忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    用事があって新宿に出て、ランチを「飲食笑商何屋ねこ膳」にくる。



    伊勢丹近く、花園神社の参道脇にある店で魚がおいしい定食屋という、この界隈では稀少で貴重なお店であります。
    変わったモノや高級なモノを扱う飲食店は多いのだけど、日常使いができる普通のお店が少ない…、これが新宿三丁目というエリアの特徴。
    だからでしょう。近所の会社のサラリーマンで昼はいつもとってもにぎやか。
    今日もほとんど満席でカウンターの真ん中にある料理が出される窓口みたいな場所の隣の席をもらった。



    料理ができるとまずこの場所にそれが置かれる…、臨場感が満点の場所。
    目当ての料理をたのむと時間がかかるというので、友人がたのんだ生姜焼きの定食を分けてもらいつつ、ユックリと待つ。
    出てくる料理が全部おいしそうにみえて、ココで試食ができればどれほどステキだろう…、って思ったりする。
    炒めた玉ねぎの香りと甘みがおいしさそそる、基本の味は醤油味。かなりキッパリした味わいでだからご飯がもりもりすすむ。豚ひき肉をタップリ使ったキーマカレーをサイドにもらって、食べてるうちにやっと来たのがこの一品。



    脂ののった「大トロあじ」をじっくり時間をかけたモノ。
    分厚くしかも大きくて、皿からはみ出すほどのボリューム…、しかも自分の脂で皮が揚がったように仕上がっている。
    脂が沸騰したような大きなアバタがたくさん出来ててこれなら皮まで食べられる。
    肉はしっとり。青い魚独特の濃厚な味と、焦げた香りがなんとも旨い。
    魚でご飯を食べるって、大人になったような気がする。



    追加でウィンナフライをたのんでかじる。
    パン粉をギッシリはりつけて、こんがり揚げてるまさにフライで、カサカサとした食感が口をくすぐる。
    揚げ物を食べると元気がでてくるような感じがするのがオモシロイ。
    焼いた魚にはガリと大根おろしがサイドについて、口の中の脂っこさをそれでリセット…、カリカリとした歯ごたえもたのしく軽快。
    ワカメが入った赤出汁もドッシリ味で、ご飯がもりもり味わえる。
    そういえば、四谷三丁目にもこういうお店があんまりなくて、近所にあったら通うのになぁって思ったりもする。オキニイリ。


    関連ランキング:居酒屋 | 新宿三丁目駅東新宿駅西武新宿駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    カフェラミル HOME 寒い朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]