忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    池袋での勉強会を終えてそのまま、早めの晩飯。
    34f34187.jpeg「TEISHOKU美松」というお店にやってくる。
    池袋駅の西っ側…、サンシャインシティーができてずっと駅の東側が街の中心のように振舞っていてだからこの店のある界隈は、街の裏側、外れっていう感じだった。
    ところが副都心線の駅が駅の西側にでき、東京メトロがエチカっていう商業施設を地下に作って人の流れがこちら側にもできるようになって最近、ちょっとにぎやか。
    昼は人気があったけど、さすがに夜は静かだったココも最近、夜もにぎやか。

    f514f44d.jpeg今日も早めの時間というのにほぼ満席。
    外国からのお客様が一組いて、何かを見てきたんですか?と言ったら、ガイドブックに書いてあるって。
    TEISHOKUって言葉に惹かれてやってきました…、と。
    へぇ、オモシロイ。

    それにしても今日の勉強会は気合が随分、入りました。
    ラーメン店を独立開業したい人。
    あるいは、ラーメン店の経営を通して人生をシアワセに送りたい人と一緒に、どうすればそんな夢が叶うんだろう。
    それを一緒に考える勉強会で、みんな真剣。
    なによりまっすぐでエネルギッシュ。
    次々質問がでるし、その質問が的を射ていて答えるボクが勉強になる。

    今までやった勉強会で、もしかしたら今日の勉強会が一番情熱的でたのしいモノだったかもしれないなぁ…、と思いながら、メニューを見てたらお腹がなった。
    頭を使うとお腹が空きます。
    しかも厨房の方からずっと美味しい匂いがしてきて、もうたまらない。

    たのんだメニューはむぎとろ定食。
    麦の混ざった雑穀米…、そこに濃厚出汁で丁寧にのばしたとろろ。
    実は、ココに歩いてくる途中、ずっと喉の奥をながれおちていくとろろの食感を感じてきました…、だから迷わずこのメニュー。

    051823ca.jpeg焼いた魚と小鉢、味噌汁、漬物がつく。
    生干しの魚をバリッと焼いたモノ。
    自分の脂で表面パリパリ、揚がるように焼けていて、中骨ペロンとめくるとあとは、バリバリまるごと食べられる。
    そうやってバリバリ魚を食べてたら、外人さんたちが目を丸くしてこっちをみてる。
    この食べ方が粋なんだよ…、って言ってやったら「Oh! wonderful」って。
    決して嘘をついたわけではないのだろうけどちょっとお尻がくすぐったくなる。

    ココのとろろは濃厚で、注文してからすりおろす。
    だから力がとっても強い。
    トロロであまり負けない肌の持ち主で、なのにココでトロロを食べるとちょっと唇が痒くなってくる。
    痒さが効いてる。
    お腹の中からこの痒い成分が体にシッカリ行き渡り、元気が滲みだしてくような滋養に満ちた自然のゴチソウ。
    ご飯にかけてザブザブ食べるのが好きでなく、ご飯を食べてはトロロを器から直にすすって口の中で混ぜあわせ、とろりと飲み込む…、その食べ方をまた外人さんが面白そうにみてるから、これは真似しないほうがいいよと言った。
    それというのも、ボクの後からやってきたおじさんが同じ料理をたのんでご飯にトロロをかけて、ズルズル音を立ててすすって食べはじめてた。
    あれが本当の食べ方なんだよって耳打ちしたら、あれはちょっと苦手だなって。

    818efd77.jpegなめこのはいったお味噌汁。
    これまた出汁がしっかり効いてて、しみじみおいしい。
    小鉢は大根と竹輪を炊いたやさしい煮物。
    それに卵焼きがほんの少々。

    実はここの卵焼き。
    「砂糖・醤油・塩・甘辛」と四種類の味に調整してくれる。
    ココの甘辛味はコッテリおいしくて、それにしようとも思ったんだけど別のモノを今日はたのんでみたかった。
    だからちょっとだけ卵焼きをサービスとしてくれたのでした。
    味は塩味。
    だから玉子の風味が強くて、いつもと違った味わいたのしむ。

    たのみたかったのはこのタラコ。
    ひと腹まるごと焼いてくれるのだけど、その焼き方を指定できるのでありまして、やわらかめ!ってお願いすると、この焼き加減。
    外はこんがり、熱を通してだから魚卵が白っぽく、カラカラ乾いて仕上がっている。
    けれど芯に行くにしたがい生のまんま。
    だからシットリ、なめらかで一度にふたつの料理を食べてる気持ちになれる。
    あなた好みでおもてなし…。
    なんてやさしいっていつも来るたび、感心します。
    ご飯がおいしい…、だって自家精米で昔から、炊き加減にも気を配っている。
    お漬物も自家製で、おかずも汁も、すべてがご飯をおいしく食べてもらえるように最適化されているのがウレシクなっちゃう。
    さてさて家に帰りましょう…、今日はお風呂であったまろ。



    関連ランキング:定食・食堂 | 池袋駅要町駅

     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    なんと素敵な!
    美味しそうな定食なのでしょう!
    とろろ芋自体は苦手だったりするのですが、
    きっと、他の定食も美味しいに違いないと思わせてくれる、
    パワーがありますね。
    実は昨日、池袋に行っていたので、
    もう少し、早く知っていればと、地団駄を踏む次第です。
    rikoさん / 2012/03/16(Fri) /
    池袋
    > rikoさん
    おむすびの定食だったり、ときに豚汁が主役の定食なんかがありもするのです。
    本当に普通の料理。
    けれどとても丁寧に作られた料理にもてなされるって、本当にステキです。
    駅前のデパートや商業施設ばかりがクローズアップされる池袋という街も、ちょっと歩くとこうしたお店が隠れている。
    ステキなことです。
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/16(Fri) /
    うっかりグレース HOME タカセのランチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]