忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    「いわもとQ」って言うお店。

    q.jpg歌舞伎町の中にある立ち食い蕎麦屋。
    天ぷらが驚くほどにおいしいお店。
    しかも、ビックリするほどのコストパフォーマンスのお店なんだ…、と評判の店で場所も前から知っていた。
    けれどまるで人を喰ったみたいな店名と、メニュー写真がベタベタ貼られた情熱的すぎる外観に、ちょっと腰がひけていた。
    けれど今朝。
    新宿区役所に来る用があり、そこの近所というコトもありやってきてみる。

    さすが、歌舞伎町の朝。
    お店に入るとキャバ嬢ふたり。
    昨日のお客のあんなことやらこんなことやら、キャッキャしながら喋り込んでる。
    にもかかわらず、お店の中に流れる音楽は格調たかきクラシック。
    厨房の中には人ひとり。
    365日24時間営業の店。
    お客様の少ないときには、一人で守れ…、というコトなのでありましょう。
    にもかかわらず、厨房の中のスタッフに悲壮感の微塵もなくて、笑顔でいらっしゃいませと元気にボクを迎えてくれる。

    bd3469e9.jpeg上天丼とせいろのセットの食券を、よろしくって彼に手渡す。

    「しばらく時間をいただきますので、座ってどうぞお待ちください」。

    そう告げられてちょっと恐縮しながら椅子にチョコンと座る。
    多分、ここで天ぷらをたのむと待つコトがデフォルトなのでしょう…、立ち食い蕎麦と言いながら椅子がキチンと用意されてる。
    ボクのための天ぷらが、ひとつひとつ、手揚げされてく。
    正真正銘、作り立てて揚げ立てというこのステキ。

    3分ほど待ちましたか。
    上天丼とせいろのセットお待ちのお客様…、って呼ばれて取りに行って、ボクを待っていたのはなんとも、ステキなお膳。
    コロンと掌に心地よき曲線描く、塗りのお椀に入った天丼。
    手に持つとご飯の熱さがやさしくジンワリ伝わってくる。
    天ぷらからたつ湯気がなんともおいしそう。
    エビ3本に、茄子にインゲン。
    普通のセット用の天丼は、エビが一本、キスに茄子にインゲンと言う組み合わせ。
    天丼セットは680円。
    上天丼をセットにすると780円という、たった100円でエビが二本増えるという、そのお値打ちに、今朝は上天丼をおごって食べた。

    1cd2c736.jpegここの天丼、本物です。
    蕎麦がつかぬ単品天丼としてのこの天丼に値段をつければ、優に780円の価値がある。
    つまり蕎麦がサービスだとしてもおかしくないほどの、見事な出来栄え。
    エビはプリプリ。
    天ぷら屋さんの天ぷらエビに比べると、ちょっと小さめ。
    けれど尾っぽの先までキレイなオレンジ色で、この色鮮やかが鮮度の高さを物語る。
    衣はフンワリ。
    ボテボテしたりはしておらず、尻尾の周りはサクッとしている。
    噛むとパリパリ、香ばしい。
    タレは甘みが控えめの、スキッと醤油と出汁の風味がおいしい江戸前。
    硬めに炊けたご飯も上出来。
    吾を忘れてむしゃぶりつくほど、おいしくて、食べてるうちにどんどんありがたくなってくる。

    しかも蕎麦。
    サービス分といいはしたけど、これがどうして。
    みずみずしくて、シコシコ、ツルツル。
    喉をスルンと駆けおりていく、潔くって爽快な食感、見事。
    風味が少々かよわくて、蕎麦の香りをたのしむのには役不足ではありはするけど、充分おいしい。
    タレが甘めでコクがあり、更科堀井の甘い方のタレの味がするのが好み。
    コストを下げる工夫がいろんなところにあって、例えば箸は割り箸、塗り箸二種類を商品が出るカウンターのただ一ヶ所に置かれてる。
    薬味もいろいろ揃いはするけど、それもお店の中の数ヶ所だけ。
    普通の立ち食い蕎麦よりも、お客様であるボクらがちょっと余分に体を動かさなくちゃいけないように出来ている。
    けれどそれすら、おいしいモノを安くたのしむためのコト。
    料理作りに参加しているそんな気持ちにさえなれる、この店、たちまち、オキニイリ。
    またまいりましょう…、ゴチソウサン。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    #IWQ
    ラジオのポッドキャストでこのお店のことを聞いて、「一時帰国したら行きたいお店」に入れました。
    http://podcast.tbsradio.jp/utamaru/files/20091128_satlab_1.mp3
    http://podcast.tbsradio.jp/utamaru/files/20091128_satlab_2.mp3
    CLBさん / 2010/09/14(Tue) /
    ポッドキャストでも
    > CLBさん
    なんと、ポッドキャストでも紹介されていたのですね。
    この店。
    本物です。
    おいしい以上に正直で、もうこれは贔屓にする他ないなぁ…、って思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/09/14(Tue) /
    あま、から
    更科堀井の甘い方、って、大好きな味です。
    ぜひぜひ、おじゃましてみたくなりました。
    そして、ただしいコストダウンには喜んで協力したくなるものですよね。
    桃さん / 2010/09/14(Tue) /
    しあわせなコストダウン
    > 桃さん
    誰もシアワセにしないコストダウンがまかり通る中で、こうしたお店は応援したくなります。
    ぺったりとした甘さではなく、奥行きのある甘さ。
    オキニイリです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/09/15(Wed) /
    寂しいニュースとミラノなサンド HOME 早呑みは三文のトク
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]