忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、友人と落ち合って「甲斐路のだぴん」

    nodapin.jpg食事がスタートするのが9時過ぎ…、というコトもあり、宵っぱりのお店を探した。
    気軽でおいしく、決して高くはない居酒屋を…、と新宿界隈のデータベース in マイブレインをめくっていって、まず最初にやってくるのがこのお店。
    「甲斐路のだぴん」は決して、「甲斐路の、だぴん」ではなく「甲斐路・のだぴん」(笑)。
    初めて友達にココを紹介してもらって、店名のメールを見たとき「だぴんて何?」って不思議に思った。
    今でもこの店の看板をみるたび「のだんぴ」って読めてしまうのに笑っちゃう。
    「甲斐路」って言うのはお店のご主人が、甲府出身だからだそうで、けれどメニューに沖縄料理がふんだんにある、不思議なお店。
    まぁ、旨くてたのしい。
    だから細かいコトは気にせずに、酒に酔ったらそんなことも気にならなくなる。
    さぁ、小宴会。

    ここの目当ての一つがコレ。

    bf9394b8.jpegドラゴンロール。
    この店、魚の仕入れが自慢の店で中でも寿司がかなり充実。
    普通のすし屋で食べられるハイクオリティの握りが居酒屋価格で食べられる。
    寿司をつまみながらの酒もたのしい。
    つまみで飲んで、〆のかわりの寿司というのも大人っぽくていい。
    スキッと甘味を抑えたシャリが酒にあう。
    炙った寿司もたのめば作ってくれるなんでもございのサービス精神旺盛が好き。
    中でもここで名物なのが、アメリカンスタイルのロール寿司。
    アナゴとアボカドをクルンと巻いた、このロールの他にもいくつか揃っているけど、けれどこれには赤身の鉄火がついてくる。
    甘辛い詰めダレを、鉄火にちょこっと拝借し口に運ぶと江戸前風の鉄火と違った、濃厚な味がするのがたのしい。
    しかもこの鉄火の中に一個、あたりが入ってる。
    ワサビがドッチャリ入ってて、食べるとヒーハー、涙モノ。
    今日はあいにくボクは外れでニッコリとなる。
    遊びゴコロに酔っ払う。

    9356f84d.jpeg日本料理の献立作りの基本といえば、お造り、揚げ物、焼き物、煮物。
    それにお椀。
    お椀の代わりを酒にさせるのが居酒屋で、今日はそれ以外の日本料理に忠実に注文しませう…、とそれであれこれ、知恵ひねる。

    まずは揚げ物を牡蠣フライ。
    今の季節の料理であります…、食べなきゃ損!ていう勢いでたのんでやってきたのがとてもちゃんとしたさくさくフライ。
    さすがに粒が揃っているとは言えないけれど、ひとつひとつはとても新鮮。
    それが証拠にパン粉の衣を貫くほどに、香りが高くて噛むとプチュっととてもジューシー。
    タルタルソースに芥子がタップリついてはいるけど、ウスターソースをもらってかける。
    酒と一緒にたのしむ牡蛎のフライのお供は絶対ソース。
    スパイシーな香りとスキッとした酸味。
    牡蛎の旨味を引き立てる。

    煮物はかぶと煮。
    鯛の頭が運よいコトに残ってて、それを一尾分。
    箸を添えるとぽろっととれる身離れのよい新鮮な鯛。
    噛むとネチッと鯛独特の粘り気のある食感で、甘い煮汁がジュワッと滲む。
    自分で魚を煮るとたいてい失敗をする。
    これほど甘く、これほど強く、味付けするのが怖くってそれでどしてもお外で食べるコトになる。

    豚のみそ漬けを焼いたもの…、それを焼き物のかわりにします。
    魚ばかりじゃ味も単調、ガツンとお腹に響くような肉を食べたくそれでコレ。
    味噌に浸けると不思議な程に、豚の脂がサッパリとする。
    肉の繊維もちょっとほぐれて柔らかになるのか、まるで赤身のマグロのみそ漬け食べてるみたいな感じさえする。
    焼き鳥用の炭で焼いているのでしょう…、煙をまとって香ばしくなる。
    お酒のつまみにいい感じ。

    日曜日の夜。
    それも少々、遅めの時間でそれでもお店は満杯でみんな気持ちよく酔っぱらってる。
    居酒屋ってこれなんだよネ…、ってそんなことを思ったりする。
    ニコニコしながら外へ出る。
    お腹は程よく7分目ほどで、体を中からあっためるような〆をズルッとやりたいよねぇ…、と。
    それでリンガーハットを選ぶ。

    78e72436.jpegここの夜だけの新商品。
    「もつ鍋ちゃんぽん」ってのをちょっと食べたく、それでみんなを道連れにする。
    鉄鍋の中に豚骨系の、けれどスキッとしたスープ。
    ちゃんぽん麺とキャベツとニラ、そしてホルモンがミッチリ入った、つまりもつ鍋の仕上げのちゃんぽんみたいな感じ。
    結構いけます。
    肉の脂をまとった麺の、ツルツルすべすべ、唇を分け入るさまの肉感的なコト。
    煮込まれるように麺が出来ていない分、時間が経つとネチネチ、麺が粘ってくるのがちょっと残念。
    けれどそれもまた味わい。
    そっけない薄味の麺よりこうして少々くどいくらいが、飲んだ後の〆にはちょうど。
    ちょっと食べ過ぎ、さて、カエロ!

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ストップモーション HOME 半地下レストラン、ラベンダーにBanquet
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]