忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿御苑で花見と洒落る。

    g.jpg実は今日。
    ここ数日の荒れた天気と強風で、散ってやしないか…、と心配だった。
    けれどどっこい。
    まるでそんな荒天がありはしなかったかのような見事な咲きっぷり。
    儚く見える桜の花びら。
    自ら選んだ散り際までは、しっかり枝にしがみつき役目を果たす。
    こんなに小さな花びらのどこにそんな力があるのか?
    うつくしいとめでる影には驚くほどのしぶとさが潜んでいるのか…、って思ってウットリ。
    今年の桜はいろんな意味で、ひときわキレイでうつくしい。

    それにしてもスゴイ人出で、ビックリします。
    いつもは人がほとんど出入りをしない大木戸門にすら行列できる。
    中に入るとブルーシートを地面にはって、準備万端、花見に興ずる人で一杯。
    桜が見れる場所はほとんど誰かのモノになってしまっているというのに、次から次へと人がどんどんやってくる。
    みんなも桜をまちかねていたというコトなのでありましょう。
    花を見終えて、さて何をランチにいたしましょうか?と。
    かなり悩んで花彫酒家。

    1c325283.jpeg担々麺とミニ炒飯のセットを選ぶ。
    ポッテリとしたクリーミーな濃厚スープが売り物の、かなりオキニイリの担々麺。
    しかも今日のは麺がシコシコ。
    ここの麺は細目のストレート玉子麺。
    ポッテリスープが程よく絡み、相性抜群ではあるのだけれど、時たま伸びてるコトがある。
    麺の状態や食感に、日本人ほど本場の人はこだわらないし、ヌルンやわらかなめらかな麺も決して不味くはない。
    でも今日のシコシコ麺は格別でココを選んだ甲斐があったと嬉しくなった。
    スルっとそっとたぐって食べる。
    ゴマとナッツの甘さと旨み、スープのコクが辛みを上手にコントロールして最後に胡桃のえぐみが残る、やはり上等、オゴチソウ。

    ところでこの店の自家製ラー油が旨い。
    辛みまろやかで、ラー油の中にたっぷり沈んだニンニクだったり焦がしたネギが風味を添えてコクを出す。
    小さなスプーンでたっぷりすくって、麺や料理に乗っけるようにして食べられる。
    今の流行りの風味調味料としてのラー油の味わい方を、ずっと昔からやっていた…、ってそう思ったらなかなか立派。

    220a06f9.jpegそしてチャーハン。
    ネギとニンジン。
    緑の中国練り物を徹底的に細かくきざんで具材はそれだけ。
    チャーハンていうのは飯を炒める料理。
    だかた炒飯とかくんでしょう…、居直るようなシンプルさ。
    味は塩とスープと旨味調味料と言うこれまた単純この上なさで、けれどおいしい。
    ご飯がキチッと強火で焼き切れているからでしょう。
    お米の粒の深いとこまで味がシッカリ入ってる。
    まさにご飯を炒めてできたお料理…、納得す。
    炭水化物と炭水化物の組み合わせって、なんておいしくステキなんだろう…。
    洋の東西を問わぬゴチソウ、面白い。

    5ca0ab7e.jpeg一緒に来た人がたのんだ今日の定食。
    毎日かわるメインの料理が鶏の唐揚げ。
    歯ごたえのあるモモ肉を一口大に小さく切って揚げたもの。
    ちょっと厚めに付けた衣をサクッとさせて、それを再び鍋で炒めてニンニク醤油のタレの風味をまとわせる。
    余分な油もとんでカリッと仕上がっている。
    中国の人の油の使い方の見事なコトには、舌をまく。
    日本のボクらがタップリのお湯で茹でるように彼等は「油通し」と言う下ごしらえをしたりする。
    揚げて炒めたり、仕上げに油をほどこしたりと、天衣無縫で自由自在。
    今日の唐揚げもご飯のおかずにピッタリの出来。
    フックラやわらかの方ばっかりに向かっていこうとするニッポンも唐揚げ界と一味違った顎のゴチソウ。
    オキニイリ。

    追加でとったミニ五目焼きそば。
    サクサクに揚がって無数の小さな穴があいてしまった縮れ麺。
    そこに醤油風味のあんかけスープがタップリ染み込み、旨味満点。
    青梗菜にニンジン、タケノコ。
    豚バラ肉にイカにエビと、ハーフサイズだからと言って力を抜かぬ具沢山。
    これでたったの300円と言うのがステキにうれしい。

    0774cd72.jpegランチを終えてお店をあとに、さてお茶でもしようとスタバに向かう。
    新宿三光町の交差点近くのお店。
    いつもお店の外のテーブルまでもが満杯になる忙しい店。
    それがところが今日はガラガラ。
    かわりにお店の前の道路をたくさんの人がぞろぞろ、次々、素通りしてく。
    うねる川の如き人、人、人の向かうさきはさっきまでいた新宿御苑。
    3組にひと組の割合でカウカウ柄の伊勢丹チェックの紙袋をさげ、まっしぐら。
    ひと信号が終わって人波過ぎれば閑散とした街角残る。
    心地良いほどの「取り残された感」をたのしむ午後。
    日影に入ればアイスラッテがいささか冷たく感じ、ぶるっと震えるそんな今日。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    焼き放題なお好み焼き HOME スープの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]