忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜を新宿…、仲間と一緒に名古屋飯…、「世界の山ちゃん」にやってくる。
    それにしてもへんてこりんな名前であります。
    世界の山ちゃん。
    世界のマクドナルドとか世界のスターバックスならわかりもするけど、世界の山ちゃん。
    山ちゃんが君臨している世界って、いったい、どんな世界なんだろう?

    5c25cba6.jpg地球儀的なる世界でないことは、まぁ、わかる。
    鶏手羽界という世界があれば、たしかにそこには君臨している。
    どんなに小さな世界でも、そこを代表する店や、人やモノになりゃいいんだよ…、ってそう思ったら気が楽になるしガンバリ甲斐もあろうというモノ。
    いいんじゃないの…、と思う夜。

    それにしてもココの手羽先。
    やっぱり旨い。
    もともと鶏肉が得意じゃなくて、理由は皮ときつい脂と生臭さ。
    だからずっとササミや皮をはいだ胸肉みたいな部位を好んで食べていた。
    鶏手羽なんてみるのも怖い食材でずっと無縁でいたのだけれど、ココで揚げた鶏手羽たべてビックリしました。
    サクサクとした皮の食感。
    鳥の風味はほとんどなくて、スパイシーなタレの香りと味わいでボクが鳥に対して感じる苦手な部分が、きれいさっぱりクリアーされてた。
    目から鱗の新発見。
    しかも骨からホロっとほぐれてはずれる身ばなれの良さも見事なもので、カランコロンと残った骨をステンレスの器に放り込む音がリズミカルにて達成感すら味わえる。
    食べ続けるとほぼ一発で、ツルンと骨から身をこそげられるようになってくるのもたのしい。
    去年くらいからグイグイ好きになってきている、オキニイリ。

    17997c7f.jpgそれからどて煮。
    多分、手羽先揚げよりボクにとっては名古屋っぽさを感じさせてくれる料理。

    八丁味噌の黒みを帯びた独特の色。
    コッテリとした粘り気感じるツヤツヤとした色っぽさ。
    名古屋の色だ…、って勝手に思う。
    昔、名古屋を代表するとある会社の外食事業を手伝っていたコトがあって、そのときはよく味噌カツを昼にゴチソウになってた。
    その店が入り口脇で土手煮を大きな鍋でクツクツ煮込んでた。
    ラードで揚げたトンカツにその鍋の中の味噌をタップリかけまわし「はい、お待たせ」って出来上がり。
    モツの香りが閉じこめられた濃厚味の味噌ダレがウットリするほどおいしくて、そのタレだけでご飯が一杯、お代わりできた。

    味噌ダレだけで十分おいしい煮込みであります。
    その内容物のホロホロ、奥歯でほぐれるようにつぶれてくれるモツの食感。
    それから味わい。
    タレのうま味を容赦なく含んだコンニャク。
    クニュクニュプルンとウットリするほどおいしくなってる。
    上にのっけたさらしたネギが、タレと混じるとシャキシャキ、口をさっぱりさせると同時にタレのうま味をにじまず。
    そこにグビっとホッピー飲むと、一週間の疲れがほぐれる、オゴチソウ。

    名古屋飯以外もいくつか。

    907a4c8b.jpgマグロのガーリックステーキっていうのをたのんで試す。
    ここも安く料理を提供するための工夫として、食材をかなりしぼりこんでいる。
    それも原価が安いか、なるべく長持ちするようなモノ。
    考えてみれば手羽やモツなんて、もともと飲食店があまり扱おうとしない、つまり「ほおるもん」みたいな食材で、それをおいしく食べる工夫と手間に値段をつけられる。
    魚はマグロ。
    大量流通していてしかも、凍っているから長持ちできる。
    それを刺身やカルパッチョ、フライや煮物と手を変え品変えいろんな料理に応用してる。
    マグロのカツに気持ちがいったけど、揚げ物ばかりじゃ叱られる…、って思ってそれで焼いたもの。
    バターにニンニク、それから醤油と調味料は単純だけジュウジュウ焼かれてグツグツそのままやってくるからおいしく感じる。
    見た目、香りに音も味の一部をなしてる大事な要素って思ってハフハフ。

    野菜の料理がほとんどなくて、それでキュウリのおつまみもらう。
    ピリ辛キュウリ。
    塩もみキュウリ。
    それを薄くスライスし、お皿に並べて七味をパラッと降っただけ。
    パリパリ、シャキシャキ、みずみずしくてキュウリの甘くて青い香りが濃い味料理の味に疲れた口をやさしくいやす。
    癒してくれるだけでなく、七味がビリッと刺激をくれて次の一口おねだりさせる。

    気持ちもお腹もほどよく満たされ、それで〆を蕎麦にする。

    ba11eb3d.jpg信州屋っていうお店。
    新宿駅の南口。
    甲州街道の則道に面したところにある蕎麦屋さん。
    新宿って江戸の時代から信州地方にむけて出入り口をなす宿場町。
    だから信州屋なる名前の信州蕎麦のお店がある…、ってなんだか居心地よく感じます。
    オモシロイ。

    カウンターだけ。
    一番奥に厨房があり、それを囲むようにズラッと全部で30席くらいはありますか。
    茹で立て蕎麦にこだわっていて、値段の割にシッカリしてる。
    出汁もキチンと正直に作ってあって、安い蕎麦屋にありがちの化学調味料が燃えるような臭いがしない。
    コブや鰹のやさしい香りが、店を満たしているのがウレシイ。
    商品も種類豊富で丼セットが充実してる。

    カツ丼セットをたのみます。
    「そばでお腹一杯に」という提案なのでありましょう。
    セットをたのむと丼も蕎麦もどちらもほぼ一人前…、食べ盛りさんでも十分、お腹が膨れる分量、ありがたい。

    しかも量があるだけでなく、セットの蕎麦というのにいろいろ具材がのっている。
    キツネにわかめ、天かすそれから山菜と、色とりどりでこの蕎麦だけでも十分、満足できる内容。
    カツ丼もカツこそ揚げたてではないけれど、フックラ玉子が仕上がっていて、具のタマネギもシャキシャキ、ほどよき食感残す。

    3e2beeda.jpgなにより出汁がおいしい。
    だからカツのパン粉衣がなんともおいしく、それらの味が移ったご飯も味わいゆたか。
    固めに炊けたご飯も的確。
    そもそもボクが固めに炊けたご飯が好きということもある。
    けれどうどんやそばと一緒に食べるご飯。
    あるいは丼にしてタレがしみこむご飯はちょっと固めに炊けてた方がおいしい。
    それがわかってるお店はステキ…、と思ったりする。

    それからもひとつ、自然薯つけそば。
    冷水でジャブジャブ洗って、キリッとしめた冷たいおそば。
    それを熱々のタレに浸して食べる食べ方。
    その漬けダレの中にポテンと、すりおろした自然薯、浮かぶ。
    トロトロしてはいるけれど、ネットリかなり頑丈で少々、箸でつついてみてもとろけずずっと形をなして漂っている。
    月夜の夜に漂う雲の如しな漬けダレ。
    トプンと浸して雲にくぐらせ、麺と一緒にそのネバネバを口の中へとたぐりよせ、モグッと味わう。
    ムチムチとした食感と、麺のツルツルがひとつになってスベスベ喉をなでていく。
    いがいがするような山の粘りに、蕎麦の渋みが混じってかなりの大人味。

    蕎麦のお供にともらったかき揚げ。
    これまた具材ふんだんで、見た目もにぎやか。
    小エビに人参、小口に切ったネギにゴボウと野菜がタップリ味わえるのがよい。
    タレにひたすとポッテリとした衣が出汁を吸い込んで、トロンとしてくる。
    そのおいしさと引きかえに、油がタレに移ってコクがでてきて蕎麦にからんでく。
    なによりネギが甘くてシャキッと歯ごたえたのしく、おなかがたのしく満たされる。



    関連ランキング:そば(蕎麦) | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅

     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    アサンドイッチに昨日の映画 HOME おばこにどんパ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]