忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    午前中で仕事をすませて、新宿御苑まで戻ってきたらちょうど昼時。ランチを近所で食べることにする。



    仕事の仲間と一緒に「礼華」。オーナーシェフ系の中国料理のスモールメゾンでランチタイムはいつもかなりの大賑わい。
    しかもホールサービスがドタバタ、要領得ないのです。
    経営者の気持ちが厨房の中に閉じ込められてて、お客様の方に向かっていかないからでしょう。サービススタッフが少ないわけでは決してなくて、この規模のお店にしては充実してる。なのにみんなが同じテーブル、方向に向かって他所がおろそかになる。勿体無いなぁ…、っていつも思います。



    にも関わらず、開店と同時にお店が一杯になり、お店の外には待ちの行列。
    それだけ料理の力がスゴイというコトなのでありましょう。
    注文をして20分ほど、じっとたのしく我慢して、まずやってきたのが友人がたのんだお昼のプリフィックス。
    今日の料理が3種類。そこから二品、好みを選び前菜料理に点心、スープにご飯がついてひと揃え。
    ちょっと料理をつまんで食べる。エビチリはクミンシードの香りがせエキゾチックでマドラス風のエビカレーを食べてるみたい。牛肉の炒めものにはバジルの風味が加わっていて、イタリア料理のような香りがオモシロイ。



    そしてボクの食べたかった料理がきます。
    フカヒレご飯!
    これがどうにも食べたくて…。フカヒレのシャキッとハリのある繊維質。それがたちまち口でほぐれて、ほろりと散らかりまちまちトロンとなめらかになる。
    その食感が熱っぽい喉とお腹にありがたい。
    このフカヒレを乗っけた汁そばもあったのだけど、ジックリ時間をかけて今日は味わいたくて、それでご飯を選んでたのむ。



    ポッテリとしたタレをまとったご飯はスベスベ。口の中を転がるたのしさ。
    ちょっと甘めの塩味で、ドッシリとした鶏のスープの旨味がすべてをささえてくれる。
    しかもフカヒレのゼラチン質でトロトロになったスープが別添でやってくる。それもタップリ。ご飯の上にそれをトロンと注いで味わう。
    黒酢をくわえて酸味と風味を整えて、ハフハフモグモグ。お腹がたのしく満たされる。元気がでます…、オキニイリ。



    追加で焼売たのんで分ける。
    ココの焼売は豚肉焼売。中にたっぷり刻んだ玉ねぎ。それがシャキシャキ、歯ざわりたのしく、甘みと風味をドッシリさせる。
    芥子をタップリ。
    黒酢をチョコン。生地をまとめるときに使ったごま油が、フワッと溶け出し風味豊かでウットリします。



    それにしてもスゴい人気のお店。おごちそうさまと空いたテーブルが、すぐに次のお客様に入れ替わる。
    開店直後に殺気立ってたお店の雰囲気も、徐々にユッタリ落ち着いて、通常モードを取り戻す。この店の雰囲気を味わいたければちょっと遅目の、二回転目を狙ってくるのだいいのだろうけど、それは贅沢。
    午後の時間をノースケジュールで無駄にしてもいい日、いい人の店なのかもね、と思ったりする。
    デザートの杏仁豆腐で喉を休ませ、お腹に蓋して、さぁ、帰る。


    関連ランキング:中華料理 | 新宿御苑前駅千駄ケ谷駅四谷三丁目駅

    拍手[3回]

    PR
    ランチを新宿…、新宿三丁目の伊勢丹本館の向かい側。映画館ビルの3階にあるMKレストランというお店を選ぶ。



    タイで人気のタイスキの店。彼の地ではかなりの店舗数があるチェーンストアでそれをHottoMottoをやってる会社が連れてきた。
    タイスキの店とはあえて言わず、しゃぶしゃぶ食べ放題の店をアピール。肉は豚や牛肉、鶏胸肉と種類は少なく、むしろ野菜や餃子やフィッシュボールを入れてたのしんでという、やっぱりタイスキ的なる商品。それで値段をグンと下げ、気軽に普段使いができるというのをアピールしているお店。



    そこが最近、寿司食べ放題も導入した…、というのでちょっと気になって。
    それでやってきたらばたしかに!しゃぶしゃぶの食べ放題をたのめば追加600円で寿司も食べ放題になるという。
    そのせいでしょうか…、外人客がすんごく多い。
    そうなる前からアジア系の人たちが多くはあったけど、寿司食べ放題狙いの若いアジア系のグループ客で、もう大騒ぎ。



    寿司の種類は決して多くはなくて全部で8種類ほど。まぐろやサーモン、エビにイカとまぁ、寿司を食べなれない人にもやさしい品揃え。
    ただ、ネタは回転寿司レベル。シャリはおそらくどこかで作って凍ってやってきているのでしょう。
    寿司を食べにきたと思うとちょっとガッカリ。けれど、寿司も食べられるんだと思えばこれはこれでよし。近くで食べてた台湾系のグループ客がマグロとサーモンばかりをずらりと並べてたのしげに食べていた。
    これもひとつの商売だよなぁ…、と思ったりする。



    鍋はいつも通りにたのしい。
    牛骨風味のスープでくつくつ煮込むタイプで、やってきた野菜や肉をドサドサ放り込めばいい。面倒なコトは考えず、用意されてるタレで味わう。
    旨味のきいたサッパリ味のポン酢であったり、ニンニクと赤唐辛子がビリッときいたオリジナルソース。胡麻ダレ、梅塩といろんな味でたのしめば、特に野菜がおいしくなってくれるのがいい。
    エビワンタンやエビ団子、魚の形のさつま揚げ。茹でたレンコン、ベビーコーンとしゃぶしゃぶ用には思えぬ具材が案外おいしく笑っちゃう。



    〆に麺。縮れて歯ごたえがっしりとした卵麺。
    いろんな具材の味が溶け込んだスープのあくをキレイにとって、それをグツグツ沸騰させる。
    そこに片手で麺をゴリゴリもみながら、パラパラ落としてくつくつ煮込む。
    ポン酢に辛子のタレをまぜ、麺をしずめてネギ、パラリ。麺の合間に春雨がキラキラ光ってまるでフカヒレの繊維のように見えるのが、気分を豪華にしてくれる。
    ズルリと味わい、お腹をたのしく温めて買い物をして家にレッツラゴーします。


    関連ランキング:しゃぶしゃぶ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿御苑前駅

    拍手[3回]

    朝にサンドイッチを作る土曜日。午前中はぼんやりする日。



    ライブレッドの薄切りを固面だけをトーストをする。マヨネーズを焼かない面に薄く伸ばして、薄切りキュウリにハムにチェダーチーズ。ハムにキュウリと次々重ねマスタードを混ぜたスプレッドを薄塗したら、パンで蓋してザクッと切る。
    断面キレイに仕上がった。
    パンを含めて具材のどれもががっしりとした仕上がりで、だからナイフに伝わる感触もガツンと力強かった。前歯に伝わる食感もゴツゴツとてもたくましく、チェダーチーズの旨みと風味が口に広がり元気が出ます。今日も一日、ニッコリと。

    昼に新宿で野暮用があり、それをすませて遅めのランチ。花彫酒家という中国料理のお店にきます。



    一時期、かなりの頻度でやってきていたオキニイリ。最近ちょっとご無沙汰でなつかしいかな、やってくる。
    元気な中国系のおばさんがとりしきっているお店で彼女の元気な声が、階段をあがって2階の入り口に向かう途中から聞こえてくるのにニッコリします。
    おばさんと呼ばれる年齢の働くの女性の、人懐っこさと元気な声と、ムジャキな押し付けがましさは世界共通。気軽な飲食店の宝物。



    担々麺がおいしいお店。ランチの一番人気が、その担々麺に炒飯がどちらもハーフポーションでつくセット商品。
    ネギや叉焼、かまぼこ、ニンジンとすべての食材がみじん切りされご飯と一緒にパラっと炒められている。味は塩がメインの薄味。担々麺のあくまでお供。
    ポッテリとしたスープが麺にからむタイプの担々麺。
    胡麻やクルミの風味がドッシリ。渋味やエグミが辛子の風味と挽きたて旨い。上等な店であここまでナッツの風味を強調しないけど、ここは大衆店であります。



    堅苦しいお芸術的舞台を忘れて、大衆演劇のコッテリとしたサービス精神を味わうようなたのしさ味わう。
    ランチをたのむと150円で小さな焼きそばを注文できる。
    麺をバリッと揚げ焼きし、ポッテリとしたあんかけかけて味わう趣向。このあんかけも、甘くて醤油の風味も強くたのしくおいしい。
    隣のおじさんが紹興酒を片手にあんかけ焼きそばのあんかけ部分を肴にしてた。たしかに十分、酒が飲めるような味でござった。オキニイリ。



    ジャージャン麺がメニューに増えてて、たのんでみればこれがおいしい。
    細めで縮れた麺がザクザク、歯切れて歯ごたえしっかりしてる。そこに豚ひき肉をタップリ使ったソースがかかり、グルングルンと混ぜて一緒にズルリと食べる。
    刻んだ椎茸、タケノコの歯ざわり軽快。
    口の中が騒々しくなる。
    ココの隠れた名物が自家製ラー油で、それをタップリ咥えてヒーハー、汗をかきつつ食べていく。
    「お元気そうで」と元気なかぁさんに挨拶されて、覚えてくれていたんだとニッコリしました。また来よう。


    関連ランキング:中華料理 | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

    拍手[5回]

    新宿で、打ち合わせ途中にランチにしようと新宿御苑に向かって歩く。



    桜がちらほら咲き始めてて、早咲き桜はもう満開。
    ソメイヨシノもそろそろ蕾がふくらんで、太陽の光がふんだんに降り注ぐ日向の花はもう咲き始め。
    今週末にはもうお花見ができるのかなぁ…、って思ったりして首、伸ばす。
    すでに中国からの観光客の人たちが、桜の下でパシャリパシャリとセルフィー撮影をしきりにしてて、ニギヤカなコト。春模様。



    この時期、とても忙しくなるのがこの界隈の飲食店で、中でもいつも人気のココ。
    礼華と書いて「ライカ」と読ませる上海料理の名店の大忙しなること。今日もお店の外の席まで満席でした。
    思ったよりも速く桜が咲きそうで、てんやわんやの大忙し。この週末からはランチも早めの開店で、ずっと通しでやろうかと思ってるんです…、と。
    うつくしき花で気持ちを盛り立てて、おいしいモノでお腹を満たす。なんとステキな春の訪れ。道端桜で目を喜ばせ、一足先のお花見ランチの気分でござる。



    まずは点心。四川風の水餃子というのをたのんでお茶と一緒にたのしむ。
    コロンと帽子の形に包んだアンの中にはエビが丸ごと。
    ツルンと皮がはぎれた途端に、ムチュンとエビが潰れてエビの香りと甘みが口に広がる。
    ニンニクの風味豊かな辛子味噌。タップリからんで、思わずお茶に手が伸びる。
    軽い渋味と甘い香りの鉄観音がポット一杯やってくる。ひと飲みごとに口がすっきりリセットされて、お腹もキュッとすいてくる。



    今日のメインはあんかけ炒飯。
    海鮮あんかけをトロリとかけた炒飯で、イカにホタテにエビをメインに、香港風の窯焼きチャーシュー。ヤングコーンにアスパラガスにパプリカ、エリンギと多彩な具材をみんな同じ大きさに、角切りにしてトロリとまとめる。
    すべてがレンゲですくっておいしく食べられるよう、手間かけ作っているのがウレシイ。
    ポッテリとした塩味スープに細切りザーサイがついてランチのひと揃え。



    甘めのアンが味わい深く、具材がホツホツ。口の中をカラコロ転がり、なめらかアンがスルリと滑るようなやさしさ。
    炒飯自体にも玉子とほぐした蟹肉、ネギがタップリ入ってて、しかもパラパラ。
    熱が入ってフッカリ焼けたお米がパラリと口にちらかる。噛むとみっちり、奥歯が沈むような食感、頑丈で、そこにとろみがくわわるとお米ご飯がまるでお米じゃないような不思議な感触になっていく。
    ほどよき量もウレシクて、昼のお腹が満たされる。


    関連ランキング:中華料理 | 新宿御苑前駅千駄ケ谷駅四谷三丁目駅

    拍手[3回]

    打ち合わせを終え、ランチにします。維新號。



    新宿三丁目の伊勢丹近所。パークシティーという駐車場ビルの中にあって、このビル自体がバブル絶頂の頃に完成。
    この店の向かい側には、座ると10万円なんていうステーキハウスがあったりしました。
    時代は移ろい、他のテナントは入れ替わり、唯一、開業当初からずっとやっているのはこのお店だけ。使い勝手のいい個室や程よい規模の宴会場もあったりして、それで使い勝手がいいのでしょうネ。ランチタイムのかなりにぎやか。



    気軽なランチセットが充実してて、10種類ほど。
    あったかいのが食べたくて、汁そばがついたセットを選ぶ。
    サッパリとした高菜の汁そば。上品な塩味スープにネギの風味が混じった油がポツリポツリと浮き上がり、高菜の風味と軽い酸味が味をキリッと引きしめる。
    軽く縮れた麺がツルツル、唇の間を割りいるようにすべりこみ、プルプル踊ってお腹の中にながれこむ。



    この汁そばに一品料理にご飯に点心。3種類の料理が選べて、一層お腹をホットにしましょうと、麻婆豆腐をえらんでたのむ。
    焼いた土鍋でじゅうじゅうしながらやってくる。辛いホットに熱いホットが道経している鍋にレンゲを突っ込んで、ハフっと食べる。
    揚げた餃子もドッシリおいしく、ほどよくお腹が満たされる。


    関連ランキング:中華料理 | 新宿三丁目駅東新宿駅新宿御苑前駅



    家に帰る途中で仕事の仲間から電話があって、昼ご飯は食べたのか…、って。食べ損なってしまったんだけど、一緒にどうかというお誘いで、さすがに一人前は食べられないけど…、と答えを出したら、オレ、1.5人前は担当するからと(笑)。



    それで結局、2度目のランチ。
    家の近所のティンフック。4時くらいまでランチをやってて、そこならどんな時間でも安心でしょう…、と、それでそこ。
    3時近くでさすがにガラリとしていたけれど、一人、ふたりと次々お客様がやってくる。
    みんな「ママ、元気?」っておなじみさん。おいしいモノも大切だけど、いつもの笑顔にふれることはもっと大切。お腹だけじゃなく気持ちも満ちる。



    いつもココで必ず食べる、鶏カレー。
    スパイシーでトマトの酸味がさわやかで、じっくり煮込んだ鶏がホロリとスプーンの背中で崩れてくれる。カレーというよりカレー風味のスープのようで、2度目の昼にはウレシイごちそう。
    オムライスとスープ麺のセットがあって、オモシロイね…、とたのむとコレが、パラパラご飯がおいしくて、ケチャップ味のチャーハンみたいで笑うおいしさ。塩味スープのフォーもおいしく、つくづく今日は塩味スープに縁のある日と思ってニッコリ。そして家へと戻ります。


    関連ランキング:ベトナム料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

    拍手[1回]

    前のページ HOME 次のページ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]