5種類ほど揃ってる。
    苦味、甘味に酸味に食感。
    重さ、軽さも違ってて、中でも一番好きなのが、ヘーゼルナッツの香りがたのしいジャンドゥーヤをアイスクリームに仕立てたモノ。
    苦味、酸味は最小限。
    ロッテガーナチョコレートっぽいやさしい味で、とてもなめらか。
    ボクが子供の頃のチョコは、みんなこうした分かりやすい単純な味だったんだよね…、ってなつかしささえ感じるおいしさ。
    ささっととろける口どけ感と軽さも見事。
    しかもそこに砕いたヘーゼルナッツがコツコツ入ってる。
    チョコアイスクリームとナッツの組み合わせって、歯ごたえも良くナッツの油がチョコのうま味を引き立てもするとてもうれしい組み合わせ。
    チョコチップ in チョコアイスより数段良く合う好パートナーって、個人的にはそう思う。
    一緒にザバイヨーネのアイスクリームをあわせて食べる。
    お酒の香りがほんのり漂い、最後にミルクの風味がササッと後をひく。

    お店に長い行列続く。
    みぃんな仲がよさげな笑顔のカップルで、チョコのアイスを買って味わう。
    愛の日のコト、辛さの後の甘い午後。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    カレーシンクロ
    サカキさんがカレーの時、何故にシンクロするのでしょう?
    日本人にカレーが根強く愛されているってことなのですね。

    チョコレートが苦手な私に辛いバレンタイン。
    今年は夫の大好きなオランジェットを作りました。
    デコポンの皮をエコ利用。
    何とも安上がりですが愛情は込め込めです。

    ぷりさん / 2010/02/15(Mon) /
    オランジェット
    > ぶりさん
    ボクにとって、オランジェットは母の味。
    この季節、母もデコポンや伊予柑の皮を使ってよく作っていました。
    身近なエコ。
    しかもおいしいエコってステキですよね。
    昨日はカレーの食べ過ぎで、ちょっと夜、お腹がおもくるしく感じました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/02/15(Mon) /
    無題
    サカキさんのブログで見て気になっていた
    「ナポリターナ」を先週木曜日に食べに行ったところでした。
    美味しかったけど麺食いにはちょっと量が物足りなかったのが
    残念でしたが…。
    4階は行ったことあったんですけど2階は初めてでした。
    いいですね。
    makikoさん / 2010/02/15(Mon) /
    たしかに
    > makikoさん
    ご指摘の量。
    たしかに、ナポリターナはとてもお上品な分量で、もっと食べたい…、って思いますね。
    おじいさま、おばあさまポーションなんじゃないか…、ってボクはひそかに思っています。
    ボクはやっぱりここは4階より2階が好きですね。
    昨日もシニアなお客様が行列を成していました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/02/15(Mon) /
    ドトールドッグにベジタブル10、それからちょこっとセガールのコレ HOME 玉子3個と大人のジュース
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]