忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿で始まった日帰り旅が、新宿で終わる今日…、王ろじにくる。
    e2129d9d.jpeg大正創業のとんかつの老舗であります。
    「新宿の路地裏にあって王様の味」を目指して王ろじ…、「昔からある新しい味」っていうのがここのお店の料理のテーマでメニューは全部で10種類ほどしか用意されてない。
    どれもが変わらず昔のままで、けれど他にはないモノばかり。
    特にココの「とん丼」はたまに無性に食べたくなってしまうゴチソウ…、今日がその日でありました。

    4eaa2d30.jpegかなり待ちます。
    カツを揚げるのに15分ほど。
    それにあわせてあれやこれやを準備して、どうでしょう…、30分弱は待ちますか。
    その待ち時間をココの自家製漬物を食べつつ待つのだけれどこれがまずは変わってる。
    大根、ニンジン、そこにピーマンが加わった粕漬けなのです。
    味は和風で、なのにピーマンの香りがどこか洋風で。
    不思議な味わい。

    そしてとん丼。
    丼の中にご飯、カレー、それからとんかつ。
    とんかつの上にはソースがタラリというつまりカツカレーのようであってでもちと違う。
    カレーの量が少なくて、しかもどこか一味足りない。
    辛味、うま味、甘みがそれぞれ穏やかでつまりコレはカレー風味のソースであって、あくまでカツが主役の料理。
    しかもこのカツ。
    ロース肉を叩いてクルンと丸めて芯のようにして、細かなパン粉をギッシリつけてガリッと揚げた、歯ごたえたのしいとんかつで、これまた独特。
    油で揚げているはずなのに、カラッとしていて脂っこくない…、オゴチソウ。

    ココのもう一つ名物が「王ろじ風とん汁」。
    853cc9a2.jpeg丼にタップリの分量で、しかも作り方が変わってる。
    小鍋に玉ねぎ、それからベーコンを入れてこんがり焦がしたところに、甘めの麦味噌を加えて豆腐、それからスープを注いで仕上げてく。
    だから熱々、しかも油の風味がたのしくて玉ねぎから出た甘みがおいしい、こんな作り方をする店を他にボクはしらない…、だからたしかにこれは「王ろじ風」。
    しかもこのとん丼の丼が下皿の上に丼が乗っかってるようにみえるのだけど、実は下皿と丼がつながっている不思議な造形…、どこかハイカラ、かなり好き。



    関連ランキング:とんかつ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅



    ところで本日、8月9日は長崎の原爆記念日であると同時に、野球の日であったり、鍼灸マッサージの日であったり薬草の日でもありパクチーの日でもある。
    原爆記念日以外はほとんどが、「8と9」の語呂合わせでできている中にあって実はムーミンの日でもあるそうであります。
    ムーミンの原作者、トーベ・ヤンソンさんの誕生日が8月9日だったから、世界的に今日はムーミンの日…、それを記念して動画を一枚貼っておきます。



    ねぇムーミン♪ではじめるカルピスまんが劇場の「ムーミン」じゃなくて、「楽しいムーミン一家」の主題歌の方。
    このドラマの方がほどよく暗く、原作の中に潜んでいる狂気がちらりほらりと顔をのぞかす大人な感じでボクは好き…、トアエモアの白鳥英美子さんの声も伸びやか。
    カラオケで今度歌ってみようかなぁ…(笑)。
     

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    行ってみよう♪
    今度、あるサイトの伊勢丹特集で興味を持って、新宿にお泊りに行くことになりました。「王ろじ」行きたいなー
    けろちょさん / 2012/08/09(Thu) /
    伊勢丹ツアー
    > けろちょさん
    ほぼ日さんの伊勢丹特集ですね。
    せっかくでしたら伊勢丹のデパ地下内のキッチンステージ。
    日本にもココにしかない雰囲気がボクは大好き。
    新宿にお泊りであれば、朝はぜひ、伊勢丹会館の中のBUNでモーニングをと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2012/08/09(Thu) /
    無題
    「新宿伊勢丹+大ろじ」のセットは週末の鉄板メニューですね
    TKさん / 2012/08/10(Fri) /
    そうなんです
    > TKさん
    大昔、王ろじの前に洋食の香味家さんが店を構えていた時代には、どちらにしようか迷う楽しみがありました。
    ちょっとなつかしく思い出した次第です。
    サカキシンイチロウさん / 2012/08/10(Fri) /
    楽しみ~
    そうなんです!ほぼ日
    横浜在住なのに、東京といえば銀座しか知りません。新宿でビュー、とっても楽しみ
    けろちょさん / 2012/08/10(Fri) /
    新宿
    > けろちょさん
    街として素敵な場所はどこ?と聞かれれば、文句なく銀座をあげると思います。
    新宿という街そのものにはあまり魅力をかんじないのですけれど、伊勢丹という場所は特別。
    横浜から東京にお越しになられたら、迷わず丸ノ内線にお乗りになって、新宿三丁目でおり伊勢丹へ。
    そこで堪能されたら、また丸ノ内線で銀座に向かって、街歩き。
    そして再び横浜へというのが、いいかもしれません。
    サカキシンイチロウさん / 2012/08/10(Fri) /
    行ってきました!
    新宿、行ってきました!
    たのしかったー。伊勢丹は、予想外のエンジョイっぷり。一家で楽しんできました
    残念ながら街歩きに忙しくて、サカキさんお勧めの場所にはいけなかったけど、今度はもっといろいろ見たいなーと思います
    なんか新宿って、小宇宙って感じでした
    けろちょさん / 2012/08/14(Tue) /
    よかったです!
    > けろちょさん
    新宿という小さな宇宙の中にある、無限の宇宙。
    それが伊勢丹ですよね。
    たのしまれたようで良かったです。
    サカキシンイチロウさん / 2012/08/14(Tue) /
    200円と300円 HOME 一品香
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]