忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    仙台的なる牛たんをどうにも食べたく、利久にきます。



    場所は新宿駅上ビルのルミネエスト。
    ここだけいわゆる利久じゃなくて、JR的利久になってる。
    それというのもルミネエストは、店の造りやサービス、メニューにまでJRさまの口があれこれ出てくることで有名な場所。かつてボクが手伝っていた沖縄料理のお店なんて、沖縄料理じゃない料理も出してくれなきゃ困ると言われて、その理不尽に面食らったコトがある。
    ベジカフェみたいなお店の造り。キャスケットを被ったサービススタッフに、お通しまでもが春雨サラダ。他の店では牛たんの佃煮なのに…、女流的。



    メニューもサラダやシチューがメインのセットメニューがかなりの部分を占めていて、利久らしいメニューは後ろの方にちょこっとのっているだけ。
    ボクの隣の女性客。
    ひとりが「このメニューだとサラダもシチューもデザートも食べられるからお得じゃない?」っていうのに対して、言われた方が「だって私たち牛たん焼きを食べにきたんだから、それだけ食べるのが一番得なんじゃないの?」と答える。
    ははは、この人わかってる。
    頻繁に牛たんを食べるような人ならあれこれ、牛たん以外のものを食べるのもいいのだろうけど、たまに食べるのなら牛たんまみれになりたいものネ。



    「極み定食」を選んでたのむ。肉の枚数が6枚から偶数枚数選べるのだけど、今日は控え目。6枚にする。
    それで十分なほどに、分厚くどっしり。
    ただ、今日は若干焼き過ぎでしょうか。いつものような、艶かしさにかける仕上がり。色も濃い色で、噛むとがっしり、歯ごたえ強し。
    それでも噛めばザクッと歯切れて、噛んでるうちにネットリとした牛たんならではの旨み、風味を吐き出していく。
    旨みに疲れた舌を麦飯でなだめつつ、パクリパクリと味わい、たのしむ。



    一味をパラリ。ピリ辛味がたんの旨みを引き立てる。
    白菜の塩漬けもシャクッと歯ざわり軽快にしてみずみずしくて、口をリセットしてくれる。
    なによりおいしいテールスープ。
    タップリのネギに覆われて、レンゲを突っ込み底を探ると中からゴロンとテールのかけら。骨もどっしり。そこにタップリ肉がくっつき、歯を当てただけでこれがほろりとほぐれるおいしさ。
    胡椒をかけて風味をつけて、ゴクリゴクリと飲みながらお腹を満たす。体の中に元気が充填されていくよなたのしいゴチソウ。ありがたし。


    関連ランキング:牛タン | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    10月祭 HOME ドトールコーヒーのAセット
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]