忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    天丼食べたい。
    そう思ったら、居ても立ってもいられなくなりそれで夜を天丼にする。

    b66e8fa7.jpeg天一さんのゴチソウ天丼。
    天丼と天ぷらご飯といえば、「天ぷらプラスご飯」という、ほとんど同じモノ使いつつ、まるで違った結果が生まれる。
    料理と料理の組み合わせ方って大切なんだってコトがわかってオモシロイ。

    天ぷらといえばサクッと揚がった衣が命。
    天つゆ浸して濡れてしまうのを嫌う人は塩で食べたりするほど。
    ところが天丼。
    揚がりたてのをまずはタレにジュジュっと漬ける。
    折角揚がったサクサクが、ここでまずはしんなりしてくる。
    それをご飯の上にのっけて、蓋して蒸気で軽く蒸らしてそれから食べる。
    だからフンワリ、シットリしてて天ぷらご飯のサクサク天ぷらとはまるで違った食べ物になる。
    天ぷらとしての特徴を台無しにして、なのにそれがおいしい理由という不思議。
    甘辛いタレの味わい。
    油の風味。
    それらがご飯にしっかり染み込み、どこを食べても美味しいステキ。
    丼の蓋をあけるとおいしい香りの湯気がフワッと上がってくるのもオゴチソウ。
    なかでもココのゴチソウ天丼には、ボクの好きなものばかり、ギッシリつかっているのがウレシイ、オキニイリ。

    8171919a.jpegエビと小柱を使ったかき揚げ。
    タレを吸い込み衣がフッカリ、まるで揚げたパンケーキみたいな食感でなんておいしい。
    穴子にキスもフックラ、ムチュンと粘りつくような食感がいい。
    アスパラガスに才巻海老。
    あじわいさまざま、どれもおいしく、けれど中でも一番ボクが好きなのは「しいたけしんじょ」。
    分厚いしいたけの傘の裏側。
    くぼんだところにエビのすり身をギッシリ詰めて、それをサクッと揚げたモノ。
    噛むとムチュンと、しいたけの身が歯切れて肉汁ジュワリ。
    それと一緒にエビのすり身がプチュリとちぎれる。
    しいたけ独特の香りとエビの甘みがたのしい。
    ところで今日は油がちょっと苦く感じた。
    まだ舌が健康体になってないのか?って思ったりした、気をつけよう。

    65481ec8.jpegそれにしてもココの天丼のお供についてやってくる汁にサラダにお新香の、それらすべてがおいしいコトに今更ながら感心します。
    生姜風味の味噌ドレッシング。
    天丼のコッテリとしたタレにまけない濃厚な味。
    かなりトロミが強くてそれで、葉っぱにシッカリ乗っかり口にやってくる。
    だから野菜が水っぽくなることもなく、シャキシャキするのもステキなところ。
    一時期、普通の和風ドレッシングに変わったことがあったんだけど、すぐに戻った。
    かなりのファンがいるんだろうなぁ…。
    酸味がスキッと後味たのしいシジミ汁。
    そのくせドッシリ、八丁味噌のコクあるうま味がシジミの出汁と一緒になって、これまたタレにまけずおいしい。
    タクワン、しば漬け、芥子菜漬けと決して変わったものはない。
    けれど油で疲れた舌をサラッとさせる漬物もまたゴチソウの、今日の夜。

    ところで今日は「柿の日」だったんだそうな…。

    tsurushigaki_L.jpg由来は、1895年の今日の日に、正岡子規が「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」の句を詠んだコト。
    柿と言う食べ物。
    その状態でこれほど味や食感が変わってしまう果物はない…、って思います。
    若い時はコリコリしてて、それが徐々にやわらかになる。
    グズグズすると同時に甘みが増してきて、最後はゼリーみたいになっちゃう。
    干したら干したでネッチリとした食感と咳き込むほどの風味と甘みのかたまりになる。
    若くてエグい、歯茎に渋みがたまってしまう柿はどうにもこうにも苦手で、それであまり食べない。
    だから今日の柿の日はスルっとパスして、過ごしましょう。

    ちなみに同じカキでも「牡蠣の日」は、11月23日なんだそう。
    牡蠣がおいしくなる季節。
    しかも、この日は勤労感謝の日でもある。
    働く人の元気を牡蠣の豊富な栄養でひねりだして頂戴な…、って、そんな意味もあってのその日なのでしょうネ…、オモシロイ。
    柿じゃなくって牡蠣を食べたい、そんな秋でございます。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    はぁ~
    もう、明日のお昼は天丼に決まり♪です(笑)。


    まったく関係ないのですが、最近、中野坂上にある「こめり」というおむすび屋さんに夢中です。
    私はもともとそれほどお米ラブではない日本人なのですが、
    このお店のおむすびは、お米の一粒ひとつぶが、爆発的!に美味しいのです。
    お近くにお立ち寄りの際はぜひ。
    tonamiさん / 2010/10/26(Tue) /
    お米倶楽部
    > tonamiさん
    ボクはもう典型的なお米倶楽部のメンバーですから(笑)、こめりさん。
    早速ブックマークをしました。
    ぜひ、行ってみます。

    天丼って食べたくなると我慢がムツカシイ食べ物のひとつですよね。
    明日のランチ、楽しんで下さい!
    サカキシンイチロウさん / 2010/10/26(Tue) /
    牡蠣の天ぷら
    あら、奇遇!です。
    今日のランチが天丼でした。
    季節の天丼ランチ、を頼んだら、見事な牡蠣の天ぷらが3つも乗ってきて、小躍り気分でした。
    これからの時期、私の外食は牡蠣狙い。家族みんなが食べないから、おひとりさまのお楽しみ、でございます。
    ryoko*さん / 2010/10/27(Wed) /
    奇遇
    > ryoko*さん
    なんだかステキな奇遇ですね。
    牡蠣の天ぷら。
    天一さんでも、アラカルトで牡蠣の天ぷらがあることを、食べたあとで気がついて、あぁ、頼むんだったと思いつつ、次の機会のたのしみに取っておきました!
    サカキシンイチロウさん / 2010/10/27(Wed) /
    無題
    あぁ、天丼!
    日本ってほんと美味しいものがありすぎです。
    キョーコさん / 2010/10/27(Wed) / URL
    日本の美味
    > キョーコさん
    しかもこの秋という季節が、その日本のおいしいものが一番おいしい季節なんだろうなぁ…、とも思いますね。
    あぁ、また太っちゃう(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2010/10/27(Wed) /
    旨そうな天丼
    天丼・・・・・・
    食べていないなー
    歳のせいかな・・・
    見ると食欲が出てきて食べたくなります。
    食欲が有る事は、生きている証拠
    二年前の10月26日は大手術をした日です。
    約10時間の手術・・余命も言われたのに
    今は、元気 生きる事は楽しいことです
    ブログを見て私も一緒に食べている
    つもりでいます。












    問題児(岩手)さん / 2010/10/27(Wed) /
    食欲
    > 問題児(岩手)さん
    食べる気力があるということは、まだ生きる気持ちが残ってるっていうコトでしょう。
    もう2年。
    まだまだこれから一緒に頑張ってまいりましょう。
    サカキシンイチロウさん / 2010/10/27(Wed) /
    淡路町 HOME 擬似ニューヨークな秋の昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]