忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    最近、執着心を持って探しているのが「食べ放題系」のゴキゲンな店。
    お腹いっぱいになるのが目的じゃない、たのしい食べ放題のお店はないかと、あれこれ探して一軒、ちょっと変わり種。

    21ea45bd.jpegお好み焼きの「まつ里亭」っていうお店。
    もんじゃ焼きやら、お好み焼きやらが食べ放題で、しかも飲み放題までつけられる。
    食べて飲んで3000円以下という値段でもあり、どんな具合か?ってやってくる。
    食べ放題になるのは全部で80種類くらいの料理かなぁ。
    例えばもんじゃ焼きだけでも20種類ほど。
    ベビースターラーメンを入れたのをたのんで、ジャジャッと焼きます。
    刻んだキャベツやモヤシがしんなり。
    粉のトロミをからめつつ、ジャンクな味に身を任す。
    食べ放題っていうより焼きたい放題。
    作りたい放題っていうのが、いいんだろうなぁ…、って思ったりする。
    お店を埋めるそのほとんどが女性ばっか、というのが同じ焼きたい放題でも食べ放題の焼き肉屋さんとは違ったところ。

    50d8de6e.jpegありがたいのが、粉モノだけじゃなくって肉も焼きたい放題と言うところ。
    牛肉カルビ。
    豚ロース。
    それから鶏モモ肉を焼いてたのしめる。
    韓国焼き肉なんかと違って、タレまとわせない肉そのままを焼き上げる。
    だからあんまり焼き方、焼き加減に気を使わなくてもきれいに焼ける。
    塩と胡椒で下味つけて、焼き肉用の醤油と塩のタレがあとからやってきて、それつけながら食べる趣向。
    つまり、ホットプレートで焼き肉作って食べてるみたいなそんな感じで、けれどさすがにここの鉄板は分厚く固い。
    だからコンガリ。
    肉が吐き出す自分の脂でカリッと焼けてくのが、とてもうれしい。
    特に鶏。
    かなり大きめのぶつ切りをした鶏もも肉を、皮目を下にコテで押し付けるようにしながら焼いてくと、皮の脂がじわっと出てくる。
    まめにひっくり返しつつ、ジックリ焼くと外はパリパリ。
    中、フックラに仕上がってゆく。
    こうして肉が上手に焼けていくのをみると、やっぱり家に鉄板焼きの設備があると便利だろうなぁ…、って思ったりする。
    ワガママに。

    4a665193.jpegお好み焼きを次々焼きます。
    ココのお好み焼き。
    山芋の割合がちょっと少なめ。
    だから分厚くフックラ焼くのはむつかしい。
    けれどキャベツが多めで、それに比べて粉の分量がすくなくて、薄く広げて焼くとカリッと軽い食感に焼き上がる。
    野菜炒めを最小限の粉でつないで食べてるような軽さが食べ放題にはとてもうれしい。
    ありがたい。
    豚玉エビのミックス焼きと言った定番。
    ツナやキムチのような変わり種が全部であれこれ30種類ほど。
    中から好みを選んで焼きます。
    焼き上がったらそれを四角く切り分ける。
    縦4列に横5列。
    全部で20ピースの一口大のかたまりにするというのが関西風で、コテで食べるのに適してる。
    東京に来てはじめてお好み焼き屋で食事したとき、みんなが放射線状に、まるでピザを切るように切り分けるのをみて仰天。
    ところ変われば流儀が変わる。
    普通のお好み焼きにはソース、おかかに青のり、マヨネーズ。
    けれどキムチを入れたお好み焼きは試しに醤油で味付けをする。
    キムチの酸味がソースを嫌い、醤油を味方につけておいしい。
    いろんな食べ方、組み合わせをためせるっていうのがとてもたのしい…、おもしろい。

    48a09522.jpeg焼きそばで〆。
    焼き肉用のたれを総動員して下味をつけ、醤油にソースで味ととのえる。
    野菜タップリ。
    だからこれも麺の料理というよりも、野菜の料理に炭水化物がちょっと混じっているみたい。
    なるほどこれなら女性が好きというのもわかる。
    食べ放題でお腹いっぱい、けれど体にいいもの食べた、そんな気がしてうれしくなれる。
    表に出たらば通り雨が通ったあとの、ひんやり涼しい夜のだった。
    ところで笑っちゃったのが、予約の電話を入れた時のコト。
    電話をとったのは、東南アジア系のアクセントの人。
    たどたどしい日本語ながら、応対そのものは確実でけれど「サカキ」というボクの名前は聞き取りづらく、それで「エスエイケイエイケイアイでサカキです」とスペルを告げる。
    するとスンナリ。
    受話器の向こうでも「エスエイケイエイケイアイ」と綴る発音が本格的で。
    そのやりとりの後ろ側ではお琴の音色のBGM。
    ハワイやバリ島の日本料理店に電話予約をしてるような気持ちになってオモシロかった。
    インターナショナルなTOKYOと言う街のコト。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    またまた失礼します(汗)
    短期間に何度もコメントして、自分でもちょっとウザイかしらと思ったんですが、これはサカキさんに見ていただきたいと思いまして。。。

    世界のホットドッグをカラーテーマで分けたものです。(途中までですが)
    http://www.colourlovers.com/blog/2009/09/30/color-inspiration-hot-dog-variations/

    わが町シアトルはクリームチーズとグリルしたオニオンがたっぷり。よだれがでます。
    4gtomさん / 2010/04/03(Sat) /
    おもしろい!
    > 4gtomさん
    このホームページおもしろいですね。
    お料理を色で分類する、っていうのがステキなアイディア。
    ブックマークかけさせていただきました、ありがとうございます。
    ちなみにボクが好きなホットドッグは、デトロイト風でした。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/04(Sun) /
    投票します。
    とても面白いHPですね。
    私もデトロイト風に1票です。
    次点はクラッシックですね。
    質問です???
    シアトル風はキムチ&納豆を挟んでいるように見えるのですが誤りですか。最近の自分はだんだん食が保守的になってきている感じがします。
    サイパン海坊主さん / 2010/04/04(Sun) /
    リベラル
    > サイパン海坊主さん
    シアトルのホットドッグの特徴として「リベラルな組み合わせ」って説明にもありましたから、かなり大胆で斬新なトッピングを受け容れるのだろうか…、なんて思いました。
    クラシックもいいですね。
    プールサイドのバーベキューパーティーで作って食べるようなシンプルホットドッグ。
    東京の今日は花曇りです!
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/04(Sun) /
    麻婆豆腐を麺にする朝 HOME 花見ル昼の中華なランチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]