忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、外に出る用事があるのになかなかタイミングが作れない。
    オリンピックの開会式がライブ放映されていて、とりあえず選手入場だけは全部見届けよう…、と。
    参加国が少ない上に参加者そのものも夏のオリンピックに比べれば少なくそれで、テキパキ式が進行していく、ありがたい。
    残りは録画。
    外に出たらばなんとチラホラ、雪混じり。

    西新宿でとんかつ食べます。

    tontinkan.jpgヨドバシカメラのお店が連なる電気街のにぎわいが終わりを迎え、街外れ感を漂わせる場所。
    小さな路地の小さなビル。
    1階はちと思い出のあるうどん屋さんで、脇の急な階段上がるととんかつ屋。
    「豚珍館」と言う店で、安くて旨い。
    それでいつもは行列待ちになってしまうけど、今日はすんなり。
    雪+オリンピックのテレビ中継。
    家をでるのをためらってしまうような二つの要素が重なったから?
    街そのものもちょっとガランとした感じ。

    とは言えお店に一歩入るともうほぼ満席で、サラリーマンのおじさんと相席となる。
    腹ぺこ顔の男9割。
    彼に付き合う女性1割という割合で平均年齢、まず確実に40台の前半あたり。
    腹一杯系とんかつ屋さんの典型的な客層で、当然ならがみんな腹ぺこ…、そわそわしてる。
    店に充満するおいしい匂いと、お客様が発する熱気。
    カラコロ、カツを揚げてく音とワシワシご飯を食べる気配にお腹がますます空いてくる。
    一番安い定食で600円ほど。
    とんかつ以外にチキンフライやコロッケ、キスのフライなどなどメニューの種類が結構あって、何にしようか、ちと迷う。

    b6419fa4.jpeg困ったときのミックスたのみ(笑)!
    ミックスフライにするコトにする。
    ひれかつ、コロッケ、帆立のフライという組み合わせ。
    ミックスフライと言えばたいていの店では、トンカツに海老フライがくわわるのだけど、そうじゃないのが独特のトコ。
    海老をつける原価でもっといろんなモノを付けられるなら、そっちの方がたのしいでしょう…、ってそんなサービス精神からでありましょうか?
    実質的がボクは好き。
    細かなパン粉。
    こんがりかなり強めに揚がって、衣がザクザク香ばしい。
    極薄衣で中身の旨味を損なわないのがありがたい、ガツンとくるよな力強さを持ちながらとても軽い食べ心地。

    82230cff.jpegご飯、豚汁がお代わり自由で心おきなく腹一杯をたのしめる。
    なかでも豚汁。
    ジャガイモ、ニンジンがタップリ入り、しかもグツグツずっと煮込まれているからでしょう。
    芋がホロホロ、細かく砕けてまるでポタージュみたいにトロンとなっている。
    味噌の風味もシッカリしててこれ一杯でご飯一膳食べられるよなおいしさうれしい、ありがたい。

    ところでこの店。
    感心するのがホールスタッフがたくさんいてとてもきびきび、タイムリーで的確なサービスをしてくれる。
    しかも必ず一言添えて。
    豚汁のお代わりたのむと「新しくお持ちします」って言って、新しいお椀で熱々のを持ってくる。
    お勘定場にいったら「ご相席ありがとうございました」。
    おごちそうさまって外に出たら、ドアがそっと後ろで閉じる。
    お腹一杯以上の満足もらえるお店。
    ありがたい。

    macp.jpg西に移動して一仕事。
    途中にマクドナルドでお茶を飲む。
    プレミアコーヒーにフレンチフライにケチャップもらって、冷えた体をあっためる。

    地下鉄沿線ではあるけれど、ほぼ郊外という街の土曜のマクドナルド。
    家族連れでウォンウォンしてる。
    かつてファミリーレストランを潤した人たちが、今はマクドナルドで家族団欒を果たしてる。
    時代変わりで様変わり。
    レストランも大変だわい…、と表にで雪降る空を仰ぎ見る。
    そしたらなんと!
    ちょっと前まであったはずのロイヤルホストのお店が空っぽ。
    撤退してた。
    ほんとにほんとに、大変なんだ…、ってそんなコトをぼんやり思う。
    二月の真ん中、土曜日のコト。

    それはそうと、オリンピックの選手入場。
    夏と違って衣装が地味でみんなスキーウェアっぽくって、ちょっと残念。

    6d8f5215.jpegそんな中で目立っておしゃれと思ったのが、オーストリーとイギリスのブレザー姿と、バミューダ選手のバミューダパンツ。
    セルビア、それからスロベニアの長く仕立てられた黒ピーコート。
    イタリアのチェスターコート風の黒いロングジャケットもかっこよかったなぁ…。
    モナコの真っ赤なセーターなんて、「本当のお金持ち@高級スキーリゾート」って感じで、ただただウットリしちゃう。

    それに比べてムラサキスポーツのバーゲンコーナーにぶら下がってそうな、日本選手団のデサント製のモコモコジャケット。
    つまんなかったぁ(笑)。
    オリンピック史上発の「屋内開会式」ってコトが事前にわかって無かったのかなぁ…?
    ほとんどの国が防寒着!
    そもそも冬のオリンピックの色の主役は雪の白。
    だから黒や赤はキレイに目立つ。
    日本のユニフォームの白はまるで保護色、黒衣(くろこ)色。
    まるで全員、大会関係者みたいに見えちゃうほどのありきたり。
    どうにかならないのかなぁ…、ってオリンピックのたびに思う、なさけない。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ユニフォーム
    オリンピックの開会式っていつも楽しみですよね~。
    日本だったら、誰が歌うんだろう?まさかジャニっ子?とか、誰が踊るんだろう?まさか四季?とか・・笑
    我が国でやったらきっと複雑な気分になるんだろうな~と思って見てました。
    きっとロンドン五輪はロックやクラシック、新旧織り混ぜたスッゴい人達が盛り上げるんだろうなーって色々思いを巡らせてました。
    ボクもバミューダパンツとモナコのさりげなくリッチなセーター姿に感銘を受けました。仰るとおり日本選手団の吊し着みたいなウインターウェアは、相変わらずトホホな感じでしたねー。
    とにかく明日からの競技には注目したいです。
    オレンジさん / 2010/02/13(Sat) /
    そうなんですよね。
    > オレンジさん
    誰が総合監督をするんだろう…、っていうのも気になります。
    今の日本だったら、蜷川さんか亜門さん?
    劇団四季に丸投げにだけはしてほしくないなぁ…、って思いますよね。
    いっそ、宮崎駿+久石譲って組み合わせで「舞台版・ラピュタ」みたいになるとそれはそれで日本的かも(笑)。
    どうでしょう。

    実際の競技。
    なんだかワクワクしますね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/02/13(Sat) /
    底冷えの夜、家ご飯 HOME サンドイッチにイチゴで迎える鮮やかな朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]