忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    そして伊勢丹…、キッチンステージにやってくる。



    ちょっとご無沙汰。ほぼ2週間ごとにプロデュースするシェフが変わる実験室みたいな小さなレストラン。
    ここしばらく食指が動かず、それでかなりのひさしぶり。
    ボクだけじゃなく案外人気不人気がシェフによってあるようで、なんだか人気投票みたいでオモシロイけど、シェフの立場としてはかなり気になるシステムなんだろうなぁ。



    クリスマスまでの3週間ほど、広尾のイタリアンレストラン「アクアパッツァ」の日高さんの料理がココで味わえる。
    軽やかで都会的なイタリア料理。
    バブルの時代に「フランス料理よりイタメシだよね」と、大人男女をして言わしめた時代の寵児的お店のひとつ。
    なんだかちょっとなつかしてくって、それで来ました。



    前菜とメインの二皿ランチの構成。
    前菜はサラダ仕立てで、おいしい野菜にこだわる最近の料理界のムードを感じる。
    添える料理が帆立か鶏か。熱の入ったモノを選んで、スティーム仕上げの鶏を選んだ。塩麹を使って旨みを染み込ませ、しっとり仕上がる鶏はなかなか。
    軽めの油とトマトの酸味でさっぱり味わう軽さがたのしい。
    ただハーブ野菜を平皿に盛ると、なかなかキレイに食べきれない。何度も何度もフォークで突き刺し、あるいはすくい、隣のおばさまも「食べにくいわねぇ」ってぶつくさしながら食べていた。ちょっと配慮が欲しかったかなぁ…。



    メインはアクアパッツァ風、花野菜のラザニアという料理。
    ソース違いで2種類あって、ひとつは牛肉のブルギニオン風のコッテリ味。もう一種類はオマールエビと魚介のトマトソースというので、エビのソースを選んでたのむ。
    日高さんと言えば、肉より魚って印象があり、それでそちらを。
    お店の人にどっちが人気ありますか?って聞いたらお肉という答え。肉好き女性が多いのかしら。オモシロイ。
    シーフード的海の匂いが強くただよい、そこにチーズが焼けた香りが混じってかなり特徴的な匂いがしてくる。さて、食べる。



    まずはエビをパクリとひと口。ムチュンと歯切れる頑丈で、たくましい味のオマールエビで、あぁ、これを選んで良かったとしみじみ思う。
    けれどエビはこれ一切れで、残りはイカと魚でござった。ちと残念。
    ラザニアの中にはタップリ、カリフラワーとブロッコリ。それがホツホツ、歯ざわり軽快。そこにポッテリしたクリームソースとネットリとしたチーズがまじる。ラザニアの生地がスベスベしてて、食感にぎやか。たのしい料理。
    ほどよき量をお腹に収め、仕事の続きをいたしましょう。


    関連ランキング:レストラン(その他) | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    アサンドイッチ HOME ラインで朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]