忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝にサンドイッチを作る土曜日。今日はマヨネーズを使わず味を整えようと、具材タップリ。エディアールのちょっと潮目の強いパンを8枚切りにしてもらい、耳をスパッと切り落としたのをトーストします。



    トーストにまずはバターと芥子をほどこす。
    薄切りにしたアボカド半個に塩と胡椒とふりかけ休ます。オリーブオイルでドレスして、それをズラリとパンに並べる。
    ミニアスパラガスをこんがり焼いて、並べたところに茹でたエビ。レモンを搾ってディルの葉っぱに塩コショウ。パンで蓋してスパッと切った。
    マヨネーズ系のソースでまとめていない分、ズレぬように切るのに少々難儀してそれでもちょっと傾いちゃった。
    とは言え味は上等です。アボカドのクリーミーな食感がクリーム系のソースのようにふるまって、エビの旨味や風味をひきたて明るい朝のゴチソウにする。今日は一日、のんびりです。

    そして昼。回転寿司を無性に食べたく、それで新宿歌舞伎町。桜すしという前から気になっていたお店をを選ぶ。



    メタリックなレジ周り。赤色基調の派手な内装と、どこか海外にある日本料理のお店のような風景が、もしかしたらハズレかも…、って妖しい空気を放ってる。
    けれどお店に入ると案外これがにぎやかで、しかも厨房の中にはちゃんと職人風情の人が入って「いらっしゃい!」。
    ベルトはあるけどその中にネタショーケースと握り台。屋台の寿司屋がベルトの中にあるような不思議な景色に再びびっくり。



    食べたいネタを注文すると、その握り台でにぎられてお皿に乗ると、サービススタッフが持ってくる。
    ベルトの下と食べるカウンターの間がちょっと開いていて、その隙間からササッと鮨がやってくるのがなんとも新鮮。
    オモシロイ。

    寿司を握ってもらいます。
    寿司といえばまず貝で、ホッキにツブ貝、赤貝と続けざまにもらって食べる。生ダコもおいしいですよというのでそれも。プルプル、サクサク、ネットリ、むちっとどれも食感鮮烈で味いゆたか。なによりシャリがキリッとしてて食べているのがたのしくなるような、よきお寿司。



    大帆立貝の柱というのがあってたのむと、これが肉厚。ツヤツヤしていて、口に含むとネットリ歯茎にまとわりついてくるような見事な柱。
    口いっぱいに旨味が広がり、ずっと口を動かしてたくなるオゴチソウ。

    まぐろ三貫という盛り合わせ。



    赤身に中トロ、大トロが一貫づつつき600円。かなりの人気があるようで、次々、注文が入ってくる。注文が入るだけじゃなく、ベルトの上にも流れるんだけどすぐになくなり、それで追加の注文が…、という作れば売れるという状態。
    まぐろの質がいいですもんね。
    ちなみに先の大帆立も1貫一皿で550円という値段設定。安く売らなくてもいいネタを、適価で売れる。当たり前のコトが今の日本じゃ結構、むつかしくって、その当たり前を許してくれる消費者が、実は外国人だという現実。



    この店も、半分くらいが外国からのお客様たち。
    なんだかいろいろなやましい。
    キラキラとしたコハダの握り。キリッと酸味がきいていて、ムワッとむせるようなコハダの香りが美味い。
    釣り鰺は、切り目が爆ぜるような新鮮。脂ののりも極上で、口の中でとろけるおいしさ。
    焼いたアナゴは太ってこれまた脂がのって、塩をほどこしそこに少々、甘辛つめをかけたもの。
    お店の風情に格調がなく、あまりに普通の回転寿司に見えているのがもったいないほど、実力派にて感心します。オキニイリ。


    関連ランキング:回転寿司 | 新宿西口駅西武新宿駅新宿駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    激辛祭りで汗をかく HOME 二年目、いしやん
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]