忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、おいしいものでお腹を軽く満たしたく、それで新宿「カフェ・トロワグロ」。



    小田急百貨店の中にある、トロワグロがプロデュースした気軽なレストラン。かなり人気があって、ランチタイムにはたいてい待ちの行列なんだけど、一人がけのテーブルがあり、一人客はそこを優先的に回してくれる。
    それがウレシク、今日もすんなり。
    客席ホールの一番奥で、テーブルの向こうに西新宿の超高層ビルを眺める大きな窓がある。
    だから写真を撮ると必ず逆光写真…、撮影者としてはいささか面倒だけれど、観察者としてはとてもたのしい、都会ならではって感じのテーブル。オモシロイ。



    前菜料理とメインディッシュを選んで仕立てるプリフィクス。
    まずは仔牛のフィレをローストしたモノを。筒状の肉を薄切りにして、オランデーズソースで飾ったお皿に並べる。
    トマトとスナップえんどうと、アスパラガスが彩りで、茹でた野菜は甘くてザクッと歯切れる食感、なかなか軽快。ケイパーちらして鋭い酸味で舌たのしませる。
    ロゼ色をした仔牛の肉が、ネットリ舌にからみつく。
    メインディッシュに向かう食欲湧かせるほどよき一品。そして次。



    真鯛のヴァプール。蒸し焼きにした真鯛の切り身をソースの海に浮かべたひと皿。
    トマトウォーターとタマリンドで風味をつけた、サラッとやさしいソースで真鯛の切り身の下にもトマトを忍ばせ、トマトの酸味と香りがさわやか。
    しかもタマリンドがカレーっぽい、エキゾチックな香りもくれて、ソースの最後の最後まで、パンで拭って食べたくなる。
    それにしても今日の二皿どちらとも、酸味を帯びたクリーム系のソースを使う。最近のはやりのフランス料理の味なんでしょう。
    女性のお客様が多いというのも、こういう味に料理が向かっていく理由って思ったりした。
    真鯛の上にのっけた細切りのヴィネガー漬けのセロリがシャクリと、口をリセットしてくれるのも心憎くて、お腹が軽く満たされる。



    それにしても、ここにくるたび感心するのだけれど、ここのパンとコーヒーは本当においしい。
    レストランとして、パンとコーヒーを褒められるというのは果たしてウレシイことかどうか、いささか迷うが、けれど日本料理の店で、ご飯と汁がおいしいコトはステキなコトでありましょう。オキニイリ。


    関連ランキング:フレンチ | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    親子ディナー HOME 花びら餅
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]