忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、新宿の西口で回転寿司でササッとすます。
    nmk.jpgかなりの繁盛店で、いつも週末はずっと行列。
    今日はどうかなぁ…、と思いはしたけどお盆休みのまっただ中。
    昨日の「山ちゃん」にすんなり入れたことでもあってちょっと覗いた。
    お店の中から外に向かって待ちの行列。
    やっぱりネ…、と思いながらも「2人なんですが」って恐る恐る聞いてみたらば、お二人ならば大丈夫って。
    ほとんどの人が3人以上のファミリー連れで、二つ並んだ椅子だけチョコンと一組空いてた。
    なんたるラッキー…、これもお盆休みの特徴と言うコトなのでありましょう。

    a4aa44e9.jpegココは長いベルトの中に全部で5ヶ所、寿司職人が立つ場所がある。
    普通の寿司を握る場所がまず2ヶ所。
    それに炙りの寿司と、軍艦・巻き物と、貝や季節の変わりネタを中心にした寿司場があって、たまたまボクらに回ってきたのが貝専門の場所。
    貝好きさんを自認する、ボクにはうれしい場所でござります。
    しかも今日。
    活ミル貝や生のホッキに驚くほどに大きな平貝などなどなど…、魅力的なる貝が沢山、目白押し。
    いつもはたのんで握ってもらう貝のさまざまが出来立て、キラキラした状態でストンと目の前に置かれるシアワセ。
    思わず手が出る。
    シャキッ、ムッチリ、スベスベ、あるいはクニュクニュと貝によって食感多彩で食べてて飽きない。
    スッキリとして濃厚な貝の旨みも、夏の舌にはオゴチソウ。
    マグロの漬けや、茹でたエビ。
    生のサンマなどを次々口に運んで、〆にカッパを巻いてもらう。
    太いキュウリのみずみずしさが、口の中をスキッとさせる。
    ほどよくお腹を満たしてゴキゲン。
    一旦、仕事に没頭す。

    rkm.jpg頭を使って、お腹が空いた(笑)。
    どうしてなんだろう…。
    ボクの頭とお腹はなんだか直結してて、頭を使うとお腹が空いてく。
    昼のお寿司がほどよき分量で、お腹いっぱいにしなかったのがその空腹に拍車をかける。
    それで新宿西口の「楽釜製麺所」にやってくる。
    オフタイム。
    けれどお店はかなりの混雑。
    中国系の人が多いネ。
    それからちょっとヲタク系の西洋人。
    彼らは不思議と男子同士のグループで、色白、そして太り気味。
    そう言えば、今、東京ではコミケをやってる。
    もしかしたらばそっち方面を目的に、東京にきた人たちかしら…、わかんないけど、オモシロイ。

    0c146182.jpeg冷たいうどんをたのみます。
    ぶっ掛けうどんの並をたのんで、ネギと生姜と天かすタップリ。
    追加でゴボウのかき揚げたのみそれでワシワシ。
    おやつとす。

    ここのうどん。
    来るたびどんどんうどんの麺が太くなる。
    もっさりとした食感で、方面ゴツゴツ、ザラザラしてる。
    太くてしかも角張っていて、ツルツルなんか決してしない。
    箸で口に押し込むように頬張って、モグモグよく噛まないと喉の奥へと入っていかない。
    顎がつかれるほどの歯ごたえ、噛み応え。
    噛めばどんどん小麦の香りと旨みが口に広がってくる。
    ぬめらかで喉がおいしい讃岐的とはまるで違った男性的。
    これも決して悪くないよなぁ…、って。
    ちょっとこれもオキニイリ。
    しかもこめかみずっと動かし、分量以上に満腹感を感じるのもいい。
    ただこの力強い麺にくらべて、タレがちょっと弱くて負ける。
    醤油をちょっとたらして風味と味を足し、ガスガスワシワシ食べ上げる。
    さぁ、帰りましょう。
    雨がちょっと降りそうなドヨドヨとした空の午後。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    蕎麦・茄子・鶏で夜になる HOME GMCでプチオフな朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]