忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    さすがに夜はお腹が空かず、うどんでサラッと。

    tmd.jpg西新宿の麺通団でとることにした。
    讃岐風のセルフのうどん屋がどんどん出来て、今となっては決して珍しくはなくなった。
    けれどやっぱりこの店の存在感は独特で、ワザワザ来るだけの価値があるってしみじみ思う。

    うどん王国とかって言われる讃岐。
    街の至る所は言うに及ばず、畑の中や山の中にまでうどん屋がある。
    ひとつひとつのお店にご贔屓さんたちが必ずいてわざわざ自分の好きな店まで車を飛ばしてかけつける…、なんて日常茶飯事。
    便利で安いのだけが魅力ではない、つまりうどんの文化がしっかり根付いてる。
    そんな讃岐のうどん屋さんになるべく忠実にあり続けるよに、とがんばっているのがこのお店。
    一時の熱狂的なヒットと行列はなくなったけど、のんびりとした今の方がずっと讃岐な感じがしていい。

    fca89370.jpeg入り口の真っ正面にうどんを茹でる大きな釜。
    奥にうどんを切る場所があり、ちょっと小さな製麺所風。
    そこでうどんをたのむと、冷たいうどんはそのまま茹でて〆た麺を手渡される。
    温かい麺はチャッチャとお湯で麺を温める。
    釜揚げうどんだけはたのんでそれから茹で上げるので、待たなきゃいけない。
    お釜の前にベンチがおかれてそこで座って待つ仕組み。
    釜玉うどんなるモノがここの名物でもあって、だからかなりの人がいつもココに座ってる。
    丼もらってお店の奥にむかっていくと天ぷらコーナーがズラッと続く。
    そこで好きな天ぷらをとって進むとおにぎり、総菜コーナーがあり最後にレジ。
    お金を払って出汁をうどんに注いで食べる…、というこのシステム。
    ここまで大規模に、そしてシステマティックにしたのはココのお店が最初でしょう。

    天ぷらカウンターの後ろ側にはおでんがグツグツ煮込まれて、そのまた横には生ビール。
    屋台が並ぶようなこのさま、ワクワクします。
    今日は竹輪の天ぷらに、じゃこてん、それからウィンナさんを串刺しにして天ぷらにしたのをおかずにとる。
    それから鮭のおむすびと、今日初めての新顔料理「豚平焼き」をとってみた。
    普通は薄切りばら肉でつくる豚平焼きをここでは、豚の角煮を玉子と粉で固めて焼いたオリジナル。
    歯ごたえ、味わい、どれもうどんに負けぬ主張があってよい。

    0488f69d.jpeg生醤油うどんをたのんで食べます。
    ヌルんとなめらか。
    コシがあるけど芯はムッチリ。
    歯応えよりも喉ごしたのしい麺の具合も讃岐風。
    甘味と旨味が際立つ醤油を大根おろしと一緒にかけて、ワシワシ混ぜてズルンとたぐる。
    出汁なぞまるで必要のない、麺そのものの旨みが際立つ、讃岐うどんならではの味。
    冷たいうどんがスルスル喉をかけおりて、お腹をヒヤッと涼しくさせる。
    昼のご飯がまだ残ってる、なのにスルッとタップリの麺がお腹の中におさまっていく。
    やっぱりボクの体の中にはうどんの国の血が流れてる。
    そんなコトを思ってニッコリ、そろそろ部屋に戻りましょう。

    ところでバンクーバーの冬季オリンピックも佳境であります。
    地味ながらそれなりの盛り上がりをみせるよき大会。
    絶妙の時差で、たとえば昨日の女子フィギュアのライブ中継のため株式市場の取り引き量が激減した…、ってなんだかちょっと愉快なり。

    オリンピック関係のいろんな動画。
    あるいはオリンピックを題材にしたプロモーション映像が続々アップされていますが、中でもピカイチ。
    あぁ、素晴らしいと思ったのがコレ。
    プロクター&ギャンブルが作ったフィルムです。



    今、オリンピックでがんばっているすべての選手におかぁさんがいる。
    おかぁさんにとっては誰もが子供なんだ…、というメッセージ。
    ウルっときます。
    いくつになっても母は母。
    いくつになっても子供は子供。
    「to théier mom, they'll always be kids」というなんとも分かりやすいメッセージの後、最後の最後にこの一言。

    「proud sponsor mom」…、おかぁさんのスポンサー(支援者)であることを誇りに思う。
    田舎に電話をかけて元気な声を聞きたくなった。
    この真剣と真摯がステキ…、オキニイリ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    良い言葉ですね。全ての人にお母さんがいる。
    当たり前のことだけど、普段は忘れがちですよね。両親に感謝しなくちゃ。
    あと、親孝行も少し。
    チキンさん / 2010/02/25(Thu) /
    元気でいることが
    > チキンさん
    両親が元気でいてくれているだけでなんだか安心しますよね。
    そして両親が元気でいてくれている間は、毎日、ちょっとだけでも思い出すことを心がける。
    それが一番の親孝行のように思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/02/25(Thu) /
    めんつーだん
    最近新宿に行く事がないのであまり行けてませんが、
    ○亀に行くたびにひやあつが食べたくなります(笑)
    今度は夜も行ってみたいです♪
    せーたんさん / 2010/02/26(Fri) /
    ひやあつ・あつひや
    > せーたんさん
    ひやあつ、あつひや、ひやひや、あつあつ。
    うどんに対する讃岐の人たちのこだわりってスゴイって思いますよね。
    ボクのお気に入りのうどんやさんは宇多津にあります。
    肉うどんがおいしいんですよねぇ。

    ここの夜。
    まったりしていておすすめです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/02/26(Fri) /
    クロワッサンウィッチ・バーガーキング HOME キツツキ頭でコツコツする午後
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]