忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    麦汁の泡と軽いつまみでお腹が本格的にすいてきて、家に帰る途中で今日の〆をしましょと、回転寿司。



    「沼津港」にやってくる。
    銀座の商業ビルに支店をだして、そこにごっそり、元気なメンバーが移ってしまった。それでちょっとぼんやりしたような雰囲気になり、しばらく足が遠ざかっていたのだけれど…。
    ひさしぶりにやってきたらば、威勢がよくて気が利く握り手さんが増えていて、かつての明るい雰囲気になっていたのにホっとする。
    回転寿司は人を売る商売。ネタがどんなに良くても人が生き生きしていなくてはしょうがないんだ…、って思ったりする。さぁ、食べる。



    表面軽く炙ったカツオ。生姜をタップリのっけてパクリ。
    うなぎにマグロの赤身の漬け。どちらもネットリ。舌にまとわりついてくるような肉感的なるオゴチソウ。
    小柱を軍艦にしてパクリと食べると、クシュッと奥歯で潰れ続ける食感たのしい。食感といえば子持ち昆布のパリパリこれもずっと奥歯も周りで破裂するような、軽い食感がおもしろく、ムッチリとした海の旨味にウットリとなる。



    次々お客様がやってきて、次々ネタが「山」になる。
    ネタがなくなっちゃうことをヤマと呼ぶ。山を登りつめるとそこからさきに何もないからそう余分だけど、なくなるコトを「マイナス」じゃなく、てっぺんとして考えるこの前向きがボクは好き。
    人生も山で終えたいモノでござんす。
    あら汁たのむと、ボクで「山」。なんだかめでたく、しかも鮭のアラがタップリ入って濃厚味にニッコリします。



    唇と歯茎の間にこびりつく、子持ち昆布のつぶつぶを、舌先使ってこそげとる。顔の筋肉のトレーニングをしているみたいで、クスリと笑う。
    あれこれ他にもつまんで食べて、〆に中トロ鉄火をたのむ。
    ギュッときっちり巻き込んだ、大人の〆にはぴったりのモノ。いつも大抵たのむんだけど、今日のは大葉がお供。これははじめて。
    大葉の風味がさわやかではあるのだけれど、中トロ独特の脂の香りを損なうようで余分かなぁ…、握り手さんの趣味がこうして反映される。しょうがない。



    ちなみに本日、一番オキニイリだったのが、貝のさまざま。
    ホッキを1個丸ごと使った寿司は握りと干物部分の軍艦巻き。肉厚。ネットリみずみずしくて、軽い渋味が貝独特。
    本ミル貝があるんですよ…、ともらうとこれが絶品でした。
    ゴリッと食感頑丈で、口いっぱいに甘みを帯びた旨味がじんわり広がっていく。海の滋養をしんみり味わう。オゴチソウです。金曜日。


    関連ランキング:回転寿司 | 新宿駅新宿西口駅都庁前駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    工夫のパスタ HOME ヱビスのバー
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]