忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿で昼…、「大庵」という蕎麦の店にてランチとします。



    JRの駅の地下のビルの中。くらわんかっていう郷土料理の居酒屋の提灯が並ぶ入り口入り、地下に向かうとそのお店。2階にあがるとあるのがこの店。
    ドアをあけると、そばの実を挽いてそば粉にしていく石臼。
    夜になると炙り料理を調理するオープンキッチンを囲むカウンター。個室のようなテーブル席がいくつか並び、新宿の街を眺める大きな窓辺に禁煙席がある。
    外の光が入ってくるのに、不思議なほどにお店の中は落ち着いていて、影がとてもココチヨイ。



    蕎麦や丼、季節の料理が揃ってて、気軽な定食もあるけれど「大坊ご膳」というのがおすすめというのでたのむ。
    まずはサラダと今日の惣菜がやってくる。
    葉っぱにトマトにドレッシング。クルトンがわりに揚げた蕎麦。ポリポリ奥歯で壊れる度に香ばしい匂いが鼻から抜けていく。
    カウンターの隣に座るおじさまが、同じご膳をたのんでビールを飲んでいた。
    昼の蕎麦屋で酒を飲む。なんて大人でらっしゃいましょう。

    それに続いてメインのご膳。



    二段重値のお重が向こうに。手前に大きな茶碗蒸し。甘味がのった器に自家製汲み上げ豆腐。蕎麦を食べるためのタレと薬味がお盆の外に置かれてる。
    ギッシリ、みっちり、目の前がニギヤカになるのがステキ。
    お重の上段をとるとそこには蕎麦がある。
    みずみずしくてツヤツヤしている蕎麦からまずは食べたくて、けれど他にも魅力的なる料理がさまざま。一度にズラリと料理がやってくるのはとてもウレシクて、けれどどれから食べるか箸と気持ちが迷ってしまう。ナヤマシイ。



    上等な出汁をタップリ含んで、舌の上でフルンと揺れるほどなめらかな卵焼きにはウットリします。
    ほんの一口分の寿司。懐石料理だと「おしのぎ」ってコトになるんでしょうか。イカがネットリ、味わいぶかくてやっぱりお酒をねだってきます。
    鶏の鴫焼き。かために茹でた枝豆と、決して量は多くないけど味わい、食感多彩で気持ちが満ちる。
    茶碗蒸しがタップリあって、お腹がおいしく温まる。温まる上、ドッシリお腹に溜まる感じで、けれどそれもほとんど出汁という軽やかさ。蕎麦もほどよき一人前で軽い満腹を作ってくれる。



    お腹いっぱいにしちゃうと午後の仕事にすぐにとりかかれない。
    熟した大人のお腹には、こんな程度の昼がいいかも。そば湯で割ったタレを飲み甘味のプリンをキレイに食べて、それでもお腹が軽かった。
    それにしても、食器の一つ一つのすばらしいコト。
    なにより最後のプリンの器。手になめらかな漆のお皿で、すくって食べるスプーンも漆器。唇や舌にさわって撫でていく、その感触もやさしくて、日本料理の粋を感じる。いいお店です。オキニイリ。


    関連ランキング:そば(蕎麦) | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    漆の食器
    綺麗ですね、素晴らしいですね。
    リーズナブルなお昼のお食事処で使われているとは、本当に、日本人の優れた感性を感じますね。
    今、朝ドラの”まれ”を夜に見られるのですが、若御主人が能登の漆職人で、漆の創作過程やら色々出てきて、ちょうどタイムリーで、サカキさんのお写真楽しませて戴きました。
    ボルテイモアのおかずさん / 2015/07/08(Wed) /
    箱庭的うつくしさ
    > ボルテイモアのおかずさんお重やお盆という小さな舞台に、色美しく料理をあしらうこういう感性。
    日本ならではだなぁ…、って思いますネ。
    サカキシンイチロウさん / 2015/07/09(Thu) /
    追伸
    朝ドラでは、主人公のまれちゃんがパテイシエという事で、見本市で、能登の漆器にケーキをのせて”新しいコラボ”ということだったのですが、こちらのお店は実際に、漆器でプリンを供されているんですね。すごいなあ。
    ボルテイモアのおかずさん / 2015/07/09(Thu) /
    ヘンテコラーメン、ビフカツサンド HOME クリーム・オブ・ザ・クロップ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]