忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を花彫酒家にくる。

    c1d45f85.jpgにぎやかな店。
    伊勢丹の明治通りをはさんで反対側の、路地に面した二階のお店。
    サイズも小さい。
    30席くらいでしょうか…、食堂っぽいほどよいサイズ。

    この界隈は新宿にくる買い物客は寄りつかない。
    「来る人」じゃなく「いる人」。
    つまり伊勢丹や近所のオフィス、お店に勤める人たちが贔屓にしている、ご近所レストラン。
    陽気な社員食堂みたいな感じ。
    外の通りはひっそりしててとっても静か。
    なのに階段上がってお店に入ると「いらしゃいませ」って大きな声。
    お店をしきる中国系のおばさんの、元気な挨拶。
    お店の中にはお客様がぎっしりで、週末なのにスーツ姿のおじさんがほとんどなのにビックリします。
    みんなメニューをみないでも注文できるおなじみさんで、一番人気は坦々麺。
    ポッテリとした濃厚スープ。
    ポタージュみたいな粘り気があり、その粘り気のほとんど全てが胡麻やナッツをすったモノ。
    香りも風味も濃厚で、それにひき肉と干したエビを炒めたモノが混じってからむ。
    麺は細めの縮れ麺で固めに茹でて、ポッテリスープをタップリ口にたぐりよせてくれるのがうれしく、おいしく、たのしくなる味。

    c492d3e5.jpgこの坦々麺にチャーハンがついたセット。
    麺のサイドのチャーハンだから、具材は最小限のモノ。
    細かく刻んだ中国かまぼこ、ネギににんじん、叉焼と具材の種類は多いのだけど、ひとつひとつが小さくてご飯に紛れて食感それほど感じ無い。
    あくまでご飯を炒めた料理。
    けれど小さな具材が空気をタップリご飯に含ませ、パラパラ、軽く仕上がっている。
    味は塩味。
    上品味にできあがって、それだけ食べると味がうすい。
    坦々麺のスープと一緒に食べるとほどよい味になるように、できているのに、あぁ、残念。
    今日の坦々麺のスープのコクがちょっと薄目で、薄味スープと薄味チャーハン。
    一緒に食べても薄味で、それでお酢や自家製豆板醤を足して味や風味をくわえる…、こうした工夫もまたたのし。

    一緒にハーフのあんかけ焼きそばをたのんで味わう。
    細い蒸し麺。
    それを多めの油でバリッと揚げやきしたモノに、五目あんかけかけまわしたもの。
    蒸した麺のプルプル感と、よく焼きのとこのバリバリ乾いた麺の部分の食感違いがたのしくて、よく焼き部分の穴がタップリあいてしまった麺にあんのトロミがからんでプルンとおいしくなってく。
    このあんかけをチャーハンの上にちょっとかけると中華丼みたいになって、おいしくなるのがオモシロイ。

    75d1828f.jpg坦々麺の次にここで売れてるようにみえるのが、日替わり定食。
    特に常連客には、日替わりってフレーズ、そして商品は結構、便利でありがたい。
    日替わりとは言え、いくつかの得意料理や売れ筋料理が繰り返されるコトがほとんど。
    今日の日替わり定食の、メインはエビのチリソース。
    ボクも何度かここで食べたことのある、多分、人気の料理なのでしょう。
    たのんで食べる。

    炒めたエビに玉子をくわえて、エビの玉子とじのような料理を作る。
    そこにチリソース。
    ケチャップ風味で酸味がやさしく、甘くてしかもほんのり辛い。
    スプーンですくって炒め玉子と一緒にたべると、玉子の甘味とソースの味が混じってとてもおいしく感じる。
    玉子とケチャップ系のソースは相性抜群。
    玉子をこんなフワフワに仕上げるためにどれだけ油を飲み込ませたのか?
    おいしいモノにはリスクがともなう(笑)。
    その代表のような料理で、食べつつウットリしてしまう。

    定食についてやってきた小さなスープ。
    鶏からとった濃厚味で、けれどスッキリ透き通っている。
    中にフワフワ、黄金色のキノコの傘の部分のようなモノが浮いててなんだろう?
    食べるとなんと白菜でした。
    黄金色した小さな個体の白菜なのでありましょう…、煮こまれてるのにシャキシャキしててとっても甘くスープの具材にぴったりだなぁ…、って。
    なにより見た目にうつくしく、お腹と喉にやさしい感じ…、オゴチソウ。



    関連ランキング:中華料理 | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅



    それにしても今日の伊勢丹メンズ館…、ちょっと戦々恐々としておりました。
    臨戦態勢って言う感じでしょうか、いつも以上に沢山の従業員がスタンバってる。
    有楽町のマリオンにある、阪急百貨店が全館メンズを扱う店に衣替えして、今日からオープン…、テレビなんかでもかなりの話題になっている、その戦いのため必死なのかもしれません。
    top_main.jpg今までお洒落男子の聖地といえば新宿伊勢丹新館。
    ほぼ独壇場でやっていたのに、厳しい競合がはじまった。
    今では海外ブランドの店に占領されてしまった感があるけど、もともと背広のテイラーや帽子屋、カバン屋と紳士のための良品を扱う店があつまり出来た銀座という街。

    かつて粋な男の街だった街の入り口という性格を持つ有楽町という場所でもあって、だから伊勢丹的にはかなり手ごわいライバル出現と思っているに違いない。
    オープン告知のポスターが、酒癖悪い歌舞伎役者で、これじゃぁ、「ちょいワルオヤジ」じゃなくって「悪酔いオヤジ」御用達って感じがしちゃうって、ちょっと笑いはいたします。
    そもそもお洒落男子市場なんて、そんなに大きな市場じゃない…、だからどっちも大変だろうなぁ…って思ったりもした昼のこと。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    えええ~~ なんで海老蔵!?
    と思って調べたら、阪急は海老蔵とともに「出直しを図る」との意図らしいですね。
    阪急は別に悪いことしてないのに(笑)
    仕切り直しと出直しは微妙に違うと思うんですけどねえ…。
    あんまりびっくりしたのでつい書き込んでしまいました、ごめんなさい。
    NONAMEさん / 2011/10/16(Sun) /
    阪急
    阪急さん。
    やっぱり関西的なるの会社なのかなぁ…、って思ったりしました、この悪乗り一歩手前のセンス。
    大阪ノリの飲食店が開店の時に、ニコール・キッドマンとかトム・クルーズとかって名前の花輪を平気で並べてしまえる感覚と同じかなぁ…、って思ったりしました。
    それにしても海老蔵の顔を見ると、どこか壊れていないか?って見つめてしまいます。
    サカキシンイチロウさん / 2011/10/16(Sun) /
    電人ザボーガー HOME 雨の土曜日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]