忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    さすがに昨日は食べ過ぎで、体もほとんど動かしてない。
    それで朝もお腹がすかず、朝食抜いて昼をお外でランチとします。
    sj.jpg丸ノ内線にて新宿にいく。
    途中、さすがに新宿三丁目の駅でほとんどの人がおりちゃう…、初売りはじめた伊勢丹や初詣の場所のひとつでもある花園神社の最寄り駅にて、だからそこを過ぎるとガラリン。
    新宿駅の界隈は、すでに初売の大きなショッピングバッグをもった人で一杯。
    そこからちょっと歩いてオフィス街の西新宿に向かうとなんとも静かでまるで、ゴーストタウンのようになってる。
    超高層ビルのひとつ、野村ビルの地下にあるサルバトーレにやってきました。

    食べ過ぎだから朝を抜き、にもかかわらずピザとパスタのバフェにやってくるというのに自分ながらもビックリします(笑)。

    8a83483d.jpgまずは野菜をタップリと。
    葉っぱ野菜を生で食べるのは、あんまり得意じゃないのです。
    けれど熱の通った野菜。
    特に根菜類や豆のたぐいはかなり好き。
    今日もバフェのカウンターに、レタスの葉っぱがたっぷりあった。
    けれどそれ以外にもあれこれたくさん。
    例えばヒジキとツナの炒め物。
    筒切り大根のトマト煮や、キャロットグラッセ。
    どれも味わい深くておいしくて、中でも豆。
    いろんな種類の豆を煮て軽くドレッシングで和えたサラダが用意されてて、ホツホツとした豆独特の食感がとてもたのしい。
    空いたお腹を野菜でまずは満たしてあげる。
    なんだかステキ。
    いい気持ち。

    正月というこの時期の、ユッタリとしたここの雰囲気。
    なかなかなモノ。
    いつもなら、行列しないと料理を取れぬ混雑状態。
    けれど今日は食べたいときにバフェカウンターにゆけば、すぐに料理にササッと手を出し取り分けられる。
    満席状態にはなかなかならず、だからといって料理の種類が少ないか?っていうと決してそんなコトはない。
    料理がでてくるタイミングだってスピーディーでお客様にさみしい思いをさせぬよう。
    同時に料理が劣化せぬようにと、一生懸命がんばっている。

    10f476cb.jpgパスタやピザはいつも通りの大盤振る舞い。
    小一時間の間にできてやってきたモノをざっとあげただけでもボンゴレ、ミートソースにツナやしらすのトマトソースのスパゲティー。
    角切りにした豚肉をジックリ煮込んだソースであえた、ペンネはピリッと辛くて旨い。
    ただロングパスタは麺がちょっとかわりましたか…。
    アルデンテではない。
    けれどコシだけはある不思議なパスタ。
    時間がたっても伸びない。
    だからバフェのパスタとしてはいいのだろうけど、ソースののりが悪くて何を食べてもおんなじ味がするのがちょっとかなしい感じ。

    その点、ピザは変わらず上等。
    だから結局、ピザをメインに手がでしまう。
    しらすのピザが2種類あって、ひとつはトマト。
    ソースのサラッとした味わいとしらすの風味が好相性。
    もうひとつはソースを使わず、チーズとしらすだけで食べるというモノで、魚にチーズは本来あわぬといわれているのにコレは例外。
    豚のもも肉を熟成させて作ったハムをのっけたピザは、肉の香りが濃厚で一口齧ると口の中が肉まみれになる…、オモシロイ。

    20f3ee23.jpgツナのピザやら、コーンをちらしたおこちゃま風のピザもある。
    どれもおいしく、けれど中でも、オキニイリだったのがオレガノのピザ。

    トマトソースにオレガノをちらしただけのピザなんだけど、このオレガノがとてもおいしい。
    アメリカのピザの香りがするのです。
    ちょっと下世話な味とでもいいましょうか。
    けれどピザの生地はそのままイタリア的。
    サクッと焼けてて薪の香りがこうばしく、けれどモッチリ、歯ごたえたしか。
    チーズもツルンと粘り気もって、ミルクの風味を吐き出していく。
    シンプルだからのこのおいしさに基本がしっかりしているってステキだなぁって思ったりする。

    それからもひとつ。
    アーティチョークを使ったピッツァ。
    イタリア語ではカルチョーフィ。
    日本語に訳してしまうと朝鮮あざみっていきなりおしゃれじゃなくなるんだけど、その植物のつぼみを食べるという趣向。
    茹でてそれを酢漬けにしたのを、細かく刻んでたっぷりピザにのっけて味わう。
    ツルンとした食感は、缶詰にしたホワイトアスパラガスのよう。
    あるいは筍の姫皮みたいなツルツルスベスベした歯ごたえが、とてもたのしくチーズと一緒になるとツルツル、その食感が一際ひきたつ。
    昔、アーティチョークは相当に高級な店でなくちゃ扱わぬ高級食材のひとつだった。
    けれど今ではこうしてバフェの店にもでてくる。
    なんだかちょっとシアワセになる…、そんな昼。

    実はココを選んだ理由。
    確実に今日のランチをやっているというコトが、わかったから…、なのであります。

    salvat.jpgサルバトーレのウェブサイトには全店分の年末年始の営業スケジュールがとても丁寧に説明されてた。
    年末年始のこの時期は、お店が開いているかどうかかなり気になる。
    近所のお店なら行けばいい。
    けれどワザワザ。
    友人さそって正月だから、ちょっと気取って食事をしよう。
    そう思っても、いつから営業しているのかを調べる術があまりない。
    お店の人は、入り口のとこに告知してるからいいでしょう…、って思っているのかもしれないけれど、それではまるで役に立たない。

    常連さんでなりたっている小さな店ならそれはそれ。
    けれどホームページやブログを持っていながらまるで、そうした情報が発信されていないお店があまりに多い。
    有名人が来ましただとか、今日のお得なメニューはこれとか。
    そうした告知はかなり丁寧にアップされているくせに、年末年始の営業スケジュールはどこを探しても書いてない。
    ニュースページの最後の更新が、12月30日。
    来年もよろしくお願いいたします…、ってコメントいれていながら、その来年がいつから営業スタートするか書いていないという不思議なお店もありました。
    こうしたところもサービス精神。
    その点、ここの会社のウェブ対応はとても的確、丁寧でただそれだけで来てあげる価値があるんだと思って、それで今日のランチと相成った。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    そうなんです!
    あけましておめでとうございます!

    ことしもいろんな

    ゴキゲンなごはん

    たのしみにしております!

    ぼくも明日の遠足の

    準備をしながら

    う〜ん

    やってるか

    わからん

    というお店ばかり

    さてどうしましょ

    って

    ただいま

    情報収集中

    さてさてみつかりますやら
    ネコスタさん / 2012/01/02(Mon) /
    なんでなんでしょうね?
    > ネコスタさん
    飲食店の人たちって、それほど危機感がないのかしら。
    そんなにお客様にきて欲しいわけじゃないのかしら…、って不思議に思ってしまいます。
    明日からの遠足。
    ステキなモノになりますように!
    サカキシンイチロウさん / 2012/01/02(Mon) /
    ポールバセット・初詣 HOME スキヤキ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]